ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

プジョー シトロエン DSのディーラーが岐阜市にオープン

calendar

岐阜県 岐阜市にプジョー、シトロエン、DSのディーラーが2018年4月6日にオープンします。店舗名はプジョー岐阜、シトロエン岐阜、DSサロン岐阜と、1店舗で3ブランド扱うのですが名称は個別にあるみたい。ホワイトハウスという会社の店舗で、愛知県ではBMW、MINI、アルファロメオ、アバルト、ボルボ、ランドローバー、ジャガーなど多彩なブランドを販売しているみたいですね。今まで近場にフランス車ディーラーは無く、シトロエンのC3やC4カクタスは実物を見てみたいけど他県まで行くのは面倒だ・・・と思っていたので、県内にディーラーができるのは非常に嬉しい!車は点検や車検がありますからよほど惚れ込んだ場合は別として、基本的には近場で買いたいものです。プジョーやシトロエン車もいいかも、と考えていた人には朗報ですね。オープンしてすぐはお店が忙しいでしょうから、頃合いを見て行ってみましょう。

私が初めて買った輸入車はチャイナブルーのプジョー306だったので、プジョーに対してはけっこう思い入れがあったりします。画像を発掘したらいくつか出てきたのですが、懐かしい!確か2000年から2002年の間だったと思います。マフラーはdevil。

内装は今の水準からするとチープという言葉がぴったり。

しかしその後はディーラーが無かった(私が買った店は小さな店で、10年くらいで辞めてしまった)為、自分や嫁さんの車として購入候補に入りませんでした。ネットで試乗レポートなんかは見るので車種名、ボディタイプ、だいたいの大きさは分かるものの、エンジンは何ccなのか?ディーゼルはあるのか?という部分まではよく分かっていないので、ここらでサラッとどんな車があるのか予習してみようと思います。そう、この記事は私の為のものですw  それでも良ければお付き合いくださいw

スポンサーリンク

プジョーとシトロエンはPSAというグループで共通のシャシー、エンジンを使っていました。DSブランドはシトロエンのサブブランドから2015年に独立したブランドに。2016年に社名をPSAからグループPSAに変更。2017年にオペルとボクスホールを買収しています。なので現在グループPSAはプジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクスホールというブランドを持っているのです。近年のオペルは日本で販売されていないのでどんなシャシー、エンジンを使っているのか分かりません。今後はグループPSA内で共通化するのでしょうけど、買収されたのがつい最近なので独自のものでしょうか。ボクスホールはブランド自体を知りませんでしたがイギリスで販売されているオペル車みたいなものだそうです。

プジョーは街中でも時々見かけます。Bセグメントのハッチバックである208、Cセグメントの308はハッチバックとワゴン、Dセグメントは508といった感じですね。そしてSUVは数字が4ケタとなり2008、3008、5008がラインナップ。208には3ドア、左ハンドルのMTというマニアックなグレードがあったり、308系、508系にはガソリンとディーゼルのラインナップがあります。日本での発売で古いのは2012年11月発売の208。新しいのは3008と5008で、こちらは2017年3月と9月。2008も新しいかと思いきや、2014年2月だったのでもう4年前。月日が流れるのは早い・・・

続いてシトロエンは個性的なデザインのSUV(と言っていいのかな?)であるC3、C4カクタス、ミニバンっぽいC4ピカソ。普通のハッチバックのC4というラインナップ。C4カクタスって台数限定で輸入して完売したと思いましたが、日本で今買えるのでしょうか?C3とC4カクタスは2017年10月と2016年10月デビューなので新しく、C4は2011年7月デビューなので末期モデルです。

最後はDSですが、DS3、DS4、DS5の3モデルで、DS4とDS5にはディーゼルモデルもアリ。個性的ですがどれもモデル末期です。1番新しいDS5でも2012年8月デビュー、DS3は2010年3月デビュー。デザインに古さは感じないものの、オシャレな輸入車としては鮮度が限界のように感じますね。ここまでモデルチェンジをしないと利益が厳しくてモデルチェンジできないのでは?と勘ぐってしまいます。

これらの中で興味があるのは変態デザインのC3とC4カクタス。こういった強烈な個性がシトロエンの魅力だと私は思っています。これでパワーが200〜250psのMT車があれば「変な車なのにやたら速えぇ」というド変態マシンとして確固たる地位を築くことができるのに、エンジンは残念ながら1200ccの直3で、C3はターボですがC4カクタスはNAなんですね。しかし価格が意外に安くデミオディーゼルと同じくらいなのです。実は嫁さんの車としてC3を考えた時期もありました。

次いでプジョー3008。普通にカッコイイ外観に2000ccのディーゼルエンジン。スペック的には文句無しなのでどのくらい快適なのかが気になります。価格が400万円を超えてくるので、内装の仕上げ、走りの質、快適性をひっくるめて納得できるものなのか、というのが見どころで、これから実物を見て試乗するのが楽しみ!ボルボXC40との比較なんかも面白そう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す