ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

C-HR試乗しました

calendar

reload

C-HR試乗しました

トヨタ渾身のコンパクトSUV、C-HR。ハイブリッドFFとターボ4WDの両方に試乗しましたので、その感想とまとめです。

まずはスペック紹介と、ライバルであるヴェゼルとCX-3との比較です。

ハイブリッドもターボも共通して良いなーと思ったのは、スムースかつ軽快に、傾き少なく曲がるのに、段差や道路のつなぎ目をトントンとクリアしてくれて、乗り心地が良い。この2つがちょうどいいところでバランスされていることでした。

一定速度で走っている時のロードノイズやエンジン音も静かで、コンパクトだけど普通の車より高い視界、そして乗り心地の良さで、気持ちよくクルージングできるだろうと思います。

私はハイブリッド車を運転するのは初めてだったのですが、加速も減速もまったく違和感ありませんでした。走っていてアクセルを離すエンジンブレーキ状態(ハイブリッドなので実際には回生ブレーキで減速している)でもゆっくり速度が落ちてゆき、本当にエンジンブレーキみたい。

加速時のエンジン始動もいつなのかよく分からないくらい静かに始動し、ハイブリッドのデメリットは価格が高いことのみかと思います。C-HRの場合は現状ハイブリッドはFFのみ、ターボは4WDのみで、価格差は小さいですが・・・

シートのデキもなかなか良く、程よい硬さとフィット感でした。ドライビングポジションも自然に決まり、エアコンスイッチ類にも自然に手が届きます。いやー、快適ですね。

加速に関しては、モーター出力が強力なハイブリッドが上です。エンジン+モーターがどちらもフルパワーで稼働するのかは不明。おそらくトータル150~160psくらいかと思いますが、それでも約1500kgの車体なので必要にして十分な加速力はもっているでしょう。一方ターボはややパワー不足(私の基準は1560kg 180psのV60です)に感じます。市街地で遅いと感じることは無いけど、いざ追い越し加速をすると遅く感じるタイプですね。

ちょっと気になる点は、ハンドルに路面の感触が伝わる感じが薄いところです。パワステが強くハンドルが軽いことも手伝い、もう少し重く、路面の感触を伝えてくれた方が私は好きですね。

試乗の様子は動画でも紹介しています。高画質でご覧になる場合は画面上部のタイトルか、下部のyoutubeマークをクリックでyoutubeにジャンプします。

ターボの試乗や夜間のイルミネーションなんかもありますので、興味のある方はチャンネルから動画一覧を御覧ください。

スポンサーリンク

次は個人的に気になる部分です。けっこう細かいことですが、これ。

メーターフードのステッチが型押しなのですが、これを本物のステッチにしてほしかった。ドアの内張りなんかは目立たないのでいいのですが、この目立つ場所は本物にするか、いっそ無しにするかの割り切りがほしい、というのが私の考え。内装全体の質感としてはけっこう高いので、ステッチまで頑張ってほしかったですね。

モニターの輪郭も気になるところ。

赤く塗ったラインを、斜めでも直角でも、左右対称にした方が好きです。

しかしこの位置で2DINナビを入れるというのはどうなんでしょう?ナビ交換がしやすいメリットはあるものの、四角い箱を収める為に後ろ側の処理が厳しいような・・・タブレットの様な薄いモニターを立たせる方が流行りですが、全グレードにナビを標準装備するワケにもいかないから、やっぱりこれが最善ということかな。

と、細かい不満はあるものの、車自体の加速、ハンドリング、乗り心地のレベルは高いと感じたので、魅力をスポイルするほどのものではないですね。

もし自分で買うとすると、ハイブリッドを選びます。CVTの加速感が嫌いの私にはハイブリッドの方がそれを感じづらく、価格差もわずか。加速も燃費もハイブリッドの方が良いとこれば、迷うこともありません。

ターボの方は、差別化するという意味でパワーが欲しいです。最低でも150ps、できれば180psくらい。排気量が上がっても、燃料がハイオクになってもかまいません。価格は変わらず180ps、6~8速くらいの多段オートマならターボを買います!

最後にライバル車との比較ですが、C-HR以外乗ったことがないので、正直なんとも言えません。ヴェゼルは7速デュアルクラッチ、CX-3もトルコン6速と、どちらもCVT嫌いの私には非常に興味があり、いつか試乗してみたいものです。