ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

DQW 超高難度クエストクリア!

calendar

reload

DQW 超高難度クエストクリア!

前回カンダタ戦とやまたのおろち戦をクリアしたドラクエ3イベントの超高難度クエスト、追憶の賢者。その後もアイテムを使わず職業やこころや心珠を入れ替えて調整し続け、無事クリアすることができました。今回も無課金で攻略できることが分かったのです。(王者の剣2本出たけど)攻略にあたってアイテムを使わず何度か挑戦していたのですが、バラモス&バラモスブロス戦がキツイことが分かりました。あの2匹が連発してくるイオラは1ターンの合計ダメージが360くらいいくので、いやしの風×2で320くらい回復しないと簡単に全滅します。悟りの杖と回復効果UPのこころ&心珠を付けて1人200くらい回復できればいいのですが、私の場合は1人160が最大っぽく、2人で320が限界なのでイオ耐性がある程度欲しいですね。ゾーマ戦ではヒャド耐性が欲しいのでどちらにウエイトを置くか難しいところですが、ここで耐えられないようではゾーマ戦のことを考えるだけ無駄なので、少し火力や回復量が下がってもイオ耐性は付けておきたい。それから頻度は低いものの物理の麻痺攻撃やメダパニも回復役が喰らうと危険でまもりの盾も使っていきたいところです。

上の画像は前回の使いまわしですが、レンジャーの回復力では追いつかないので賢者2人体制にするのは決定。メインアタッカーはバトルマスターで決まりですが、あと1人をレンジャーにするか魔法戦士にするか。レンジャーはやまたのおろち戦でフバーハが必須かと思いましたが、回復効果UPの心珠Sが出て4つになったのでフバーハ無しの魔法戦士で挑戦。バイシオンとフォースブレイクによるサポートでバトルマスターの火力を伸ばすことのできる魔法戦士で、火炎ブレス連発はひたすら回復して耐える作戦。ということで組んたパーティーがこちら。

実は上のスクショは無事クリアした後に撮影したのですが、バトルマスターにロトの鎧や光の鎧などのデイン属性を伸ばす装備を付け替え忘れてたw  こころと心珠はこんな感じ。

やまたのおろちとアンドレアルのこころはデイン属性ダメージを伸ばす為。ホークブリザードはHP確保とヒャド耐性に期待、キラーマシンはHPを確保しつつ火力も低くないというもの。イオ耐性の心珠ができたので付けておきました。次は魔法戦士。

カンダタ戦でマホトーンを使うべくよろいのきしが付いています。キラーマシンとギガデーモンでHPを確保し、キングスライムはイオ耐性に期待しつつ素早さ確保。マヒ耐性の心珠はオプションですべての状態異常成功5%UPが付いているのでマホトーンの成功率を上げ、バラモスブロスのマヒ攻撃回避に期待。

賢者1人目。Lv52と育成途中ですが、55と52はそんなに変わらないのでOK。ドラゴスライムの全属性耐性とブレス耐性に期待し、ホークブリザードはヒャド耐性とHP確保。

賢者2人目。賢者はだいたい似たような構成ですね。バラモスのSが2つあるのが強みです。ではやってみよう!

 

まずカンダタ戦。マホトーンで子分の呪文を封じ、やいば砕きでカンダタの火力を下げつつ先にカンダタを倒し、子分1匹にしたら賢者は杖殴りによるMP吸収で魔法の聖水の数をケチる作戦。マホトーンの成功率は60~70%くらいで戦力にはなるけど安定はしない感じ。幸いカンダタにバイキルトをかけられることがなかったので死人無しで倒すことができました。刃砕きが2段階入っていればカンダタの痛恨は250前後で済みますからビッグシールドを使うまでもありません。アタッカーのMPがなくなったので魔法の小瓶3個使用。賢者2人のMPは殴って満タンまで回復したので、戦闘終了後魔法の聖水を使ってアタッカー2人のMPを回復。

やまたのおろち戦はフバーハ無しなので炎のブレスが痛い痛い。ほどんど2発やってくるので1ターンで400喰らいます。いやしの風の回復量は2人で320くらいなので連続でブレスを使ってくると瀕死になりますが、3ターン連続は少なく雄叫びと物理攻撃を挟んでくるので回復はギリギリ大丈夫。が、雄叫びの1回休みを回避する為にまもりの盾を使うのがかったるいし、賢者の張り直しタイミングがブレス直後にくるとキツイ。雄叫びターンを回復の休憩にするため刃砕きも切らすことができず、バトルマスターと魔法戦士がしっかり仕事できるターンが少なくて時間もかかる。魔法の聖水も5個くらい使い、持久戦でどうにか撃破。ポイントは雄叫びターンを休憩ポイントにするため刃砕きは常に2段階にしておくこと、まもりの盾を切らさないことですね。現在スラミチによるHP/MP回復は1日2回使えるので、ここで1回目を使い、バラモス戦の後でもう1回使えます。

スポンサーリンク

 

 

そして問題のバラモス&バラモスブロス戦。ザオラルを使うバラモスブロスから狙っていきますが、デイン耐性でダメージが入りづらいのが厄介。イオラ連発は耐性を増やしたのと回復量が上がったことでどうにか耐えられそうですが、休みターンがほぼ無い為まもりの盾を使い続けるのは難しい。そこにメダパニやマヒが来るとヒヤッとしますが、幸い最後まで状態異常をもらうことはありませんでした。

ブロスを倒した後もバラモスはHPが減ったところでイオナズンを使ってくるので注意と攻略サイトに書いてあったのでビビリながら戦っていましたが、使ってきたのは1発だけ。バラモスはデイン弱点なのでダメージも入るしブロスを倒した後は楽でしたね。イオナズンはあくま大王の方が恐怖だった・・・

そして初のゾーマ戦。最初のターンと魔力集中後は防御でサイコキャノンのダメージを軽減しろとのことで、確かに防御すればそんなに怖くありません。マヒャドや吹雪もさほど痛くないし楽勝か?と思ったらダメージを与えてもなかなか名前がオレンジにならない。後半にMP不足にならないよう魔法戦士を道具要員にして魔法の聖水でMP回復しつつ攻撃と回復を繰り返していると、ようやくオレンジに。で、ここから使ってくる死絶の美学というヒャド属性6連攻撃がけっこう痛かった。1発100くらいがランダム6回来るので1人に集中すると簡単に死ぬし、バラけても続いてマヒャドがくるので全体に大ダメージを受けます。が、集中攻撃で死んだらせかいじゅの葉で生き返らせるだけだし、バラけた場合はいやしの風×2と魔法戦士の道具回復で復帰でるし、苦しければ世界樹の雫もあるので思ったより耐えられるんですね。ちなみに世界樹の雫5個、葉10個、若葉40個、魔法の聖水57個でクエストをスタートしておりアイテムに余裕はあります。攻撃に耐えることはできるものの魔法戦士のフォースブレイクを狙える余裕はできないしバイシオンも波動で消されるので長期戦になってきました。MPが減りまくるのでさらに魔法戦士は道具によるMP回復がメインの仕事になり、バトルマスターは気合い溜めからのギガソードで殴り続けるという地味な作業になってきましたが・・・回復は安定しているし少しずつダメージも入っているので危なげなく討伐完了!

長かったぜ!全戦合わせて使ったアイテムは世界樹の雫1個、葉5個、若葉2個、魔法の聖水約35個、薬草類約15個、スクルトの書1個、時間は1時間くらいでした。このパーティーで一番キツかったのはやまたのおろち戦で、それを10とするとバラモス戦が9、ゾーマ戦は8,カンダタ戦は6くらいの感じでしたね。魔法戦士のフォースブレイクが入るかどうかは運なので、それよりもバイシオンの方が役に立った。たぶんみんなバトルマスターと賢者1人は確定で、あと2人をどうするか悩むことになるのだと思いますが、1ターンの全体回復量が320を超えないとイオ&ヒャド耐性がかなり必要、レンジャーによるフバーハも欲しい。380回復できるなら耐性は少しレンジャーも不要で火力に振ると無駄な長期戦が避けられるのではないでしょうか。どんなに火力があっても敵のHPが高い為回復を疎かにできないのが超難度クエスト。クリアできるかは耐久性と回復量にかかっており、火力があると時間と魔法の聖水の使用量が減る感じですね。あとイベントのピックアップ武器を持っていないと魔法の聖水を大量に使うことになりキツイと思われます。

ということで称号「そして伝説へ・・・」をゲット。

カコイイぜ。ま、それだけなんですが。DQWの超高難度クエストってガチ勢ならすぐクリアできる、ライト勢はほぼクリア不可能ですが、無課金頑張る勢の私にはギリギリクリアできるレベルなので楽しいのです。楽勝でもクリア不可能でも面白くない。ギリギリ勝てるから快感なのだ。

© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All rights reserved.

(C)2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
このページで使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す