ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

セミオープン型ヘッドホン AKG K240 MK-2を購入

calendar

reload

セミオープン型ヘッドホン AKG K240 MK-2を購入

唐突に「良い音で音楽が聞きたいなー」とヘッドホンが欲しくなりました。私はオーディオマニアではありませんがそこそこの音質は欲しいと考えるタイプで、主に音楽鑑賞や映画を見たりするのがPCなので、スピーカーもそれなりのモノを使っています。

PC用スピーカーはBOSE Companion20。USBサウンドボードを経由して使っていますが、サイズから想像できないくらいの低音が出るし、高音も中音も悪いことは無く、少し高かったけどその分満足度も高く非常に気に入っております。(画像が古いのでモニターは変わった)

でも1人で世界に入りきって聞く、観るにはヘッドホンがいいということで条件を絞りつつ選んだのがAKG K240 Mk-2でした。


amazonアソシエイト

1万円前後、オープン型、聞きやすいフラットな音、長時間使っても気にならない緩めのフィット感という条件です。ヘッドホンには開放型(オープン型)と密閉型(クローズド型)があり、音の広がりが得られやすい開放型が私は好きなんですね。それまで使っていたオーディオテクニカの5000円くらいのも開放型だったし。密閉されていないから音漏れしまくるので屋内専用みたいな感じになるオープン型ヘッドホン、有線のものばかりですが部屋でしか使わないのでそこは問題無し。

スポンサーリンク

基本的な仕様はドライバー径30mm、周波数特性15~25000Hz、インピーダンス55Ω、感度91dB/mW、重量240g。ちなみに完全な開放型ではなくセミオープン型という構造になっており、開放型の苦手とする低音をカバーするそうです。インピーダンス55Ωというのがやや高めで、例えばiPhone12で使うとiPhone側の音量をMAXにして「ちょっと音が大きいかな」くらいの音量しか出ませんでした。デスクトップPCで使う私の場合は30%で十分、50%にすると五月蝿いくらいの音量。

さてさて、実際に使ってみた感想ですが、一発目から「こいつはすげぇ!」という感じはしません。言ってしまえば普通です。でも評判通りクセが無く聞いていて疲れないし音はクリアです。オープン型の特徴である音の広がりについてはそこまで感じず、かと言って密閉型みたいな閉鎖感もないのはセミオープンという構造的なところか。(無音状態だと話しかけられても普通に聞こえる)聞き慣れた曲を聞いても「あ、ここにこんな音があったのか」と気づくことも多々あることから1つ1つの音がわりとハッキリ聞こえるのも特徴だと思います。激しいダンスやEDMやアニソンもそこそこ聞けるけど、しっとりしたヴォーカル曲の方が相性が良い気がする。ノラ・ジョーンズのDon’t know whyとかいい感じでした。(MP3の圧縮音源なので音質はイマイチなんだけど雰囲気的に)

試しにSONYのサイトからハイレゾ音源と圧縮音源をダウンロードして聞き比べしたところ、その違いはハッキリ分かりました。嫁さんにPCを操作してもらい、目を閉じてテストしてもちゃんと分かりますし、反対に嫁さんにヘッドホンをしてもらって私がPC操作してもハイレゾ音源を当てていたのでK240Mk-2にはそれなりの表現力はある・・・と思い、他のサイトで同じようなテストをしたところ、そっちはまったく違いが分からず。うーむ、SONYのサイトのは大げさに表現してたのか?ハイレゾ音源は1つ1つの音がハッキリしており、キラキラした感じがしたんだけどなぁ。ちなみにここからダウンロードできるので試してみたい方はぞうど。

映画やアニメを観るにも悪くなかったです。爆発音や地響きなどは迫力不足に感じることがあるものの、例えば映画で室内シーンと屋外シーンでは音の広がり具合の違いが体感できるし、アニメでもキャラが動くと衣擦れの音が入っているのが分かったりして、「お、拘って作ってあるな」なんて発見があったりします。映画だと2時間近く装着しっぱなしですが、締付けが窮屈すぎないのも良いですね。私の頭は男としては普通かやや小さいくらいで、ちょっと動いたくらいではズレないしキツくもない、ちょうどいいフィット感でした。装着位置でずいぶん音が変わるので緩すぎて少し動いただけでもズレてしまうのも問題だしナイスフィット。頭の大きい人にはちょっとキツいかも?イヤーパッドは出荷時は合皮で付属品にベルベットのものが入っており、合皮だとやや蒸れるのでベルベットに交換して使っています。

ちょっと気になるのが頭にかかる部分と耳にかぶさる部分の接合が赤丸の2箇所のみで強度に不安があることですね。ここが折れるというレビューがいくつかあるので、身につける時はここに極力負担がかからないようにしています。あとはコードの交換ができるというのもポイントらしく、交換することで音が変わるそうですが私は壊れない限り換えることはないでしょう。(電話の受話器みたいなクルクルしたのも付属している)その他の特徴としては、見た目の高級感というのは無く普通にプラスチックのヘッドホンであること。まぁ1万円クラスだと普通なんでしょう。それから身につけると頭頂部の髪の毛が盛大に潰れることでしょうか。見た目が特徴的で面白いデザインなんですけど、強度と髪の毛はトレードオフですね。

とういうことで評判通り聞きづかれしない音とフィット感で満足のいくヘッドホンでした。いくつかヘッドホンを使い分けるのも楽しそうですが、とりあえず1つで幅広く使えるのはナイスだし、他のヘッドホンとの比較する基準にするのも良い製品だと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す