ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2022年9月、MT車に乗りたくてNDロードスター NAVY TOPを購入しオープンドライブを楽しんでいます。

NDロードスター 燃費報告15回目 真夏の燃費はイマイチ伸びないがエアコンの効きは良い

calendar

reload

NDロードスター 燃費報告15回目 真夏の燃費はイマイチ伸びないがエアコンの効きは良い

14回目が6月30日なのでちょうど1ヶ月の給油となる15回目。ロードスターに乗る頻度が下がっているので給油のタイミングも遅くなっております。理由は簡単で、通勤には普段通りロードスターと330eを交代で使っているものの、暑すぎてオープンでブラブラ走ることが無くなった為です。「日差しが強いとオープン走行はキツイ」というのは5月くらいから感じていたので灼熱の夏にオープン走行する気はまったくありませんでした。ロードスターの運転自体はオープンでもクローズドでも楽しいけど、ただブラブラ走らせるだけという回数は明らかに減りました。

ロードスターのエアコンはかなり強力に効きます。渋滞にハマるとパワーダウンするという話も聞きますが、これはよほどデカいエアコンを積んだ高級車でない限りどんな車でもあることで、過去のボルボV60でも感じましたがそれに比べるとロードスターはマシな印象。室内が狭いというもの大きいかと思います。それから幌なので天井から熱気が来るという意見もあるようですが、私はあんまり感じません。レザーパッケージベースのネイビートップは幌にインシュレーター(遮音材)が入っており、これが断熱にも効いていると思っています。

ということでクローズドで走る分にはNDロードスターは非常に快適。1つだけ、エアコンかけるとエンジン回転が落ちるのが早くなるのでシフトアップ時のクラッチのつなぎ方をそれに合わせてあげないとスムーズに加速できないのが煩わしいかな。絶対的なパワーもダウンするけどイライラするほどのダウンではない感じです。

さて今回の走行状況。エアコン使用率は95%くらい、残りの5%は2回ほど仕事の帰宅時にオープンで走った為ですね。ということでオープン率は5%。フラフラ遊びに走った回数も少ないく、高速道路0、郊外3、市街地7くらいの割合かと思います。下の画像は夏休みの息子と藤橋の道の駅にソフトクリームを食べに行った時のもの。

では今回のデータ。

スポンサーリンク

走行距離479.9km、給油量30.33L、満タン法燃費15.8km/L、車両燃費表示15.6km/L、価格5247円(単価172円)

非ハイブリッドの車として真夏に15.8km/Lは悪くない数値だと思いますが、以前の愛車であるミニ クラブマン(2Lディーゼルターボ)だと夏は17km/L前後だったのでこれには少し劣ります。クラブマンは車重が1300kgくらいありますしパワーとトルクもロードスターより上なのに低燃費だったことになり、何気に凄い車だったんだなーと実感。ディーゼルとハイオクの価格差も大きいしなぁ・・・

ガソリンの価格というと、ガソリンには約43%(二重課税になる消費税も含む)の税金がかかっており、レギュラー165円なら71.6円は税金なのですが、コロナウィルスによる経済対策として一時的に補助金が出ていたところ、2023年6月から段階的に補助金を減らしていき、9月いっぱいで無くなるそうです。つまりこれから値上がりするのは確定。先日山梨に行った時には地方でレギュラー180円代の店がいくつもありビックリしましたが、ここからさらに上がるとハイオクは200円超えちゃいそう。私の地元岐阜県も山梨に比べれば少し安いですが全国平均くらいなので痛いところで、所得は増えないし税率は高いし、せめて二重課税だけでも廃止しろやと思いますね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す