ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ティグアンを試乗しての感想2

calendar

reload

ティグアンを試乗しての感想2

まずは夜間の画像をどうぞ。クリックで拡大します。

今回は乗り心地や加速についてです。

加速はいいですねー。150ps 25.5kg-mを1400ccターボで出すのだから大したものです。JC08燃費は16.3km/Lと、なかなか良好。欧州車なのでハイオク指定ですが、そう気にすることは無いでしょう。1年間ガソリン代で12万円使う場合だと、ハイオクとレギュラーの差なんて1万円くらい。9%程度ですから、その車に魅力がある場合は無視していいレベルだと思います。

私のボルボV60は1600cc 180ps 24.5kg-m 1560kgということで、トルクはティグアンの方が出ています。ミッションはどちらもデュアルクラッチ6速ということで、比較するにもちょうどいいのではないでしょうか。

半分程度アクセルを踏んだ時の加速は同じくらいに感じます。ティグアンはベタ踏みしていませんので、高回転域でどのくらい加速が伸びるのか不明ですが、4000rpmまでは同等です。踏んだ時のエンジン音はティグアンの方が少し上質で音量も控えめです。速さも質も、不満はほぼ無し。不満を感じるとすれば、高速道路の上りで追い越しする時くらいでしょう。まぁその条件で不満無く加速させるには250~300psくらい欲しいところなので、クラスが異なってきますね。

スポンサーリンク

ハンドリング&乗り心地は一言で言えば、「しっかりしていて安心」です。ハンドルを切れば、予想した通りのタイミングで曲がり始め、これまた予想した通りの傾きで曲がります。この時ハンドルに伝わる路面の感触と曲がっている感もほど良く、「ああ・・・いい車だな・・・」としみじみ思います。乗り心地も人によってはちょっと硬いと感じるかもしれませんが、不快なレベルまではいかないでしょう。私にはちょうどいい硬さに感じられます。SUVで重心が高いので、それを安心してキビキビ走らる為にある程度の硬さとし、それでも乗り心地も損なわないよう調整した。そんな感じでしょうか。

乗り心地とハンドリングをV60と比較すると、これはV60に軍配が上がります。私の好みもあるのでしょうが、V60の方が少し柔らかめというか、しなやかです。ティグアンも走行距離が増えればしなやかになるのかな?適度にロールして曲がっていく動きは、SUVより重心が低いワゴンだからこそ出せるものかもしれません。SUVでロールが大きいと不安になるかもしれませんからね。

DSGがいい仕事しているのもポイント高いです。はやりCVTよりトルコンでもデュアルクラッチでも、変速して加速していくのが気持ちいいです。低速時のマナーがボルボのDCTより上手でスムース。VWはずっとDSGを使ってきたので、ある意味当然かもしれません。ボルボが苦手とするのが徐行スピードから再加速。前の車がコンビニに入るので、こちらのスピードが10km/hくらいまで落ちた。ここから加速するようば場面でアクセルを適当に踏むと、V60はクラッチを急に繋いだようにガクンと発進するんですね。丁寧に踏めば大丈夫ですが、これ、けっこうシビアなんですよ。(年式によるかも)似たようなことを2回ティグアンで試しましたが、適当にアクセル踏んだのにスムースに半クラして加速し始めました。スバラシイ・・・

マニュアルでシフトチェンジする時の変速もティグアンDSGが一枚上手です。アップでもダウンでも、操作して機械が反応するまでのタイムラグが、ティグアンの方が少し早いかなと感じます。V60、ティグアン、どちらもシフトダウン時には回転が上昇し、ピッタリの回転数で繋いでくれるので、動作は互角ですが、レスポンスでディグアンが勝利。

荷室の使い勝手もよく考えられており、ファミリーカーとしても最適な車となれるでしょう。町中をキビキビ走らせてもデキの良さを感じさせてくれますし、たぶんこの乗り味なら高速道路を巡航するの快適だと思われるので、この車に家族で乗れたら、きっと幸せだろうなーと思います。

最後に価格についてですが、んー・・・ちょっと高いかな?と思います。コンフォートラインの価格をベースに、ハイラインは400万円以内に収まっていたら良かったのに。

最後に、youtubeで夜間のイルミネーションやカーネットの紹介をしていますので、よろしければ御覧ください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す