ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ボルボ XC90 試乗レポート その1

calendar

reload

ボルボ XC90 試乗レポート その1

新世代ボルボ第1段であるXC90に試乗させてもらいました。V90ももうすぐ試乗できるようになるっぽいので、そちらも試乗するつもりです。

アダプティブクルーズコントロールの進化も大きく、こちらもしっかり試すことができる30分以上の試乗でした。ボルボさん寛大ですね。youtubeでの動画レポートはNGでしたが・・・凄い車だったからやりたかったな・・・

今回も写真は大きめで、クリックで最大化します。

格子のグリルが縦になっってイメージが変わりましたね。ヘッドライトにTを横にしたようなライトも新世代のデザインで、北欧神話の神様の武器であるトールハンマーというのをモチーフにしているそうです。

写真では伝わりづらいですが、なかなかの大きさです。ベンツやBMWとは違い、押出が弱い、すっきりしたデザインなのでゴツさよりもスマートさを感じます。

テールランプのデザインは旧世代のボルボの面影が残る部分。これは完成されているというか、こうでなきゃボルボっぽくないと思います。

こうして見ると車体上部はけっこう絞り込まれています。こういう部分もスマートに感じる要因か。ルーフレールが無いSUVが増える中、XC90は標準で付いていますが、これが似合うキャラクターなのがこの車の魅力ではないでしょうか。

ウッドパネルが似合うのがボルボなのですが、T5モーメンタムはアルミパネルとなっています。オプションで変えられるのかな?

スポンサーリンク

いつものようにライバル車との比較表も載せておきます。

Q7が一番大きいのが意外でした。XC90と同様にデザインがスッキリしているからサイズを感じづらいのか、X5やGLEの押出が強いので、こっちの方が大きく感じるのか・・・X5とGLEには4気筒モデルは無く、直接のライバルは価格も近いしQ7ということになります。しかし新世代の2リッターガソリンエンジンは、前回の新型5シリーズセダンもでしたが、250ps以上のパワーと35kg-m以上のトルクという性能なんですね。凄い!

パワーウエイトレシオにすると、私のV60は180psで重量1560kgなので、8.66です。XC90 T5は8.11。T6になると6.5ですよ。そりゃ不満無く走るはずです。

30分以上XC90に乗った感想ですが、まず、このエンジンパワーのおかげか、スロットル開度の設定のせいか、停止からの動き出しが軽い。スッと走り出します。V60よりも車重が軽く感じます。前が少し空いたところで3割くらい踏んでみましたが、けっこういい加速で、音も静かです。セダンと比較するのも変かもしれませんが、2リッター直4繋がりで530iと比較すると、流石に530iの方がより静か、回転滑らか、いい音、と感じますが、差はそれほど大きくないですね。これはS90かV90に乗ってどうなるか、興味があるところです。530i比較でこれは完全に負けたと思うのは、アイドリングストップからの復帰時の揺れです。速さは同等ですが530iの方が揺れが少ないですね。

ハンドリングと乗り心地については、試乗コースがバイパス道路でカーブが少なかったので、ハンドリングについては語りにくいのですが、乗り心地はボルボのSUVというイメージで乗ると、けっこうカッチリしていると感じるはずです。道路の継ぎ目は少しコツコツ感じるものの、本当に少しですし、車体も足回りもしっかりしているので常識的なスピードで走る分にはリラックスして運転できる、ちょうどいい塩梅という感じ。BMWの強靭なボディとサスペンションは、普段乗りでも「これぞBMW!」と感じられますが、そこまで分かりやすい個性はXC90には無いかもしれません。その分普段の速度で走るには快適だと思いました。まぁBMWも普段の足として使うのに不快なワケは無く、それでいて飛ばしても答えてくれる感のある、凄い車なんですけど。

こうなってくるとアウディやベンツはどうなのか気になりますね。

ハンドリングは、このボディサイズで2000kg以上あることを考えるとキビキビ曲がります。変な味付けがされていないと言うか、想像した通りに動いてくれるので違和感がありません。ハンドルも軽く、でもちゃんと路面を感じさせてくれている感があり、安心して運転できます。ブレーキもコントロールしやすく、乗った直後から使いやすかったです。

ということで動力性能についてまとめると、エンジン性能はT5でも十分でした。むしろけっこう速いレベルです。ハンドリングは、このサイズとボルボのSUVというイメージからすると、けっこうキビキビしていると感じ、コンパクトSUVやセダンから乗り換えると、ややおっとりしていると感じるでしょう。基礎はしっかりしていますし、快適スピードが一般道でも高速道路でも日本にマッチしていて気持ちよく走れます。積極的に飛ばして走ってやる!という気分にはならないかな。

進化してハンドル制御までするようになったアダプティブ・クルーズ・コントロールは、ほとんど自動運転!新鮮な体験で、「ここまでできるのか・・・」とビビりました。そのレポートはインテリアの写真を載せつつ、その2でさせてもらいます。

関連記事

2017 ボルボ XC90 パイロットアシストを体験する (インテリア画像もあり)