ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

G30 530i試乗レポート その2

calendar

reload

G30 530i試乗レポート その2

それでは試乗した感想を書いていきます。試乗車は530i Mスポーツです。

youtubeに動画もアップしていますので、よろしければそちらも御覧ください。

少し前にお借りしてF11の523dツーリングに乗ったので、その比較で言わせてもらうと、ハンドリングと乗り心地はよく似た感触です。ガッチリした車体にガッチリしたサスペンション。よって少しだけコツコツ感はあるものの、まったく不快ではなく、けっこう大柄な車なのにクイっと曲がるという感じです。ハンドルには路面の感触がほど良く伝わってくるし、クイっと曲がるとは言っても自分の意志に反して曲がるワケではないので、乗ればすぐに慣れ、快適に走れるはずです。

段差を乗り越えた時のショックは、先代よりも少なくなった気がしますが、「新型に乗っている」という意識があるので錯覚しているかな?難しいところです。ハンドリングも80kg軽くなっているのですが、そこまで大きな差は感じられませんでした。先代のレベルが高いだけに、この2つは大きな差はない、というのが私の感想です。静粛性は高くなっていますね。が、これも大きな差ではありません。

エンジンはと言うと、5シリーズのガソリンエンジンに乗るのは7、8ほど年前のE60時代、2500ccのNAエンジン以来なので比較というのはできませんが、とんでもなく滑らかで、そしてパワフルです。2000cc 4気筒エンジンもここまでできるのか!と感動するレベル。252psパワーがあれば高速道路での追い越しも楽でしょうし、35.7kg-mのトルクは先代のディーゼルモデルのたった8%ダウン。しかも発生回転数はガソリンの方が低く幅広いので、能力的に不満があるはずがありません。ディーゼルと比べると燃費だけは大きく負けますが、振動少なく軽やかに回転が上がる感触ははやり気持ちいいものです。

スポンサーリンク

ついでに、アイドリングストップからの復帰は、先代ディーゼルとの比較ですが、圧倒的にガソリンの方がスムースです。

エンジンの進化は割りと分かりやすいと思うのですが、乗り心地やハンドリングは20分程度の試乗では正直分かりづらいですね・・・

内装を見ていくと、基本としては先代と似ています。モニターがタブレットのように立ったのと、シフトレバー周りのデザインが変わったのが目につく程度です。オーディオやエアコンユニットも変わりましたが、他の部分と比べると変化は少ないです。ウッドパネルの色がシブくて、個人的にはカッコイイと思いますが、ダッシュボードも含め、質感が劇的に良くなったとは感じません。間接照明の色が選べる、モニター周りが新しい。この2つが大きなポイントですね。

オプションのジェスチャーコントロールは面白いです。使えるか使えないかという話になると、ステアリングのスイッチでいいや、ということになりますが、こういう新しい機能を付けていくのは高級車の宿命ではないでしょうか。

あとクルーズコントロールが大幅にアップデートされたそうですが、これは試していないのでどのくらいのレベルにあるのか不明です。試す機会があるのならば、どのくらいのものか体験したいものですね。

では最後に総合的な感想を。こんなこと書くと「読んだ意味ねーよ!」と言われるかもしれませんが正直に言います。乗り心地やハンドリングについては、先代との大きな差は感じられませんでした。特にハンドリングは法定速度で短時間乗っただけでは分かりません。エンジンは直4ガソリンとして最高のデキだと思います。先代がハイレベルな車で、それより静かで速くて燃費もいい、最新の装備も満載とこれば、文句無し、なのかな。