ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

雑記 トミカと信号無視のおばあちゃん

calendar

私の息子は8月で3歳になるのですが、立派な車好きになるよう英才教育を施しています(笑)

与えるオモチャはトミカが多く、しっかり車種名を覚えてくれるんですね。息子のリクエストを聞いて買ってくる場合もありますが、私の趣味で買ってくることも多く、S660はまさしく私の趣味です。買ってきて渡し、「これはエスロクロクマルっていうんだよ」と教えるとすぐに覚え、私の友達が来た時には嬉しそうに見せながら「えすろくろくまる!」と言っていました。

他にもBMW i8、アウディ R8、VW ザ・ビートルなど私の趣味で買ったもの、息子のリクエストで買ったスズキ ハスラー、日産 Zパトカー、佐川急便アルミバンなどがあり、どれもしっかり名前は覚えています。今後もどんどん増えると思いますし、8月の誕生日にはトミカのガソリンスタンドでも買ってやろうかと考えています。ちなみにZパトカーとハスラーは滑り台からアスファルトに向かってダイブする遊びのせいで塗装がハゲまくっています。あげたものだけど、あまりにボロボロなのでちょっと悲しいw

話は変わり、おばあちゃんの信号無視の話です。

先日息子と2人で散歩中、信号待ちから青になったので横断歩道を手を繋いで渡っている時、左から直進の車が思いっきり信号無視で走ってきたんですよ。速度は30~40km/hくらいだったと思います。普通の十字、どちらも片側1車線だけど私から見て左右の交通量が多いタイプです。私達はその車から見て奥の横断歩道を渡っており、手前の横断歩道より接触までの時間に猶予があった(この場合信号無視の車が右から来たら危険)事と、私が周りを見ていて、「あ、こいつは絶対信号無視で来る」と予め分かったので余裕をもって避けることができたのですが、子供はポカーンとしていました。

スポンサーリンク

ドライバーは75歳前後のおばあちゃんが1人。特に私を気にするでもなく、まっすぐ前を見て運転していました。なぜまっすぐ前を見ているのに信号が目に入らないのか・・・いや、目には入っているけど気にしていないのでしょうね。

高齢者の自動車事故というのは問題になっていますが、単純に免許を返せばいい、とは私は思いません。その時も余裕をもって避けることができたので、特に怒りという感情はありませんでした。しかし、もう少し子供が大きくなり1人で友達の家に行ったりするようになった時には、大人の様に事前に危険な車を察知できるとは思えず、青信号ならダッシュで渡ってしまうことは十分あり得ます。それで信号無視の車と事故をしたなんて想像したら、そりゃ怒り狂うに決まっています。

私が住んでいる街はまぁまぁ田舎なので、車は生活必需品に近いです。よって年配の方も車に乗れなくなるのは相当に不便でありますが、半年に1度は教習所で実技講習を受けてもらうとか、市内ならタクシー代が半額になるとか、良い解決策はないものですかねぇ。タクシー代半額なら乗っていた車を売れば、よほどボロボロでない限り当分タクシーで移動できると思うのですが・・・

何にせよ、息子がもう少し大きくなり、1人で遊びに行くようになったら、周りの車や自転車を信用するな、飛び出すなと強く教え込まなければいけませんね。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す