ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

新型ジムニーに思うこと

calendar

偽装されていますが新型ジムニーの画像がリークされましたね。大型のオーバーフェンダーが目立ち、これはジムニーワイド(シエラ)と呼ばれ普通車タイプで、軽自動車にするにはどの程度フェンダーを小さくする必要があるのか?が気になります。完全に無くなってしまうとやっぱりショボくなると思うので、小さくてもいいからタイヤハウスの周りは一段出っ張ってほしいものです。

全体のデザインは、パッと見メルセデス・ベンツ Gクラスっぽく、四角、直線、クラシカルといった感じ。最初見た時、「これはカッコイイぞ!」と思ったのですが、ちょっと待てよ?クラシック路線で喜ぶのは一部の人だけではないか?と。(私はその一部の人に入っています)日産のエクストレイルは初代、2代目と四角いフォルムでしたが、3代目から近代的デザインに変わりました。海外ではクラシカルな四角いデザインよりも現行のデザインの方がウケがいいんだそうです。となるとジムニーのこのデザインも、海外では低い評価になるかもしれません。

一方でメルセデス・ベンツ Gクラスは人気があり、あのデザインが魅力的なのも理解できます。ジムニーも歴史的にGクラスよりも長い車ですから、先代に戻ったようなデザインも良いと思います。Gクラスと違うのは、あちらは1979年以来マイナーチェンジは何度もしているものの、基本的には当初の設計のまま売っているのに対して、ジムニーは現行が3代目、次で4代目となっており、モデルチェンジでクラシック路線に変更した、という点です。かつてモデルチェンジでクラシック路線に変更した車種があったか?と考えてみたのですが、私の記憶では無いですね。過去の名車のモチーフを取り入れるというのはよくありますが、モロに戻った車種は本当に無いのではないでしょうか。日産パオやフィガロは限定で1世代のみですし、ダイハツ ミラジーノはミニを模したデザインでしたが、モデルチェンジでは近代的になっていました。BMWグループになってからのミニやVW ザ・ビートルなどは基本コンセプトは変わらないものの、少しづつ新しくなっています。私は、どのメーカーもやらない方法というのは失敗ではないかと思えてくるんですよ。まぁ反対に誰もやらないことをやったということで、大成功する可能性も秘めてはいるのですが・・・

スポンサーリンク

しっかりしたデザインは偽装が取れて、かつ実物を見てみないと分かりませんが、本当にGクラスの様なデザインで発売されると、前にも書いたように喜ぶ人もいるのでしょうけど、世界的に「売れるデザインなのか?」というと疑問です。あまり似ているとパクリだと言われそう。カスタムしてGクラスっぽくするのはアリだと思いますが、ベースは近代的デザインで出した方がいいんじゃないのか?と思いました。最初にも書いたように、私はこのクラシカルデザインは好きなんですけどね。軽自動車サイズで本格クロスカントリーの走破性を持つ車はライバル不在なので、デザインがどうこう関係無く売れる可能性もあります。あれ?それなら個性的なクラシック路線で、さらに「一部の人」を喜ばせれば、プラスαで売れるのかな・・・

他に類を見ない小型クロスカントリー車であるスズキ ジムニー。19年ぶりのフルモデルチェンジというのも非常に珍しいもので、いったいどんなデザインになるのか?売れるのか?気になる車です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す