ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ピントが甘くなったAS50を修理に出す

calendar

reload

ピントが甘くなったAS50を修理に出す

子供と出かける時にも試乗動画を撮る時にも活躍しているソニー アクションカム HDR-AS50ですが、先月千里浜ドライブウェイで落として車で踏んでしまいました。(詳しくはこちら)下は踏んだ直後のキャプチャー画像。レンズカバーが吹っ飛んでいますね。

一応壊れてはおらずちゃんと動いたので安心していたのですが、ゴルフRの試乗動画を編集し終え、チェックしていた時に「あれ?ちょっと鮮明さが落ちている?」と感じました。踏む前に撮ったものに比べボヤっとした写りで、レンズにキズがついていないことからピントがズレたと予想。「AS50 ピント 甘い」というワードでぐぐってみると、もともと同じような症状の方もいるみたいで、バラして無理やり調整している人もいました。レンズの付け根を回すことでピント調整ができるみたいですが、固定されているのをバキッとなるまで回し、これが手では回せないくらい固いみたいで、タオルを巻いてプライヤーで回していました。

購入してから1年以上経過しているのでメーカー保証は切れています。いや、そもそも原因が車で踏んだことだと判断されたら保証で直るはずが無く、最悪強引な方法で直すしかないか?とも考えましたが、このアクションカムは大手家電量販店で買ったのを思い出しました。この家電量販店では5年保証があり、ダメ元でお店の修理に出してみることに。それで見積金額が高すぎるなら自力で直すことにしましょう。

で、1周間ほどで保証内で無料で部品交換されて帰ってきました。伝票には「レンズユニット レンズ ブクミ 交換しました」とありますが、レンズブクミって何でしょう?ぐぐっても出てこないし、よく分からん・・・

レシートを見ると金額が13132円とありますが、これを店舗の保証サービスで賄ってもらい、私の負担はゼロという形になったみたいです。カメラ関係はネット通販で買うか家電量販店で買うか半々なのですが、アクションカムは量販店で買って良かった!肝心の写りはと言うと、軽くテストしてみた感じ踏む前の状態とほぼ同じに見えるので完治したと言って良いでしょう。一瞬GoPro買うか?とも考えたのですが、AS50は予備バッテリーも純正品を買ってあるし、買い換えずに済んだのは本当に助かりました。GoProだとマウント類も買い直すものがありますしね。

スポンサーリンク

安くて手軽なネット通販で買うのもいいですが、店舗で買って保証に入っておくと助かることもある。今回それを改めて実感しました。

プロテクターにキズが入っているのは分かるでしょうか?ガリっとなったキズが中心から左にいくつかあります。車で踏む前からアスファルトに落としたりしていたのですが、このプロテクターが本体のレンズを守ってくれたお陰で本体レンズは無傷。装着して撮った動画でもキズが写っている感じはありませんが、そろそろ新しいものに買い換えましょうかね。写りに影響は少ないのですが多少はあるはずですし、プロテクターはアクションカムの性質上あると安心なのです。

追記:動画から静止画をキャプチャーしてきました。購入直後、車で踏んだ後、修理完了後、という順番の3枚です。

1枚目の湖の画像は天気が良いことも手伝って非常にクリア。2枚目も天気は良いのですがモヤっと見え、これはピントが少しズレているせいでしょう。そして3枚目、曇天でコントラストが高くないのですが、2枚目と比べて多少は解像度が上がっている気がします。撮影した動画を見ると差があるのですが、キャプチャー画像だと大きな違いは出づらいみたいで、これはblogよりyoutube向けの内容かもしれません。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す