ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

MIRAREED(ミラリード)のナンバープレートフレーム

calendar

デミオのリヤバンパーにはナンバープレート上部に穴が空いており、その穴とナンバープレートが並行でない為、ミョーな違和感がありました。下の画像を見てもらえば分かりますが、ナンバープレートが右上がりになっていますね。

デミオは普通車ということでナンバープレートに封印がしてありますが、封印したままバンパーを取り外しできるように穴が空いているのでしょうか?そしてこれはナンバーが斜めなのか、バンパーが斜めなのか・・・疑問はいくつかありますが、兎に角見た目がよろしくない。そこでナンバープレートフレームを取り付けることで穴を隠せばマシになるかと思い、カー用品店で安いのを買ってきました。一枚のみで990円(税別)です。タイプとしてはネジ穴は一切使わず広げて嵌め込むもので、これなら封印したままでも装着可能。

まず外せる右側のネジは外し、少しでも空間を作ります。デミオはバンパーとナンバープレートの隙間がほとんど無く、封印してある左上がキビシイですが、内装剥がしのヘラを突っ込んで無理やり左上からスタートし、右上を被せます。下の方はナンバープレートをしならせれば空間はできるので、上の左右が被れば余裕ですね。一応エアロパーツ用の両面テープを所々張りましたが、接着面が非常に少なく固定という面では意味が無さそう。フレームにずっと付いていれば振動対策にはなっているかもしれません。

スポンサーリンク

完成。バンパーの穴がほぼ見えなくなり、予想通りの見た目になりました。左側の未塗装部分に薄っすらスリキズを付けてしまいましたが、これはワコーズ スーパーハードで消えるかな・・・養生テープを貼って作業するべきでしたね。そんなにゴリゴリ擦ったワケではないけどキズが付くので、もし作業する方は養生テープを使うのがベターです。

アマゾンでは2枚セットしか売っていませんでしたが、商品自体はありました。ネジ穴無しタイプなので固定力が弱く、特にフロントに付ける場合には振動でビリビリ音がするかもしれません。デミオのリヤはナンバープレートがバンパーに密着するように付いている為、振動によるビリビリ音は一切なくて良かった。

アマゾン アソシエイト

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す