ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

こいつはSUVのカタチをしたマジスポーツカーだ!F60 ミニクロスオーバー JCWに試乗

calendar

reload

こいつはSUVのカタチをしたマジスポーツカーだ!F60 ミニクロスオーバー JCWに試乗

F60ミニ クロスオーバーの最強モデルであるジョンクーパーワークスに試乗しました。F60はクーパーSD ALL4に試乗していますがその違いは大きく、JCWは日常の乗り心地をかなり無視し、でも飛ばせば超ゴキゲンな車でした。ボディやシャシーは基本同じですが、目指している方向がかなり違います。目指している方向、それは機敏に速く走ること。そしてある程度スピードを出すことで最高にドライバーを楽しませること。この2つです。

F系ミニファミリーにすべて乗ったことがあるワケではありませんが、クラブマンDとクロスオーバーSD、そしてマイカーであるクラブマンSDの共通点は、運転する楽しさ。キビキビとロール少なく曲がることで独特な乗り味となっていますが、ある程度の快適性も確保されています。これがJCWになると快適性を削る代わりに足回りが強化され、要するに固くなるワケです。エンジンもハイパワー化され、走行モードがミッド(ノーマル)でも排気音は太くヌケの良い社外マフラーみたい。しかしJCWが本領を発揮するのはスポーツモードにして、さらにシフトレバーをM/S、もしくはパドルでマニュアルシフトする時。このモードの為にサスペンションがセッティングされているように思えました。

スポーツモードとパドルシフトの組み合わせは、ハッキリ言って快感の一言。ノーマルモードよりさらに音量の上がる排気音。引っ張っていくと吸気音も混じり、シフトアップすれば「バフッ‼︎」という息継ぎの様な音。エンジンブレーキ時には「パンッ!パンッ!」とバブリング音。これがなかなかの爆音で車検対応スレスレの音量だそうですが、イケナイことをしているような・・・でもキモチイイヨーっ!と葛藤することに。車両価格はオプションを付けると600万円に迫る価格なので、若者が買うには高価ですよね。でおじさんにならないと買えない(それでもかなり高い)価格です。そのおじさんが五月蝿い改造車に乗っているのか?と近所で噂になりそうですが、これ、ノーマルの市販車なんです。ちなみにグリーン(エコモード)にすればかなり静かになるので、住宅地ではこのモードで乗るのが良いかも。エンジンをあっける瞬間もけっこうな音量なのですが、エコモードでエンジンをスタートさせるとどうなるのか?は、すみませんが試していません・・・可変ダンパーはオプションなので試乗車には付いていませんでしたが、排気音が小さくなると乗り心地が多少良くなった気がするのが不思議ですねぇ。

シフトチェンジもかなり高速かつダイレクトで、もはやトルコンATとは思えぬレベル。通常のATとは異なるスポーツATとのことですが、トルコンが専用品なのかプログラムが専用なのかは不明。素早くダイレクトな変速を可能にする、最強のスポーツ性を持ったトルコンATと言えます。オートのプログラムも賢くカッ飛ばす走りにも十分対応できそうですし、パドルのレスポンスも上々とほぼ完璧。少しだけ難癖をつけるなら極々低速での変速はたまに迷うことがあったり、軽いショックを出すこともありました。まぁ大した問題ではないですね。

そのハイレベルなATと231psのパワーにより実際の加速力はカタログスペック通りの感触。かなり速い部類ですが、ぶっ飛んで速いワケではありません。ついでにJCWは優秀な4WDで車体は非常に安定しており、音による効果で気分は最高だぜヒャッハー!ですが、直線でベタ踏みしても安心感があります。コーナーからの立ち上がりでは?と聞かれれば、試していないのでなんとも言えませんが、この安定感からしてかなり踏んでも姿勢が乱れることはないような気がします。

表にはライバルとしてGLA45を入れましたが、流石AMGと言うべきか、MAXパワー381ps!価格も高いですが2Lターボとしては最強のパワーですね!

スポンサーリンク

快適性を削って、と最初に書きましたが、乗り心地は当たり前のように固いです。これが我慢できるかできないかは人によるでしょう。ただJCWに興味を持つ人にとっては許容範囲なのかもしれません。私はギリギリOKですし、私の嫁さんも昔は初代コペンに乗っていた人間なので、たぶん許容範囲内です。突き上げの強さはコペンと同等ですが、ボディと足回りの剛性が高いクロスオーバーJCWの方が幾分不快指数は低そう。私の中ではドスン!ゴスン!のコペンに対して、ゴッ!ゴッ!のクロスオーバーJCWといった感じなのですがこんな擬音語でイメージは伝わるでしょうか?w

ミニ クロスオーバーJCWがかなり走りに振ったモデルだということは分かりました。JCWファミリーの中で1番スポーティーなのは3ドアに思え、ならばクラブマンやクロスオーバーのJCWは日常性とスポーツ性を併せ持つ車とするのが売りやすい方向かと思います。しかしほぼすべてのパラメーターをスポーツ走行に振り、その選択に迷いが無いことこそミニブランドとJCWの魅力に思えてきます。ついでに言うなら、こんな尖ったSUVを商品をして成立させられるのもミニブランドの強みですね。ユーザーもミニとJCWという組み合わせならこれくらい尖ったモデルを期待してしまい、少々価格が高いけどアリじゃね?と思わせる魅力がありました。ただし家族も乗るファミリーカーとしては本当に乗り心地が固いので、可変ダンパーを付けるとどのくらい変わるのか分かりませんが、装備している試乗車を探して試乗してみることをお勧めしますね。恐らく可変ダンパーを付けるなら在庫車ではなくオーダー車になると思われますが、価格は77000円とけっこう安いのでした。普通20万円くらいしますよね。

動画もよろしければどうぞ。最後に吸気音、マフラーの音、加速時の音、バブリング音と、いい音がまとめてあります。