ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

CX-5、ティグアン、C-HRを乗り比べた感想

calendar

reload

CX-5、ティグアン、C-HRを乗り比べた感想

C-HR、ティグアン、CX-5とコンパクトからミディアムクラスのSUVを試乗させてもらったので、そのまとめを書きたいと思います。CX-5はディーゼル、ティグアンはハイライン、C-HRはハイブリッドとターボ2つ書く必要がある部分は2つ書きます。
エクステリアデザイン、インテリアデザイン、加速、ハンドリング&乗り心地を比較していきましょう。私は室内の広さや荷室の広さをあまり気にしないので、見るのを忘れます。この中ではC-HRの後部座席とトランクをしっかり見ていません。なのでこの2つには触れずにいきたいと思います。

エクステリアデザイン。ハッキリ言って好みの問題です。私が好きなのはCX-5。次がティグアンで最後がC-HRという順番。ですが、私が試乗しに行くのは基本的に自分が好きな車であり、嫌いな車は乗って感想を書く気はないので、どれも好きとも言えます。CX-5はキープコンセプトながら、ノーズが長くなり、ライト類が細くなったことでスマートに見えると思います。ティグアンはサイドのプレスラインが凄い。C-HRは真横から見た全体のラインがカッコイイけど、顔が好きではない。そんなところです。

インテリアデザインと質感。これは価格も含めて言うと、圧倒的にCX-5が勝ちですね。ダッシュボードの本物ステッチ(廉価版まで共通かは未確認)が効いていますし、メーターの質感や見やすさも良し。モニターが小さいのと、エアコン操作パネルがもう少し上なら言うこと無し。次にC-HR。デザインが面白く操作性の良いのがポイントですが、質感はCX-5に劣ります。メーターフードのステッチが型押しなのが残念。ドアの内張りなんかもCX-5の方が質感が高いです。ティグアンは他の2台より価格が高いことを加味して最後にしました。デザインは落ち着いたものですが、メーターが上級グレードで液晶になる以外は普通としか言えず、そうなると価格がひっかかります。

加速。0-100km/hの加速タイムで速いとかではなく、町中で気持ちよく加速できるかという観点で見ています。1位CX-5。2位ティグアン。3位C-HR。CX-5はタイムも速いと思いますし、ディーゼルのトルクでシフトダウンしないでグイグイ加速するのが気持ちいい。ティグアンはDSGの変速とエンジン音が気持ちいいので、アクセルを踏むのが楽しいのが気に入っています。最後はC-HRですが、ハイブリッドの方が速いかな?でもエンジン音がイマイチ。こちらはあまり踏みたくなるタイプではないです。ターボはレスポンスとトルクの出方は悪くないものの、絶対的なパワー不足とCVTであることが惜しい。

スポンサーリンク

ハンドリング&乗り心地。軽快にキビキビ曲がるのはC-HR。方向性は似ているけど、少し重厚さが加わるティグアン。CX-5は少しロールを許しながら曲がるタイプか。山道を飛ばして走るのが楽しそうなのはこの順番で、段差を乗り越えた時のショックの少なさはCX-5、C-HR、ティグアンの順。高速道路はティグアンが一番安心できそうで、あとの2台はどっちがいいのか、やってみないと分かりませんね。

このハンドリングと乗り心地は各車、目指す方向が違って面白いです。C-HRはSUVらしからぬハンドリングと目指しているようで、クイっと曲がり始めロールも少なめ。しかし町中では上手くショックを丸めて段差を超えます。反対にCX-5はSUVらしい、ある程度ロールはするし、クイックなハンドリングではありません。なので段差もより滑らかに吸収して超えていきます。ティグアンは予想になりますが、高速道路で1番張り付いたように走る気がしますね。
ですがこの3台にすごく大きい差があるワケではありません。SUV=スポーツ・ユーティリティ・ビークルとして、「スポーツ」の部分をCX-5が忘れているワケではないし、ティグアンが街乗りでゴツゴツした悪い乗り心地かと言えば、そんなことはありません。C-HRが高速道路で不安定化かと言われれば、たぶん150km/hで巡航くらいできるでしょう。日本は100km/h制限なので余裕です。大きな差はないけど、それぞれ個性はある、といった感じです。

全体的にまとめると、CX-5はディーゼルがキャラクターにマッチした足回りで好感が持てます。おっとりしているようで実は力持ちのエンジンと、少しゆるめのスピードで走らせたくなる足回りはマッチングが良さそう。
ティグアンはDSGとパドルシフトによるギヤチェンジが相性良し。エンジン音が良いし、しっかりした足回りとハンドルに伝わる感触も上質なので、ワインディングから高速道路まで気持ちよく飛ばせそう。
C-HRは動きが軽くスイスイ曲がるのが楽め、街乗りでの乗り心地も快適。
そんなところでしょうか。

SUVと言っても三者三様で、面白い試乗でした。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す