ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

バイバイ E90

calendar

reload

バイバイ E90

今回は我が家のBMW E90 323i ハイラインについて書いてみようと思います。

私の車ではなく私の父の車で、中古で2008年に買った車です。なんで私が父の車のことを書くのかと言うと、この323の走行距離は買った時が1万kmで、今は3万1000kmです。つまり我が家に来てから2万1000km走ったのですが、そのうち1万5000kmくらいは私が走らせていたからです。父があまり乗らないので、調子を崩さないよう週に2、3回私が通勤に使っていました。これが往復25kmくらいです。なのでちょっと愛着があるんですよね。そんな323ですが、もうすぐF30の330eになる予定なのでお別れです。なので最後に写真と動画を撮っておこうと思ったんです。

当時は超が付くほどハンサムだと思ったE90も、12年前の車ですから多少古くは見えます。現行型であるF30だってあと1年くらいでモデルチェンジする時期ですからね。まぁここ最近のBMWのデザインはどれもキープコンセプトで大きく変化はしていないので、ムチャクチャ古臭く見えるということはなく、誰が見てもBMWのデザインであり、カッコイイと思います。

この車を語る上で絶対外せないのが、直6エンジンについてですね。2.5LのNA直6エンジンというのは現行モデルでは消滅してしまいました。パワー的に323は177psなので、現行の2L直4ターボと同じくらいです。これくらいのパワーだとたまには使い切れるという感じでエンジンも回せるのですが、一直線に、淀み無く、シューン!と回る感覚はやはり気持ちいいものです。危険なほど速くないので、エンジンの回転する様子が観察できるんですよね。パワーと燃費では現代の車に負けますが、回す楽しさは負けていないのがNAの直6エンジンです。残念ながらウチの車にはパドルシフトが無く、マニュアルシフトするにはシフトレバーを操作するしかないのですが、これでパドルがあったらさらに楽しいんでしょうねぇ。

トランスミションはトルコン6速AT。これは完全に現行型に負けています。今の8速ATの方が圧倒的にスムースだし、燃費も良さそう。323のATは発進から2速にアップする時、たまにタイミングが遅くてガクンとなることがありますw

乗り心地は硬めですが、しなやかさもある硬さと言うか、不快に感じることはあまりないです。タイヤを早い段階でランフラットから普通のタイヤに交換したのもあるかもしれませんが、私にのってはこれがBMWの乗り心地という感覚です。しかし試乗で少しだけ乗ったF30の320i Mスポーツの方が乗り心地が良かった記憶があるので、ランフラットが進化したのか、F30のサスペンションがいい仕事をしているのかは不明。さらに父の運転で私が助手席に乗っていた330eのスタンダードモデル(16インチタイヤ)の乗り心地はさらに良かったです。見た目はアレですが、乗り心地としては最高クラスではないでしょうか。父が買うのはMスポーツで、320i比較で180kgほど重くなる、330eスタンダードとはサスペンションとホイール径が異なることになり、どんな乗り心地になるのか楽しみです。

コーナーリングはガッシリしたボディとサスペンションで、「このスピードで、こういうハンドルの切り方をすると、こう動くだろうな」というのが予想通りに動きます。クイッと頭が入り、踏ん張って曲がり、アクセルを踏めば後輪が地面を蹴る。こういう一連の動きがイメージ通りで気持ちいいんですよね。

ホイールとテープランプを交換してあります。このプロドライブのホイール、メチャカッコよくないですか?

9年間ウチで使っていて故障したのは1回。確か2年前ですが、ある時エンジンをかけるとやたら振動が大きいのです。出先でしたが幸い自走できたので帰宅し、翌日ディーラーに電話すると、イグニッションコイルの故障で1気筒爆発していないとのこと。ゆっくりなら自走して問題無いので、そのままディーラーへ来てください。部品は在庫であるのですぐ交換します、ということでした。この作業は30分くらいでしょうか。お値段は25000円くらいだった気がします。6気筒車なのでこの部品があと5個あり、他のが壊れる可能性もあると言われましたが、その後2年間は大丈夫でしたねぇ。

スポンサーリンク

ハイラインなのでレザーシート、シートヒーター、ポプラウッドトリムなどが付いていました。まだ灰皿が標準装備なのと、ドリンクホルダーが格納式なのが時代を感じます。

写っていませんが、この時代の7シリーズから始まったiDriveコントローラーは・・・正直使いやすくはないですが、まったく使えないというワケでもないですね。各項目の端までクルクル回して進んでいき、端までいくと回転に対して反発力が働くのとかすごいなーと関心しました。

とりあえず3シリーズはエアコンやオーディオなど使用頻度の高いものは独立したボタンがあるので、普段は問題ありません。ナビの設定などは・・・面倒です。まぁ今ならスマホがあるから、あまり気にする必要はないかもしれません。

メーターは非常にシンプルですが、ハッキリしていて見やすいし、夜間のオレンジ照明もいい雰囲気です。

そうそう、この頃の3シリーズはパワステが弱めでハンドルが重いんですよ。駐車する時とかちょっと重いなーと感じますが、走り出すとドッシリしていて、こういうのが好きな人も多いのではないでしょうか。私は軽いのが好きなんですけどw

このE90は中古車だとかなり安く売られています。狙うは直6モデルだと思うのですが、前期型なら80万円もあれば十分買えるのではないでしょうか。50万円くらいのも売ってます。コミコミ70~80万円くらいで直6が買えるならアリだと思うのですが、どうでしょうね?故障は・・・運なのでなんとも言えませんが。

あまり走らせてあげられなかったけど、9年間ありがとう。お前のエンジンは超気持ちよかったぜ!

全開加速、外のエンジン音、排気音が収録されてる動画もどうぞ。オープニング30秒がいいデキでした。

静粛性テストの結果を移動させることになり、ここに掲載します。どんなテストなのかはこちらを御覧ください。

計測結果は84.5 85.3 83.2 84.6 84.3 85.1 84.8 85.2 85.7 85.0 84.5 87.1 85.7 84.8 85.4 83.0 86.7 85.1 84.1 86.0(単位db)ということで、平均値は85.00db。5部山の非ランフラト レグノを履いていての数値です。F30 330eが82.8dbなので、この差は乗ってもはっきり分かるものです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す