ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

4つのボディタイプで発表された新型クラウン クロスオーバーは一定数売れるだろうけど長期的に見たら失敗作じゃなかろうか

calendar

reload

4つのボディタイプで発表された新型クラウン クロスオーバーは一定数売れるだろうけど長期的に見たら失敗作じゃなかろうか

かねてより複数のボディタイプで出ると言われていたトヨタのクラウンは情報通り4つのボディタイプで発表され、まずはクロスオーバーが発売となりました。セダンタイプもあるけどまずは注目ジャンルであり売りやすいクロスオーバーからというのは理解できるし、セダンも含めた複数のボディ形状で売っていくのは面白い試みだと思います。ただ歴代クラウンはエンジン縦置きのFRセダンだったのに対して新型はエンジンを横置きしたFFベースにモーターによる4WDとなっており、見た目も中身も完全に別の車ですからクラウンの名前を引き継ぐのはオジサンの私には違和感が勝ってしまいます。歴史あるクラウンの名が消滅するのは寂しいですが、いっそ別の名前で出てきた方が気分的にスッキリしたでしょう。

そんなクラウンの名前はとりあえず気にせず、純粋にクラウンクロスオーバーのデザインをみなさんはどう評価しますか?実物がどのくらいのボリューム感なのか分かりませんが、全体を見た感じではゴツすぎることなく悪くないというのが私の第一印象でした。(ツートンカラーはキモチワルイけど)全高はSUVほど高くなくセダンより高いというまさしくクロスオーバーで新しいサイズ感に思えます。ただ悪く言えば中途半端であり、こういった中途半端なキャラクターの車は失敗例があるんですよね。F世代である10年くらい前のBMWにラインナップされていた「グランツーリスモ」というワゴンとSUVの中間みたいな車をご存知でしょうか?

5シリーズと3シリーズにラインナップされていましたがカッコ良くないし中途半端で何がしたいのか分かりづらく1世代で消滅した・・・と思ったらG世代になってからも6シリーズ グランツーリスモの名で販売されていました。影が薄すぎて知らなかったぜ。さてこのグランツーリスモ、ワゴンよりは頭上空間に余裕がありSUVほどゴツさを強調しないスマートなデザインと言えば聞こえはいいですが、多くのユーザーはゴツいSUVを好む時代であり、そうでない場合は低くてスタイリッシュなセダンやワゴンを好む。よって中途半端なグランツーリスモはどちらにも刺さらなかったと考えます。

それから一時期流行ったレンジローバー イヴォーク。SUVというジャンルが流行り、そこに知る人ぞ知る4×4の名門レンジローバーブランドで薄くスタイリッシュなSUVが出る!ということで世の中のミーハーな人たちがこぞって買いました。こちらは本当に売れまくったので成功だったと思いますが最近は滅多に見ません。爆発的に流行ったが故に今乗っていると「今更?」と思われてしまいそうで、オシャレ感覚で乗っていた人には旬が過ぎた感が致命的。車の性能の良し悪しではなくただのファッションアイテムと見られていた証拠だと思います。日本人は飽きっぽいと言われていますし、こういった前例もあるのでクラウンクロスオーバーも最初は面白がるものの、中途半端なサイズだからそれならSUVかセダンで良いと判断されそうな気がしてなりません。

全体的にはスッキリしたデザインで悪くないと書きましたがテールランプのサイドを回り込むラインはクドくて不要かと思います。それから横一文字のテールランプが好きになれません。

スポンサーリンク

インパネデザインは最近のトヨタっぽい感じで個人的にイマイチですし、写真を見た感じ質感もハリアーに劣るような気がします。ステアリングデザインも野暮ったい。

ドアの内張りが思いっきりプラスチックなのも気になりました。クラウンどこかプリウスクラスに見え、ホントにこれで大丈夫なのか心配になってきます。ボディサイズやパワーはどんなもんなのか?と先代クラウンと比べた表を作ってみました。

全幅が1840mmになりましたが先代から40mm増えただけですからそこまで大きな変化ではなかったですね。全高は115mmアップなのでそれなりに大きく見えることでしょう。ちなみにハリアーは4740×1855×1660mmですからそれより長くて低いクラウンクロスオーバーは伸びやかに見えると思われます。ベンツやBMWのSUVにクーペっぽいボディを被せたGLCクーペとかX4といったモデルがありますが、クラウンクロスオーバーとハリアーの関係もこれに近いのかも。私は中途半端なものを嫌うのでクーペっぽいSUVは否定派であり、このクラウンクロスオーバーとハリアーの関係も「ハリアーでいいやん」と思っています。もし「ハリアーはみんな乗っているから」という理由でクラウンクロスオーバーを選ぶくらいならいっそマイナーなDS4あたりを買えば個性的で良いかも。クラウンクロスオーバーを選択肢に入れる人は外車を選択肢に入れなさそうですけど。それから燃費は流石トヨタであり、ハリアーもですがこの図体で1760kgもあるのに22.4km/Lは凄い。車選びで燃費を重視するならトヨタに勝てるメーカーはありませんから他のメーカーはしんどいですねぇ。

ということでクラウンクロスオーバーは中途半端なサイズとジャンルなので数年後には消えているんじゃないでしょうかね。トヨタ車なのでホンダや日産やマツダ車よりは売れるでしょうけど、ハリアーを超えるような人気車種にはるとは思えません。セダンとエステートはどうだろうなぁ?このご時世エステートがそんなに売れるとは思えないし、セダンはFRでないならカムリで良いと思うし、、、やっぱクラウンはFRセダンの方が良かったのではなかろうか、と思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す