ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

タイムラプス撮影にハマりそう

calendar

今更な感も少しありますが、タイムラプス撮影にハマりそうです。私が動画や撮影に使っているカメラ達にタイムラプス撮影ができる機材はアクションカムのAS50のみです。ですがAS50だと絞りやシャッタースピードの設定ができないので、昼間、独特のカクカクした動画を撮ることは可能ですが、夜間、車のライトが帯状になるような表現は難しいんですよね。

しかし写真用のα6000でもアプリをインストールすればタイムラプス撮影ができることを今更ですが知ったので、さっそくインストールし、家の屋上からテスト撮影してみました。これが思いの外綺麗で面白い映像になったので、ちょっと真剣に撮ってみようかと思ったのです。α6000なら広角、望遠、明るいレンズも選べるし、マニュアルで絞り、シャッタースピードなども当然設定できます。これだけで表現の自由度がかなり上がり、やる気が湧いてきます。

アプリはソニー純正とでも言うか、ソニーストアからダウンロードすることになります。名前はそのまま「タイムラプス」。有料で約1000円。安くはないけど、高くもないという感じ。使い勝手は上々です。特に説明が無くてもカメラのことを分かっていれば使えるはず。

夜、試しに家から裏の道路を走る車を撮影してみました。交通量はそこそこあり、信号の手前が写る位置です。3秒間隔、露出とピントはマニュアル。シャッタースピード1秒、F4.0、ISO100という設定で試してみましたが、高速で車3台分くらいの光の帯が流れ、信号によって車が瞬間停止。0.5秒後に光の帯を残して車は消える、という動画になりました。かなりカッコイイ!テスト設定ですが、撮影場所が良ければこれで面白い動画が撮れそうです。もっと交通量の多い、開けた場所で撮ってみたい!

スポンサーリンク

光の帯を長くしたければシャッタースピードをもっと長くするか、車の速度が速い場所を選べばいいし、もっと緻密に動く感じが欲しければ撮影感覚を1秒とかにすればいいワケですね。色々設定を変え、変化を見ながら交通量の多い場所で撮影してみたいと思います。カッコイイのが撮れたらyoutubeのオープニングに5秒くらい流してもいいかもですね。

タイムラプスのアドオンでアングルシフトというのが500円で売っているので、こちらもインストールしました。パン、チルト、ズームなどの効果をカメラの中で加えることができるアドオンです。撮影時に記録方式を静止画、もしくは静止画+動画にして撮影。その動画を元に後から効果を加える機能なので、撮影がしっかりできていれば後から効果を加えることができる!素晴らしい!

こういう機能無しでパンやチルトやズームをやろうと思った場合は大型の電動スライダーが必要で、機材にお金がかかりますから、それと似たことが手軽にできるのはいいことです。まぁあくまで似ているだけで、本物のスライダーを使った遠近感のある表現(手前に花、奥に動く雲とか)はさらにに美しいんですよね。

実は小型ながらカメラスライダーを買い、電動化に向けて工作中なので、私でも本物の遠近感を使ったタイムラプス撮影が可能かもしれません。その話は別の記事として取り上げたいと思っています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す