ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

アクションカムのマウント

calendar

試乗動画を撮る時、カメラはどのようにマウントしているのか?というのを知り合いに聞かれたので、今回はそのお話です。カメラはソニーのAS50。

アクションカムはどこかに固定して使うもので、それがアクティビティやスポーツなのか、日常生活なのかなどで最適な場所があると思うんですね。あるいは小型軽量なボディを活かして、自転車の車軸付近からの景色など、普段見られない場所からの映像を撮るとかが主な用途かと思います。車の試乗動画では頭か、車の車内のどこかに固定するか、今回の私のように肩付近に固定するかといったところでしょう。

このショルダーマウントはアマゾンで買いました。2000円くらいだったような気がします。ゴムベルトなのでけっこう伸縮性があり、そこそこ体に固定することができます。レンズ下の茶色の毛はウインドジャマー。両面テープで付いているだけですが、これで風切音は大幅に軽減できるのでオススメ。

身につけるとこんな感じ。水平を出しやすくする為、外側にちょっとしたクッションを縫い付けてあります。

スポンサーリンク

このマウントのいいところは、車の揺れの影響を受けづらい。頭を動かしても画像がグリングリンしない割に、運転手の目線に近い絵が撮れる。といったところです。反対に悪いところは、真正面と水平が狂いやすい、位置が後ろだと時々鼻の頭が写る、前だと前重心となり、大きな衝撃でカメラが揺れることです。

私は頭に固定するマウントも持っていますが、あっちは左右確認時やサイドミラーを見たりする時に画像が動きまくって気持ち悪いし、長時間使うと頭が痛いんですよ。マウント位置は本当に一長一短ですねぇ。

他にアクションカムを使って撮ってみたいのは、一脚に付けて私が車の助手席か後部座席に乗り込み、走行中(安全確認が大切!)窓からカメラを出して車と景色を撮るとか、回転しているホイールを撮るとか、できるなら2台体制でカメラカーのフロント、リヤの低い位置から、被写体の走っている姿を撮影するとかやってみたいですね。一人ではできないので難しいですが。

この記事をシェアする

コメント

  • ありがとうございます。待ってましたw
    ちなみにマイクの部分をガムテープでふさいでます?
    別でマイクを用意してるのかな?

    by nozomu 2017年4月11日 5:29 PM

  • どもどもw
    マイク部分はフェイクファーを両面テープで貼り付けてありまして、ウインドジャマーになっています。風切音軽減の為に付いているのですが、なかなか効果アリなのでオススメですよ。

    by mumu 2017年4月11日 9:39 PM

down コメントを残す