ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

アルミテープチューニング 導電性のものを購入

calendar

reload

アルミテープチューニング 導電性のものを購入

1回目の記事で買ってきたアルミテープは接着面が絶縁体になっていて、アルミテープチューニングには使えませんでした。その後何件かホームセンターを巡りましたが、導電性と表記してあるアルミテープは売っておらず、仕方ないのでamazonで買うことにしました。ちょうど欲しい本もあったので。

買ったのは3M 導電性アルミ箔テープ No.AL-50BT 20mm幅x3mという商品で、お値段1378円。うーむ、高い。でも地元には売っていなかったから仕方ないですね。てか25mm幅を買ったつもりでしたが、20mmを注文していたことに今気づきましたw

まずは前回同様、通電テスターで電気が通るのかチェックです。若干不安になりながら赤を接着面に、黒を表面に当ててみると・・・ちゃんと針が振れましたよ!当たり前だけどちょっと嬉しいw

スポンサーリンク

とりあえず前後バンパーの左右に貼る4枚と、ステアリングコラム裏に貼る1枚、フロントガラス、エアーの取り込み口とエアクリボックスに貼る分をカッターで切って今回の作業は終了です。形はなんとなくトヨタっぽい形にしました。断面から放電するらしいので、このような形に切って断面の面積を増やすらしいです。ギザギザになるハサミも自宅にあったので、これも使い、少しでも面積を増やします。

まずは自分のV60で試してみようと思います。ドクロはフロントガラス用なのですが、下の方の目立たない部分に貼るつもりです。洗車後の拭き取りでタオルの繊維がはさまりそうですねwko

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す