ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

新燃費基準 WLTCモードについて

calendar

reload

新燃費基準 WLTCモードについて

マツダCX-3ガソリン車のスペックを調べていたら、WLTCモードの燃費も載っているではありませんか。どうやら公表第一号らしいです。今回はWLTCモードって何?ということをお話していきましょう。

ざっくり説明すると、「市街地モード、郊外モード、高速道路モードの3つが表示されるようになる」、「市街地モードではほぼすべての車が今までの基準であるJC08よりもかなり悪い数値になる」ということです。CX-3の燃費がどうなるのか見てみましょう。

CX-3(FF、AT)のガソリン車の場合、JC08モードでの燃費は17.0km/Lです。これを新基準であるWLTCで表示すると、市街地モード12.2km/L、郊外モード16.8km/L、高速道路モード18.0km/Lとなります。市街地モードでは約71.8%までダウンし、郊外モードだとほぼ同じ。高速道路モードは約5.9%アップという結果です。私はJC08モードの数値に0.7を掛けたくらいが実燃費だと思っていましたが、その感覚からするとWLTCの市街地モードはほぼ実燃費になると言って良さそう。

なぜJC08モードとWLTCの市街地モードに大きな差ができたかというと、これはコールドスタートが大きな要因です。エンジンは冷えていると燃費が悪いのです。CX-3も最初の1分くらいは5km/Lとかで走っています。その後温まってくると徐々に本来の力を発揮するんですね。JC08モードでは冷えた状態と暖機した状態の両方でテストして、冷25:暖75の割合で算出しますが、WLTCは100%冷えた状態でスタートするので、ここで燃費が悪化します。しかしテスト時間約10分の市街地モードが12.2km/hとはけっこう良い数値ですね。私のボルボV60だと8km/Lくらいかな。

市街地モードを589秒行った後、郊外モード433秒、高速道路モード455秒、さらに速度の高いHigh高速道路モード(日本除外)323秒のトータル1800秒がWLTCテストなのですが、平均速度のこともありますし、表にしました。ちなみにエアコンやオーディオ、ヘッドライトなどの電気を使う装備はJC08もWLTCも使わないという条件です。よってエアコンを使うと燃費は5~10%ほど悪くなるでしょう。

スポンサーリンク

JC08の停車時間は公式データが見つからなかったので、youtube動画から私がカウントして足し算したものです。その停車時間とそこから算出される数値は( )で表示しました。少し狂いもあると思いますが、まぁ参考までに。こうして見比べるとJC08の停車割合はかなり多く、後半には70秒、60秒停車している部分もあり、アイドリングストップ装備車は有利です。それがWLTCになると時間と距離が増えているのに停車時間が減っているので、アイドリングストップの効果は薄くなります。この場合の効果が薄くなるというのはカタログ燃費で良い成績を出す効果が薄くなるのであって、実燃費ではちゃんと効果のある機能に変わりありません。

この記事を書くためにネット上のWLTC燃費関連の記事をいろいろ読んだのですが、有名自動車評論家の人のblogでこんな一文がありました。「停止時間が短くなるWLTCモードは、アイドリングストップ時間を長くするよう開発された国産車の努力が無駄になる」という一文です。先に述べたようにカタログの成績に与えるアイドリングストップの影響は薄くなりますが、実燃費にはちゃんと効いているワケで、その努力は無駄ではないのですがどうでしょう。この評論家さんはカタログ燃費を重視した人なのかと思ったら、記事の中ではWLTC計測のカタログ燃費と実燃費の乖離を危惧しているみたいで、そうなると実燃費重視の考え?どっち?と思ってしまいました。てかJC08とWLTCを比べてWLTCの方が実燃費との乖離が大きい車ってあるのでしょうか?

他、細かい部分で空気抵抗は各メーカーが提出したデータだったものを風洞実験で計測することで不正を無くし、気象条件を整合。テスト車両の車重を増加(ドライバーの体重を加味?スペアタイヤ?ガソリン量?)したりしているみたいです。

WLTCモードの導入は2018年10月からとなっており、我々ユーザーは自分の車の使い方と近いテストを参考にすればいいだけ。片道10分程度の買い物、通勤などは市街地を参考に。通勤でも片道30分ほど信号の少ない場所を走る方は郊外を参考に。車は遠出する時だけ使うという方は高速道路を参考にするといった感じですね。

軽自動車、大排気量車、ディーゼル、ハイブリッド、PHVなど、種類によってどんな数値になるのか楽しみですが、どんな車でも市街地はJC08から70%くらいになるでしょう。高速道路は大排気量車だと20%くらい良い数値になるかもしれません。AMG C63のJC08燃費は9.7km/Lになっていますが、WLTCの高速道路に限れば12km/Lくらいいきそうな気がします。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す