ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ワイパーがビビる方へ 輸入車用ガラコワイパー

calendar

輸入車のフロントガラスにガラコなどの撥水コーティングとするとワイパーがビビる、というのを経験している人は多いと思います。ワイパーゴムが新品でも、撥水コーティングするとビビります。私のV60もだし、父の3シリーズ(E90 F30)もビビります。輸入車のワイパーは押さえつけている圧力が強く、おまけにエアロデザインのワイパーゴムが均一な圧力分散ができていないせいで、撥水コーティングとの相性が悪い、とのことですが、外国人はガラスの撥水コーティングをするという習慣がないのかな?もうこれを解消するには撥水コーティングに対応したワイパーにするしかないのです。

という訳で今回は撥水コーティング対応というか、ワイパーをかけながら撥水させるガラコワイパー輸入車用のレビューです。メジャーな輸入車にはほぼ対応しており、年式も車種によっては10年前くらいまで対応しているので、まずは公式サイトで自分の車が対応しているか調べてみるといいですね。SOFT99 適合ワイパーを調べるページはこちら

流石に撥水コーティング対応ということで、ビビりはほぼありません。まったく無いワケではないのです。ワイパーの使用期間、ガラスの濡れ具合、気温、ガラスコーティングしてからの期間など、いくつか条件が重なると少しビビることがあります。しかしノーマルゴムとは比較にならないくらい軽いビビりです。

交換作業は説明書通りに進めれば大丈夫かと思いますが、ノーマルゴムを外した状態で万が一ワイパーアームを倒してしまうと、その衝撃でフロントガラスに大きなヒビが入ってしまうので、それだけは注意しましょう。ええ、私は以前これをやってしまい、フロントガラスに30cmほどのヒビが入り、フロントガラスをまるまる交換した経験があるのです。20万円しました・・・なので今回、父の330eがガラコワイパーに交換するついでに私も新品に交換したのですが、アームを上げている時は背中がゾクゾクしましたよ・・・軽くトラウマです・・・

今見ても涙が出そうになります・・・

スポンサーリンク

 

交換するとこんな感じで少しゴツくなりますが、特別変な感じはしません。長さが微妙に変わっていますが気になるほどの変化はないので問題無し。

私の場合は事前にガラコでコーティングしてあるので、ワイパーを動かすことで本当に撥水するのか?というのは分からないのですが、ビビりがほぼ無くなるだけで満足です。そして一度購入すれば、次はゴムのみ交換することでブレード代が節約できるのもいいですね。メーカーはブレードを1年で交換することを推奨していますが、車の保管場所が良ければ2年くらい余裕だと思います。私の場合はゴムすら1年もちました。

唯一気になるのは、新品はワイパーの動いた直後にガラスが白く曇ったようになる点です。帰ってくる時に白く曇り、スーッと上から消えていきます。時間にすると0.5秒程度なので危険ということもないですが、一応注意ですね。1ヶ月くらいするとこの症状は無くなります。

不快なビビりがほぼ無くなり、ブレード付きでも純正より安く、次からゴムのみの交換もできるという便利なガラコワイパーはオススメです。輸入車の純正ワイパーはビビるし値段も高いしで、いいこと無し。無論国産車でもワイパーがビビるのならガラコワイパーはオススメ。

 

↑のリンクの商品はBMW 3シリーズ(F30)用の運転席側、PY-12というサイズ。助手席側はPY-8なので、間違えないようにしてください。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す