ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

Oculus Quest2が届いた 装着感を社外ストラップと合わせてレビュー

calendar

reload

Oculus Quest2が届いた 装着感を社外ストラップと合わせてレビュー

PyaPya支払いにより約6900円安く買えたOculus Quest2が届きました。今回は事前に買っておいた社外ストラップと組み合わせた装着感を書いていこうと思います。VRHMDって画質や音質も大切ですが、身につけていて快適かどうか?というのも重要なポイントなんですよ。使っていると綺麗な映像が見えるポイントからずれてボヤけることがよくあり、それが嫌でなのでしっかり頭に固定したくなる。すると顔が痛くなる、というのがよくあります。Quest2の標準ストラップは顔が痛くなりそうだったのであらかじめ社外ストラップを買っておきました。WELLEXPRESSというメーカーのものです。

PSVRっぽいデザインのものでamazonにて購入。

amazonアソシエイト

標準ストラップでの使い心地も初日に試しました。HMDの中では比較的軽い(公表値は503g)Quest2だけどかなり締め付けないと先端が下がり気味になるし顔面への圧迫は強いし、何より頬骨に重さがかかって痛い。そこでPSVRみたいにオデコで重さを支えるようなストラップが良いと考えこれを買っておいたのでした。PSVRは600g以上あったと思いますが、標準ストラップが優秀で重さを感じないし、特定の場所が痛くなることが無い。今思うとよく考えられた構造だったのです。

この社外ストラップ、全体的に作りはちょとチャチです。プラスチック部分が安っぽくて弱い感じ。でも可動部分も含めて落としたり無茶な動かし方をしなければ壊れることはなさそうで最低限の強度は確保されているっぽい。

後ろには締め付け時に使うダイヤルがあり、時計回りで締める、反時計回りで緩めるというものでした。引っ張ったり押したりしてフリーになることはありません。締める方向へはカチカチとクリック感があります。

HMDのアームを取り付ける部分。取り付けにネジは無くグイグイ押し込むように取り付けます。内側には摩擦を増やすゴムパッドが付いておりキツくできているのでVRゲームをしていてここが外れることはまず無いと思われる。

オデコと後頭部のパッド部分はマジックテープでくっついているので取り外し可能。掃除しやすいように、ということでしょうけど手洗いできるのかは不明。除菌ティッシュなどで拭くくらいが良いかな。クッション自体は良くて快適です。

スポンサーリンク

取り付け。わりとカッコイイです。そして一番重要な付け心地ですが・・・悪くはないもののPSVRには届かない、といったところで頬骨に重さがかかりがちでした。もちろん標準ストラップよりはかなりマシになります。締め付けても後頭部のクッションが良いので快適ですが、HMDの重心が前の方にあるのでオデコで2/3、頬骨で1/3支えているような感じ。位置や角度はいろいろ調整したんですけどねぇ。調整できる部分は下の画像を御覧ください。

左から見ていきましょう。青い矢印がQuest2本体のアームで角度調整できる部分。緑の矢印は本体とストラップとの接続部分でスライドさせて調整可能。赤い矢印はストラップの角度調整。オレンジは後頭部クッションの角度調整。黄色が後頭部の締め付け調整。あと調整できるのは頭頂部ストラップの長さですね。

調整できそうでできないのはこちら。

緑に塗ったオデコに当たる部分とHMDを支えるアームは一体で固定されています。それらを踏まえて調整していくと分かったことがいくつかあります。

オデコで重さを支えたいのですから上の画像みたいにHMDとおデコパーツの角度が直角に近いのはNG。下の画像みたいに寝かせることで支えやすくなるので、それを意識して前後にずらしたり本体とストラップの角度を調整していきます。後頭部の角度を変えられるのは良いと思うのですが、締め付けると動いて一直線になりがちなので実はあまり意味がないかもしれません。

で、いろいろ調整した結果が、どれも悪くはないけど頬骨に重さがかかるのは避けられないしズレがち、というものでした。HMDの先端に重さが集中しているのが原因なので後頭部のパーツにカウンターウェイトを付けてHMDとバランスを取る、という人も少なからずいるそうです。私も100均で500gの筋トレ用リストバンドを買ってきて仮止めしてみたところ、確かにバランスが取れて頬骨への重みは減りました。バランスが取れると頭頂部に重さがかかるのですが、合計1kgくらい支えるのはまったく苦にならない感じで動かなければこれは快適です。しかし左右に首を振るとHMDと反対方向にカウンターウェイトは回転することになり、捻れてズレようとする力は2倍に。これはちょっと問題だ。そんな訳で現状はカウンターウェイト無しで頬骨が痛くならない程度の時間プレイするのみとなっており、早く対策してガッツリプレイしたいものです。

そして私は考えました。スプリングバランサー(ツールバランサーとも呼ぶ)なるものを天井に取り付け、それでHMDを300gくらいの力で吊り上げると実質200gに感じるのでは?と。さっそくモノタロウで注文したので次回はそれについて書きたいと思います。