ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

アルテオンとゴルフ GTI パフォーマンス

calendar

reload

アルテオンとゴルフ GTI パフォーマンス

ザ・ビートルの限定車、デューンがカッコイイなーと思い、一度標準のザ・ビートルを見てみようということでフォルクスワーゲン 岐阜六条店さんへ。するとアルテオンとゴルフRのMTモデルが置いてあって、その話題で盛り上がってしまいました。アルテオンはまだナンバーが付いていないのですが、ゴルフRはナンバー付き。普段は愛知県のお店にあるそうですが、六条店さんにも回ってきて、その日の夕方に帰っていく予定だそう。試乗できますか?とお伺いしたところOK!やったぜ!Rは試乗車が無いから諦めていましたがラッキーでした。しかもレアなマニュアル車。が、今回はRのレポートではなく、アルテオンとゴルフGTIの限定車であるパフォーマンスについてお話したいと思います。

ゴルフRの試乗記事はこちら

さて、アルテオンですが、兎に角カッコイイ。ワイドで低い、キャビンは後方に向かって絞られていくというカッコイイ車の条件を満たし、VWお得意の超シャープなプレスラインと合わせて「美しいっ」というレベル。アドバンスのマットブラックのホイールも引き締まっておりイカス!サイズはなんと20インチ!

このアルテオン、4865×1875×1435mmというスリーサイズにホイールベース2835mmなのですが、パサート(CCではないセダンのパサート)は4785×1830×1460。より長く、広く、低いのです。そしてなだらかに下がっていくルーフラインですから、そりゃーカッコイイはずです。

前から後ろへ徐々にサイドのプレスラインは鋭角になっていくのですが、給油口付近は「これどうやって作るんだ?」と思える変態的な鋭さ。

斜め後ろから見るとリアフェンダーがもっこり出っ張っており、そのフェンダーに陰影ができてとってもセクシーなのですが、なかなか画像では伝わりづらいものです。

スポンサーリンク

フロントマスクはかなりイカツイ感じ。世の中こういう流れなのでしょうが、個人的にもう少し控えめでも良かったと感じる部分ではありますね。ヘッドライトは光り方も含めてカッコイイのですが、グリルがやりすぎかも。

お次はゴルフGTI performanceです。ボディーカラーは専用色のダーク アイアンブルー メタリック。

DCC、ディスカバープロ、テクノロジーパッケージのGTI三種の神器を装備し、エンジン15psパワーアップ、トランスミッションは6速が7速DCTへ。専用シートに19インチのホイール、レッドブレーキキャリパーという装備で値段はフル装備のGTI並というお買い得車。画像のダークブルーが300台、ホワイト200台の限定車で、欲しいな・・・とネットで見ていましたが、まさか展示車があるとは・・・買っちゃいましょうよ!と営業さんに薦められましたが、装備内容を考えるとお値段456万円はかなりお買い得なので、どうにかお金を絞り出せないか考えてしまいます。

アルテオンとツーショット。ゴルフGTIパフォーマンスはネットで見たままの印象でしたが、アルテオンは写真と実物が大きく異る印象で、これは断然実物がカッコイイです。気になっている方はマジで一度実物を見てみるべきだと断言します。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す