ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

XC60インスクリプション エクステリア&インテリアを画像でチェック

calendar

ちょっと写真の枚数が少ないのですが、内外装を見つつインスクリプションとモメンタムの装備の差、XC90との違いを見ていきたいと思います。

こちらがXC60インスクリプション。ボディカラーはデニムブルーメタリクで、83000円の有償カラーです。ボルボ公式ページのコンフィギュレーターではほぼグレーに見えますが、実物はちゃんとブルーで、だいたい下の画像のような色と思ってもらっていいかと。モメンタムの18インチホイールに対して1インチ大きい19インチのホイールを履き、グリルの格子がメッキに、バンパーとドア下部にもメッキの装飾が入ります。

下はXC90モメンタム。駐車場スペースの都合で角度と画角が違って比べづらいかもしれませんが、イメージはよく似ています。が、XC60の方がスマートでシュッとしてますね。

真正面。LEDヘッドライトは両グレード標準装備。

リヤドアからフェンダーにかけてのラインと膨らみ、ガラスの最後が尖っているがXC60の特徴ですね。ドアにも台形っぽいプレスが入っています。

XC90はグラスエリアが広めでどっしりしています。

テールゲートがグリーンに見えるのは後ろの歩道が反射しているからで、ボディカラーのせいではありません・・・四角いマフラーエンドはインスクリプションのデザインで、モメンタムだと丸いマフラーエンドになるみたいです。またモメンタムだとリヤバンパー下部は黒い樹脂っぽい素材となるので、ボディーカラーが明るい色だとコントラストが強くなりオフロード車っぽい雰囲気になります。

スポンサーリンク

比べるとテールランプがボディサイドに入ってくる角度が違うんですね。

インテリアはシート、メーター、メインモニター、シフトノブ、スタートスイッチ周辺などXC90と共通なので得した気分です。特にシートはBMWで言うなら5シリーズのシートが3シリーズに付いているようなもので、室内の広さが十分なXC60はシートのゴツさ(そんなにゴツいシートではないけど)で狭く感じることもないし、座り心地、見た目共に良いので嬉しいですね。画像ではドリフトウッドとなる装飾パネルの形状はXC60の方が複雑で、こっちの方がコストがかかりそう。

少し残念なのは、メインモニターはタブレットのように操作するのですが、その操作感にラグがあるのと、ページの切り替えがヌルヌル動かずややカクカク動く点です。みんな新しいスマホでヌルヌルサクサクの動きに慣れているでしょうし、これは改善してほしいところ。

下がXC90。モニター横のエアコン吹き出し口や装飾パネルの付き方など少しづつ違いますが、よく似ています。

モメンタムの場合は合皮とファブリックのコンビシートも選べ、白系ファブリックの細かいチェック柄が非常にお洒落だと思うのですが、展示車や試乗車で実物を見ることは田舎では無いでしょうね。レザーシートに変更した場合にもボルボは廉価版のモメンタムからアイボリー、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックと4色も選べるのが親切で、これはドイツ系ブランドには無い魅力です。(BMWは2、3色選べたかな?)

ドリフトウッドは本当にいい雰囲気です。本物のウッドということで木目が立体なんですね。エアコンの風の方向を調整するツマミもスタートスイッチと同様のすべり止めが施され、半光沢のシルバーの質感も高いのです。

カタログでモメンタムとインスクリプションの装備の差を調べてみたのですが、思ったより差が無くてビックリでした。まずインテリセーフという緊急自動ブレーキ、アダプティブクルーズコントロール、パイロットアシスト、ナビ、360度カメラ、330W10スピーカーオーディオなどはどちらも標準装備。LEDヘッドライト、プライバシーガラス、8ウェイパワーシート、シートヒーターなども標準。違いはベンチレーション機能付きレザーシートにマッサージ機能、シート調整の一部が手動か電動か、リヤシートヒーターという程度です。あとは画像で見ていった外装の装飾とホイール、ドリフトウッドパネル。これでモメンタム599万円、インスクリプション679万円なので価格差80万円なので、モメンタムが割安なのか、インスクリプションが割高なのか・・・私的にはモメンタムでシートはシティウェーブのブロンド。内装のパネルのみリニアライムウッドパネルにするのがベストかなと思いますが、もっと装備を簡略化、FF化して520万円くらいになると・・・流石にちょっと無理かな。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す