ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

レッド・デッド・リデンプション2がもうすぐ発売だ!

calendar

10月26日が何の日か知っていますか?レッド・デッド・リデンプション2(RDR2)の発売日です!今回はこのRDR2とPS4Pro同封版を予約した話。ロックスターのゲームとしは2013年9月に発売されたグランド・セフト・オート5(GTA5)以来のビッグタイトル。これは買うしかないぜ!どんなゲームなのかは公式トレーラームービーをご覧ください。

ロックスターのゲームというと、私が始めてプレイしたのはPSPで発売されたGTAリバティシティ。広いマップを車やバイクで自由に散策でき、ミッションがシームレスに始まるオープンワールドが非常に新鮮でハマった記憶があります。PSPの性能的に地域を区切る橋を超える際には長いロードがあって鬱陶しく、純粋なオープンワールドとは言えないのかもしれませんが、兎に角自由に動けるのは楽しい!次はPS3のGTA4。ここで私はGTAシリーズが神だと理解しました。映画を自分でプレイしているようなミッションも素晴らしいし、さらに広く緻密になったマップを散策するのも超楽しい。そしてGTA5ですね。4の時はオンライン未プレイでしたが、GTA5ではオンラインで毎晩クルーの仲間たちとワイワイバカやって遊んでいました。GTA5は発売日にPS3版を買い、その後グラフィックの強化されたPS4版がリリースされた時にPS4本体とソフトの同封版を買いましたよ。1度プレイしたゲームを綺麗な画面でやりたいが為に本体ごと買った訳ですが、一切後悔しておらず、むしろ満足しているくらいです。

さてGATシリーズはそこそこプレイしたものの、RDRの前作はプレイしていない私。しかしトレーラームービーで完全にヤラれ、超期待しています。基本的に車やバイクが好きな私はGTAシリーズの方がハマり要素が多いけど、西部劇の中を馬に乗って散策するのもいいですよね。ゲーム内は1899年のアメリカが舞台となっており、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」でマーティがタイムトラベルした、あれくらいの時代です。(正確にはバック・トゥ・ザ・フューチャー3でタイムトラベルしたのは1885年ですが)ソロプレイのストーリーやミッションも面白そうですが、オンラインでフレンド達とあの世界の中で遊べるかと思うと今からワクワクですわ。

ということで買うのは決定なのですが、問題なのは今のPS4でプレイするか、PS4Proを買って4Kでプレイするか、です。これは非常に悩みました。古い三菱電気のモニターでプレイするなら迷うことなくソフトだけ買えば良し。だってモニター解像度がフルHDなのですから。しかし今の私は4KモニターであるLG 43UD79-Bを使っており、PS4ProがあればRDR2の美しい景色を4Kの解像度で堪能できるのです。

スポンサーリンク

42インチというPC用にはかなり大きいけど激安の4Kモニター、LG 43UD79-B。そのレビューはこちら

しかもRDR2とPS4Proをセットにしたお買い得パックが予約受付中ときました。PS4Pro単体で見るとつい最近(2018年10月)5400円値下げされたので、ソニーストアでの価格は税込43178円。そしてRDR2同封パックの価格はAmazonで46418円。(おまけで縦置きスタンドが付いてきます)RDR2は通常版が7765円なので、同封版を買えば4525円安く済むことに。縦置きスタンドは849円なので、これも含めると5374円お得。

トレーラーをフルHDと4Kで見比べると、その差はあるとも言えるし、そんなに無いとも言える感じでした。遠くの景色は差が少なく、キャラの服や肌のテクスチャーや木の葉、草などは4Kだと細かく描写されている感じ。よーく見れば違うけど、ゲーム中はそんなに細かい部分は見てないことが多いのでフルHDで十分綺麗だと思う反面、「こんなに細かく作り込まれているのか!」と感動できるのはやっぱり4Kなんですよね。

で、1週間悩み、同封パックを予約したのでした。せっかく4Kモニターを使っているのですから、それを活かしたい気持ちと、同封パックの価格はやっぱり魅力なのです。いやー、楽しみ!あとは子供がすんなり寝てくれるかが問題ですw

amazonアソシエイト

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す