ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

知り合いのFIAT500とラパンのタイヤ交換をしてきた

calendar

私のクラブマンは先日サマータイヤに交換しましたが、今日は知り合いのFIAT500とラパンのタイヤ交換をしに行ってきました。この方、歳が70歳手前でリュウマチ持ちなんですね。通常の生活は薬が効いているのでどこも痛くないのですが、力仕事をすると痛むそうで、タイヤ交換はほぼ毎回私が手伝いに行くのです。時々私の息子にトミカや服を買ってきてくれるので、そのお返し感覚ですね。

FIAT500は8年前に購入しており、ボディの状態は普通ですがヘッドライトの汚れはそれなりに目立ちます。奥さんのラパンは5年前くらいだったかな。この2台を売ってカングーを買おうか悩んでおられますが、奥さん曰くカングーは大きすぎて怖いそうな。現行カングーの3サイズは4280×1830×1810mm。旧モデルが4035×1675×1810mmなので245mm長く、155mm広くなっており、確かにけっこう大きな車なので気持ちは分かるというものです。カングーは日本で人気のある車であり、私もデザインは好きですが自分で欲しいと思ったことはありません。背の高い車は運動性能と安定性で不利であり、それを自分で買う気にはなれないのです。

FIAT500とラパンならタイヤは軽いので2台くらい非力な私でも余裕。駐車場が傾斜しているのはちょっと怖いので、いつも輪止めをかけて作業しています。作業を終えると輪止めはタイヤに押され、軽く蹴ったくらいでは動かないくらいの力がかかっているので、やっておいて正解なのでしょう。クラブマンやデミオなど家の車は当然自宅駐車場で交換しますが、こちらはフラットなので輪止めをする手間が省けて助かります。(本当はした方がいいと思うけど)

スポンサーリンク

ラパンのノーマルホイールはモロRHのNAQマキシライトですねw 可愛い系の車にはよく合います。FIAT500は鉄チンにキャップ(写ってないけど)で、このキャップのデザインが良いのでアルミホイールは必要ないそうです。確かに国産車のホイールキャップより高そうに見えるし似合うデザインなんですよね。

さて残るは嫁さんのデミオだけ。今度の休みにでも交換するかー。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す