ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ヤマハのアコースティックギター FS830を購入

calendar

reload

ヤマハのアコースティックギター FS830を購入

家にあったアコースティックギターのネックが反っていて弾きづらかったのでヤマハの初心者向けモデルを購入。FS830というモデルでカラーはタバコブラウンサンバースト。購入価格は税込39270円。3〜4万円クラスのアコースティックギターは沢山ありますが、安定のヤマハブランドと色が気に入っての購入です。近場の実店舗を2ヶ所回ったけど在庫無し、Amazonやyahooショッピングにも在庫無しで困っていたところ、イケベ楽器という楽器屋さんの通販サイトに在庫がありそこで購入しました。ギターが入っているダンボール箱をさらに一回り大きなダンボールに入れて梱包してあるのでデカさに驚くw

今回購入したFS830。FG830がドレッドノートサイズ(イギリスの戦艦が由来)と呼ばれる一般的なサイズなのに対してFS830はフォークサイズやトリプルオーと呼ばれる少し小さいサイズとなっています。

41歳にして初めてギターを買った訳ですが、ネックが真っ直ぐで弦高は古いギターより低くコードが幾分押さえやすい。音は・・・比較対象が40年前のノーメンテギターなのでアレですが、音の立ち上がりが鋭く伸びもある感じ。古いギターはモヤっとしてて伸びも少ない感じでした。まぁ音の違いはいいとして、コードが押さえやすいのは嬉しいですね。あと古いギターはペグが錆びていたので弦を張り替える為にグルグル回すのが苦痛だったけど、流石新品、メチャ軽く回るw

弦高を正確に測れる定規が無かったので参考までにピックで。もう少し低くできる気もするけど自分でやるか楽器屋さんに頼むか迷うところ。頼むと5000円くらいの場合が多いとか。

渋いカラーリングです。サウンドホールの周りにアバロン貝装飾があるのもポイント。

表側はスプルース単板、裏とサイドはマホガニー合板だそうです。

スポンサーリンク

ネックはサラとした仕上げ。太さは他のギターを触ったことがほぼ無いので比較できませんが、太くはないと思う。素材はナトーという木材で、マホガニーの代用として安いギターに使われるとか。

指板の素材はローズウッドだそうです。

ブリッジもローズウッド。どんな木材が良いのか分かりませんがギターって木でできているんだなーと思いました。(素人w)

ペグはダイキャストクローム。全体的に安っぽくはないけど普通のギターという感じですが、初めて買ったギターということで気に入っています。

さてコードですが、高校生の時に少し覚えたので代表的かつ簡単なのは分かるし押さえられます。が、曲に合わせて素早くチェンジするのは多くのコードでできません。人差し指は押さえたまま他の指を動かすとか、使う指が少ない、C、Am、Emあたりのチェンジはセーフとしても、D系がやや苦手で遅いし綺麗に鳴らないことがあります。Fも綺麗に鳴るのはたまにでまだまだ修行が必要ですが、形を作って押さえるの自体はDより速いかも。

とりあえず練習しているのは定番であろうスピッツの空も飛べるはず。程よいテンポと簡単なコードが多いのが練習にピッタリ。10日間、毎日1時間くらい練習しているとギコチナイし綺麗な音が出ないことはあれど音楽っぽく聞こえるようになってきました。だんだん楽しくなってきますね。ただ最近は指が痛い。特に中指の先が。弾き続けて皮が硬くなるまでどのくらいの期間が必要か分かりませんが、マジで痛くなるほどの練習は避けるべきなのかなぁ。弦を細いのに張り替える手もあるものの、このまま指を鍛えるのも重要な気がします。

考えてみるとアコースティックギターって5万も出せば余裕で買える、お金のかからない趣味ですね。高いギターもあるけどスタート地点に立つのは5万で十分。置き場所もさほど取らないし、楽譜を読めなくてもコードを覚えればちゃんと音楽になるのだから手軽で楽しい。鍵盤楽器と違って練習しないと音が綺麗に出ないという最初のハードルはあるけど、これはゆっくり確実にやればちゃんと鳴ってくれるはず。一番の問題は騒音でしょうか。私はサイレントピックという異様に柔らかいピックで練習しているので、思いっきり弾いても一戸建てなら外に音が漏れるかどうか微妙なラインという音量です。周囲が静かで外で耳を澄ますと聞こえるというレベルかな。アパートだと隣に聞こえると思うのでその場合は指の腹で優しく引くしかありませんけど、ヤマハからサイレントギターというフレームだけのギターが販売されているのでこれなら思いっきり弾くこともできそう。実はこのサイレントギター、単純に見た目がカッチョイイから欲しかったのですが、7万円弱と若干高かったのでやめたのでした。

飽きっぽい私がどこまで続くか分かりませんが、しばらくは楽しめそうです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す