ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

マイクラ日記 その3 アイアンゴーレムトラップを作る

calendar

reload

マイクラ日記 その3 アイアンゴーレムトラップを作る

そろそろ真剣に拠点の湧き潰しをしたいけど、地面に直接松明を置くのは見た目が悪いのでランタンを使った街灯を作りたい。でもあまり冒険していないので非常に鉄不足。ということでアイアンゴーレムトラップを作ることにしました。

検索して出てきた村人パニックタイプといのを拠点から200ブロックほど離れた場所に作ります。村人はそこから100ブロックくらいのところにある村にいたのをボートで連れて来たもの。村人とベッドの結びつきを解除する為村のベッドはすべて破壊し、ゾンビを1匹連れて来て閉じ込め、デスポーンしないように名札で名前を付けます。トラップが完成したので村人とゾンビをご対面させるべく所定のブロックを破壊してお互いを認識させると、予定通り村人はパニック状態になりアイアンゴーレムの湧く音がした。

と思ったらスポーン予定地ではなく私の作業用の待機場に湧き、村人脅し用の名札付きゾンビをワンパンで撃破。見事アイアンゴーレムは村人を守ったけど、これではまたゾンビを連れてこなければなりません。てか1個しかない名札を使ったからまた名札探しをしないといけない・・・

このアイアンゴーレムトラップは前回の教会を建築した時に書きましたが、遠くに見えてしまって景観が悪いので別の場所に建て直すことにしました。

上の画像の右に見えている柱と階段がそれ。新しいのを作るので解体。

まず場所をちゃんと決める必要があり、その為には現在のバージョンでアイアンゴーレムが湧く条件を正しく理解する必要があります。現在のマイクラJava版のバージョンは1.16.5。アイアンゴーレムのスポーン条件は村人10人以上、ベッド20個以上があり、すべての村人がベッドと紐付けされている。そして75%の村人が職業ブロックと紐付けされている、というものです。

スポーン条件はもう1つあり、村人が敵対mobに狙われパニック状態になった時にも湧く、というのを利用したのが今回のトラップ。何もない平野に村人を数人連れて来て閉じ込め(職業ブロックは不要だけどベッドと紐付けは必要らしい)、ゾンビを近くに閉じ込めて攻撃はできないけどお互いが認識できる状態にしてやればアイアンゴーレムが湧くんですね。それから村人パニック時に湧くアイアンゴーレムは普段に村を防衛しているのとは別扱いみたいで、私の拠点(村人15人くらい)でも7体のアイアンゴーレムがいます。これは寝るのが遅くて湧いた敵mobに村人が襲われて湧いたものということか。

そうなると拠点の近くにこのパニック型アイアンゴーレムトラップを作るのもアリとなります。マイクラでは自分から120ブロック以上離れたチャンクの時間は停止するので、拠点から離れた場所にトラップを作ると普段は稼働しないけど、拠点の近くに作ると建築や農業などの作業中でもトラップが稼働して鉄がゲットできる。デメリットは何時間も放置するとなると拠点の湧き潰しが完璧である必要があるということ。どちらを取るか考えた結果、私は拠点から離して作ることにしました。大量に鉄が欲しい時は数時間放置して貯めればいいし、拠点の近く、というか拠点内に作るとなると見た目を気にする必要があって面倒だからです。

場所は拠点から150ブロックほど離れた砂漠。起伏が激しいと丘にアイアンゴーレムが湧くことがあるらしく、なるべくフラットな場所が良いとのことで砂漠は最適ですね。今回村人を脅すのはハスクなので連れて来やすいのもポイント。拠点からは砂の丘があるのでほぼ見えません。

前回は高さ20ブロックに建設しましたが今回のタイプは高さ10ブロックです。村人の数は前回は3人、今回は4人。この差がなんなのか私には分かりませんが、高さ20ブロックはどうやっても目立つので低い方が有難い。湧き層の面積は少し大きいけど知れているし、単純で作りやすくて助かります。

建築作業自体は30分もかからずできますが、面倒なのは村人を閉じ込める作業ですよ。連れてくる村人は前回使った3人と砂漠の村の1人の計4人。

スポンサーリンク

狙った村人の周りを高さ2ブロックで囲い、線路とトロッコを設置して押してトロッコに乗せ、乗ったら囲いを壊してトロッコ出発。トラップタワー近くまで輸送したら一時的に閉じ込め次の村人に同じことを・・・

4人集まったら階段を設置しベッドまでの道を作り夜を待ちます。(それまでに紐付いていたベッドは壊してある)夜になと村人はベッドを目指し階段を登るはずが・・・なぜか1人は元の村へ向かって一直線。ベッドは無いのに。そいつをトロッコに乗せて輸送したりで2時間くらいかかっただろうか。全員寝たところでガラスを閉じて完了。

次はハスクを連れて来て名前を付ける必要があるので名札が必要ですが、そいやー名札って司書との取引の最後に出たなーと思い、拠点に帰って司書とトレードしてゲット。

ハスクの確保は感圧版とフェンスゲートで準備してあるので所定の場所を通るだけで簡単。あとは村人とハスクの視線を合わせてやればトラップが稼働するはず。前回は足場にアイアンゴーレムが湧いてゾンビを攻撃したことで失敗したので、今回の足場はアイアンゴーレムの湧かない階段ブロックと葉っぱブロックにしてあるから大丈夫のはず。

やや緊張しながら視線を遮っているブロックを壊し、湧き場を見にいくと・・・見事アイアンゴーレムは湧き場に現れ、流れていきました。

その後もしばらく様子を見ていましたが、30秒に1体くらい湧いています。長時間放置できるように待機所を作り、とりあえず1時間くらい放置してみると

3スタックと36個なので228個か。いい感じ。

ある程度鉄インゴットが集まったのでランタンを量産し、再度トラップを訪れるとなぜかアイアンゴーレムが湧きません。村人はパニック状態なのに。とりあえずハスクを認識できないように窓の部分を適当なブロックで塞ぎ、夜まで待って村人が寝るのを確認し、塞いだブロックを壊すことでアイアンゴーレムは湧くようになったので一度村人が寝ることが鍵になっているっぽいのですが、その後訪れた時は何もしなくても湧く、さらにその後は一旦村人を眠らせないと湧かないと、その都度違うんですよね。まぁ視線を遮るブロックを置いて壊すだけだからいいや。

そして3時間放置すると

8スタックと36個で548個。最初に載せた1時間の方がずいぶん効率がいいけど、平均して時給194個の鉄インゴットが得られました。1分間にすると3.2個だから鬼効率とはいかないまでも十分と言えば十分なのでとりあえずは良しかな。改良するならハスクと村人の視線を遮ったり見せたりする装置を作ることでしょうか。粘着ピストンを使うかトロッコにハスクを乗せて走らせるか。スライムをまだ倒していないので粘着ピストンが作れませんが、暇ならトロッコ走らせるのを試してみようかな。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す