ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

DJデミオ 樹脂パーツが白くなってきたのでワコーズ スーパーハードを施工

calendar

今回は白くなった無塗装樹脂パーツを黒く復活させるワコーズ スーパーハードをDJデミオに施工したお話。2017年12月に新車で購入した嫁さんのDJデミオのリヤバンパーは下側が無塗装樹脂パーツなので数年経つとこれが白くなってきます。

なので購入後、保護の意味でワコーズ スーパーハードを塗っておきました。それから3年の月日が流れ、少し白っぽくなってきたので再施工していきたいと思います。下の画像は施工前、洗車して拭き上げた後のもの。

新車時に保護の意味で施工したので白っぽさは抑えられていますが縞々でてきました。これが気になるのだ。

お次は施工後。

スポンサーリンク

黒くなったー!というのは分かりづらいかもしれませんが、縞々は分からなくなったと思います。画像では目立ちませんが実物を見ると塗りムラがあるのが気になる・・・自分の愛車であるミニ クラブマンは年に1回やっているので3回やったしデミオは2回で合計5回目だけど未だに綺麗に仕上げるコツを模索中です。最初に比べれば少しは上手くなったんだけど、まだまだ納得いきません。

次はフロントガラスの下側。ワイパーを作動させ、頂点まできたらエンジンを停止してワイパーを固定。その後ボンネットを開けて作業しました。下の画像はそれが終わりワイパーを戻した時のもの。この後ワイパー作動ポジションで塗れなかった部分を塗る訳ですが、塗っていない場所がよく分かると思います。

全然色が違いますよね。ちなみにガラス下は新車購入時に塗っていなかったので、リヤバンパー下に比べるとより白くなっていました。ガラス下はどんな車でも樹脂パーツで白くなっている場合が多く、これが黒くなると車が新しくなったような感じになりますし、この効果が1年近く続くのだから大したものです。以前ボルボXC70に乗っていた時はワコーズ スーパーハードではなくカーメイトの似たようなのを塗っていましたが、あちらは半年保たないんですよね。新車の保護にも白くなった部分の復活にも使える、耐久性も高いワコーズ スーパーハードはスバラシイ商品であります。

amazonアソシエイト

値段は高いけど量が多いのでそこまで割高ではありません。とは言えコーティングすると1年保つので車1台だといったい何年で使い切るのか?となってしまいます。3000円くらいで量を減らしたものをラインナップしてくれると理想なんだけどなー。ミニ クラブマンって樹脂パーツが多いのですが、それを3回とデミオ2回やって半分よりちょっと減ったかな?くらいですからね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す