ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ベスパLX125 燃費報告8回目

calendar

久しぶりにベスパLX125の給油をしてきました。いつ以来だっけか?と過去の記事を見たら去年の10月16日依頼だったので約7ヶ月ぶり。そりゃ久しぶりに感じるはずだ。桜の季節に息子とタンデムでお花見に行ったり、DQWのメタルホイミンのほこらを集めに行ったり、ちょくちょく乗ってはいたんですよ。そして5月になって夜の冷えも緩くなってきたのでこれからは通勤で使っていこうと給油に。

前回のオドメーターは5247.6km、今回は5400.6kmなので走行距離153km。

スポンサーリンク

そして給油量は4.75L。燃費は32.2km/Lとなりました。以前コメントで「トリガーを引ききって給油すればオートストップが作動しますよ」といただいたので試してみようと思い、ノズルを思いっきり突っ込んで全開給油したのですが・・・給油スピードの早さにビビって3Lでストップし、あとはチョロチョロ給油に切り替えましたw だって毎秒0.5L以上のスピードで給油されるのですから、もし吹きこぼれたら一瞬でビチャビチャですよ。それ想像したら怖くてできないw  まぁ慣れてきたのもあってチョロチョロでも最初のチョロチョロより量は多く、2分くらいで給油できてるから良しとしよう。

放置期間はそこそこあったしチョイ乗りも多かったけど燃費的にはいつもと同じくらいか。放置期間って半年くらいでは燃費に影響しないんですね。チョイ乗りに強いのはエンジンが暖まるまでの時間が短いおかげでしょうか。片道10km、時間にして15分の移動に使うとして、車ではエンジンが暖まるまで7分かかるところ、125スクーターなら2分くらいで暖まる、みたいな。ストップ&ゴーにも軽いスクーターは強そう。市街地では信号のせいで定期的に止まることを強制されるので、停止状態から1400kgの車と150kgのスクーターを加速させるエネルギーにはかなりの差があることでしょう。気候の良い時は気持ちいいし燃費も良いのだから、せいぜい走らせてやろうと思っていたら、今年は異様に早く梅雨入りしちゃいましたね。東海地方は平均と比べて25日早い梅雨入りだそうで、これは統計史上2番目の早さとのこと。梅雨入りしたからといって毎日雨ではないけど、乗る頻度は確実に減る。そして梅雨が明けたら暑くて乗る気が失せる・・・車を持っているとどうしても車に乗っちゃいますよね・・・だって車は楽なんだもん。

話は変わって、また職場裏の修理待ち事故車。真正面は無傷で右フロントフェンダーが破損している。破損部分がガリガリ削れていないからこのラパンは停止しているところを横からボコンと当てられた感じでしょうか。キズの具合から見て当てられた速度は遅かったと思われます。しかしタイヤの角度がちょっとおかしいみたいで右フロントの足回りにダメージがありそう。車自体は新車に近いので修理したいところですが、しっかり直るのか?費用はどれくらいなのか?気になるところです。そうそう、ホンダの完全EVであるホンダeが発売されましたが、あれってラパンにソックリですよね。リヤゲートの傾斜は違うから真横や斜め後ろから見ればそれなりにフォルムは違うけど、前から見ると丸目というだけでラパンに見えてしまうのは昔からこのデザインで一定の人気を得てきた強みだと思います。てか、ラパン可愛いなぁ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す