ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

試乗 ボルボ V90クロスカントリーT5 サマム

calendar

reload

試乗 ボルボ V90クロスカントリーT5 サマム

V90に続き、V90クロスカントリーに試乗させてもらったので、そのレポートです。グレードはT5サマムで価格は754万円。モメンタムが694万円なので、60万円の差がありますが、19インチホイール、パーフォレーテッド・ファインナッパレザーなどが大きな違いとなり、自動ブレーキ、クルーズコントロール、360°カメラなどはどちらも標準装備となりますので、お好みでどうぞという感じでしょうか。V90試乗の感想はこちらからどうぞ。

V90クロスカントリーはワゴンとSUVのクロスオーバーというジャンル的には珍しいタイプで、このジャンルはボルボ以外だとスバル、アウディ、VWくらいしかやっていません。ベンツもEクラスで参入してくるそうですが、今後BMWも出してくるのでしょうか?私は昔XC70に乗っていたこともあり好きなジャンルなので、他のメーカーからも出れば面白いと思っています。簡単に表を作ってみたのでどうぞ。

表にして比較すると、車体のサイズは少し小さいとは言え、アウトバックの価格は完全に違うクラスなんですね。性能が低いとも思えないし、こりゃアウトドアで使い倒すならアウトバック一択です。他の3台は性能プラス上質な室内空間で癒やされながら移動を楽しむということでしょう。

駐車場が混んでいたので撮れる角度が限られていますが、フロント部分。グリルとバンパーが違うのと、この角度からもフェンダーカバーが出っ張っているのが見えますね。このせいで全幅が25mm広くなっています。

車高はV90に対してプラス70mm、最低地上高210mmのクロスカントリー。近くに立つとボンネットがけっこう高い位置にあるので、デカイなーと感じます。乗り降りの時、少しお尻を下ろした位置にシートがあるのがクロスカントリーの魅力。これがメチャ楽なんですよ。SUVだと身長(と言うか足の長さ)次第なのですが、少し高く感じたり、ワゴンやセダンだと低く感じます。足腰の悪い人にはクロスカントリーの高さがベストだと思います。

ボディはワゴンなのに車高が高いという、アンバランスとも言える不思議な感じが私は大好きです。ドアを閉めた時のドムッという重厚な音もいいのですが、ドア自体がやや重めで、もう少し軽い方が女性には嬉しいのかも。

後ろは前ほど違いはありません。バンパー下部がグレーになるのと、そのグレーの部分にcross countryの文字がある程度。この角度から見るとサイドを走るラインが綺麗ですね。今回からグレーの部分がサラサラした塗装になりました。昔は無塗装の樹脂で、古くなってくると日焼けしたのですが、耐久性がUPすると長く乗る人には嬉しいですね。

サマムの19インチホイールはシルバーとブラックのツートンで、この車によく似合っています。タイヤはミシュラン ラティチュードスポーツ3。オンロード寄りのSUV用タイヤといった感じ。静粛性は十分に高く、手応えも普通に乗っている限り不満はありませんでしたが、速度を上げて曲がるとどうなるのかは、すみませんが分かりません。昔私が乗っていたXC70はピレリ スコーピオンでしたが、こちらは手応えが薄く、普通のオンロード用タイヤに交換してしまいました。

スポンサーリンク

インテリアはウッドパネルがブラックに近い色になるくらいで、V90との差は無し。個人的にはV90の明るいウッドが好きかな。

パーフォレーテッドシートは試乗中使いませんでしたが、夏は便利でしょうね。これは羨ましいです。レザーの質もファインナッパレザーということで、非常に柔らかく、スベスベしていて触り心地の良いものです。ただこの手のレザーシートは5年くらい乗っているとヤレてくる傾向にあるので、それが嫌ならモメンタムのレザーシートの方が耐久性が高いと思います。

それでは試乗した感想です。一番の焦点はV90やXC90と比較して乗り心地、ハンドリングがどうかということですが、V90と比べると想像通り少しおっとりした乗り心地でし。段差を超えた時の突き上げはよりソフトに感じ、その分曲がる時にはロールも少し大きくなります。しかしフワフワした感じは無く、しっかりダンピングが効いているのでご安心を。XC90は視線が高い為に重心が高く感じられますが(実際クロスカントリーよりも高いのでしょうけど)、こちらは重心の高さというのはあまり感じられません。よって乗り心地自体はXC90に近く感じ、でも重心の高さはV90と似ているという、なんともありきたりな感想になりました。XC90も完全にオンロード重視の乗り心地なので、この3台に大きな差があるワケではないんですよね。

スポーティーに、ちょっと飛ばして走りたいと思った時にはV90の安定感と俊敏さが気持ちいいですし、同乗者も安心できるはずです。クロスカントリーやXC90で飛ばして走ると、運転手はガッシリしたボディとステアリング剛性が分かっているのでさほど怖くないですが、同乗者は視線が高いのでちょっと怖いかも。しかしボディ剛性は本当に上がりましたね。この前代車でV70を乗ったのですが、90シリーズに乗ると格段に上がったのを感じます。

もしXC90、V90、V90クロスカントリーで悩む方がいるのならば、ゆったり家族や友人とアウトドアや旅行の移動に使う、その時に普通の車ではお腹を擦るような道を走る、ということならばXC90もV90クロスカントリーも期待に答えてくれるはずで、見た目の好みで決めていいと思います。たまには1人でワインディングを気持ちよく走りたいのならばV90。高速道路を長距離走って楽なのは・・・V90が一番得意そうな気がするのですが、法定速度+ちょっとくらいの速度なら視線の高いXC90が楽なのかもしれません。いや、法定速度+くらいならどれも快適かw

エンジンパワーについてはT5で十分だと私は感じます。250ps、35kg-mのパワーがあればどんなシーンでも不満は感じません。もし不満が出るとすれば、高速道路の登りでの追い越しくらいですが、私の感覚ではそれもT5で十分。それ以上は、やはり回転の滑らかさもプラスされる6気筒が欲しいところで、ボルボは4気筒以上のエンジンは作らないと言っていますが、その判断と結果は今後どう出るんでしょうね。

V90クロスカントリーの魅力は、SUVほどデカくないけどしっかり車高は確保され、お腹やバンパーを擦る心配が無い。ワゴンよりゴツいデザインでアウトドアが似合う。乗ればワゴンの運動性能に近いというマルチプレーヤーっぷりが凄い、ということです。デザインと言うと、他メーカーのSUVはスポーツ路線でアウトドア感が薄いデザインが多いですよね。例えばレクサスRXやNXは都会的でモダンなデザインです。アウドドアの匂いはしません。それに比べてV90クロスカントリーはダークグレーのフェンダーカバーのせいで、いかにもアウトドア!という感じがします。ドロで汚れた姿が似合わない都会派SUVと、似合うV90クロスカントリー。それでいて走行性能はワゴンに近いのですから、面白い車です。こうやって書いていると、私はこのジャンルの車好きだなーとしみじみ思いますねw

もうすぐ新型XC60が日本でも発表され、その後V60も出るのでしょうが、V60クロスカントリーなんてのが出てきたら・・・欲しくなっちゃうかも。

おまけ。私がV60の前に乗っていたXC70です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す