ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

クラブマン納車前にやること、納車直後にすること

calendar

reload

クラブマン納車前にやること、納車直後にすること

1月上旬に納車予定のクラブマンですが、それまでにやること、納車直後にやることをメモっておこうと思います。

まずV60に付いているサブウーファーを外すこと。次のクラブマンに移植したいのです。KICKER HIDEAWAY HS8というサブウーファーで、2016年2月に購入し、お世話になっている車屋さんで取り付けてもらいました。アマゾンで購入したので履歴を調べたら購入価格は45,000円でしたね。現在はもう少し安いみたい。この手のパワードサブウーファーにしてはちょっと高めの価格かと思いますが、アルミと思われるボディは非常に堅牢で見た目も良いし、ちゃんとドゥーンドゥーンと鳴ってくれるので気に入っているのです。サブウーファーは有ると無しでは全然違いますね。外す手配は取り付けてもらったお店で13日に予約しました。

次にスタッドレスタイヤ。これまたV60で使っていたミシュランX-ICE3を使う予定。納車後すぐにミニの純正ホイールにスタッドレスを履かせ、春までに好きな社外ホイールを購入し、新車時履いていたサマータイヤを履かせるという流れですね。スタッドレスタイヤは買ってから4年経過しているのですが、走行距離が1万kmくらいで溝はしっかりありますし、ヒビ割れも皆無。私の住む地域では雪が降るかどうかも微妙で、降ってもアイスバーンにはならず、路面は圧雪かシャーベット。なのでこのスタッドレスタイヤで凌ごうと考えています。後半ダメだと判断したら激安スタッドレスを買うかもしれません。

ミニの純正タイヤサイズは225/45R17で、V60のスタッドレスタイヤは215/50R17。タイヤの直径はデータによると前者が634mm、後者が647mmとなっており、ミニ純正は13mm小さいことになります。2%の差なので問題無いと思うのですが、ミニには走行中タイヤの外形をモニターしているセンサーがあるそうで、これがエラーを出さないかが少し心配なんですよね。出ないことを願おう。

スポンサーリンク

毎年この時期に自分でサマータイヤからスタッドレスタイヤに交換するのですが、今回は雪予報が出るギリギリまで粘るつもりです。予報が出たら事故を起こすのは嫌なので一旦スタッドレスタイヤに交換し、納車直前にサマータイヤに戻して引き渡すことになります。下がボルボのノーマルホイールに付いている4年前のX-ICE3ですが、溝はしっかり残っており、これを二束三文で売るのはもったいない!と思ってしまいます。

タイヤ交換ができたらボディのコーティングです。ミニのお店での見積もりに12万円のボディコーティングが入っていましたが、あまりに高いのでこれはカットしてもらいました。私はボルボの購入時にキーパーラボのタイヤモンドキーパーを施工しており、これが気に入っています。料金はクラブマンだと55,000円くらいでしょうか。ダイヤモンドキーパーを気に入っているポイントというのは、下地のガラスコーティングの上に弱い被膜のコーティングをすることによって、ウォータースポットがこびりついた場合にはこの被膜を研磨し落とすことでピカピカになる点です。これは定期メンテナンスで8,000円程でやってもらうのですが、ウォータースポットが無くなり超ピカピカなボディになるのは気持ちいいもの。推奨としては1年毎ということですが、日陰に停まっている私の車は1年半でも大丈夫みたいです。

年末は仕事が忙しいので雪が降らないといいのですが、今年はどうでしょうか?最近やたら冷えるのでちょっと不安です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す