ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

M Performance カーボンインテリアトリムの問題

calendar

reload

M Performance カーボンインテリアトリムの問題

ホークアイのカーボン調シートは、製品そのものは良かったのですが、上手く貼れず悶々としていました。(その内容についてはこちら)そこで出てくるのがMパフォーマンスのカーボン・インテリア・トリムです。父が330eを買うと決まった時にプレゼントしようかと思っていたのですが、いかんせん値段が15万円以上もするので躊躇していたんです。カーボン調シートが良ければそれでいいやと思っていたのですが、思ったようにいかなかったので・・・ディーラーさんで注文し、取り付けてもらうことにしました。

ノーマルトリムはすでに取り外しているので、取り付けも自分でできるとは思います。しかし1つ心配な点があり、工賃を払ってでもディーラーさんにお願いすることにしました。実はすでに取り付け済みなのですが、心配していたことは的中し、今のところ完成ではないんですよ。どんな問題があったのかは画像を交えながらお話したいと思います。

3シリーズ用のカーボンインテリアトリムは7点セットで、真正面の横に長いパネル。右ハンドル車の場合、ハンドル右のエアコン吹き出し口周り。iDriveコントローラー周り。ドアハンドルカバー×4個、というものです。コントローラー周りとドアハンドルカバーはヘキサゴン柄シルバーだった部分がカーボンになります。真正面と右のパネルは、ヘキサゴン柄シルバーだった部分はアルカンタラ、グロスブラックだった部分がカーボンになる、というもの。

↑がノーマル状態。内側からツヤ無し黒、ツルツルシルバー、ヘキサゴン柄シルバーという感じで、下はグロスブラック。

スポンサーリンク

こちらがMパフォーマンス。グロスブラックの輪郭みたいなのが付きますが、土台はツヤ無し黒。ヘキサゴン柄だった部分がアルカンタラ、下のグロスブラックだった部分がカーボンになります。

パネルを外した時の画像ですが、これが助手席側。助手席側はトリムキットに含まれず、ノーマルをそのまま使うことになります。ここで問題が発生。マイナーチェンジ後(BMW的にはLCIと言うらしい)のモデルは左右両サイドのエアコン吹き出し口周りに台形のシルバー装飾が入るのです。前期型は黒。で、どもうMパフォーマンスのトリムは前期型がベースっぽいのです。となると運転席側のエアコン吹き出し口周りは黒くなり、助手席にはシルバー装飾が残る、左右非対称になるのではないか?と思ったんですね。細かい部分ですが、左右非対称なのは気持ち悪いもの。

その辺を営業さんに聞いてみたところ、電話でも私が言っていることは分かってもらえたみたいで、ノーマルのシルバーをMパフォーマンスの黒い部分と取り替えられると思います、と言ってくれました。ではお願いします、ということで注文してもらい、すぐ届いたのでさっそく車を預けて取り付けてもらいます。その時の代車が2シリーズ アクティブツアラーだったのでした。

しかし予想外に完了の電話がかかってこなくて、かかってきたと思ったら、「ノーマルからシルバーのパーツは外れるのですが、Mパフォーマンスのはめ込み穴に合わず、取り付けることができません」ということでした。そして営業の方の提案で、前期の助手席エアコン吹き出し口(黒)を取り寄せて、両方黒くするのはどうでしょう?ということなので、その方法でお願いすることになりました。もちろんこれは無料。

もともと左右非対称になるのが嫌だっただけなのでまぁいいか。でもどちらか選べるのなら・・・シルバーかなー。パーツが届くまで左右非対称で乗っているのですが、写真は次回、左右対称になってから本格的に載せたいと思います。ドリーを使って動画を撮り、こちらはすでにYouTubeにアップ済み。左右対称になってからとも考えましたが、オーナーしか分からないような違いだし、まぁいいかという感じです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す