ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

売却することになった嫁のスイフト(ZC11S)について

calendar

reload

売却することになった嫁のスイフト(ZC11S)について

12月25日にDJデミオが納車なので、そこで売却となる2代目スイフト(ZC11S)について。現在の嫁の車ですが、子供ができるまでは初代コペン(5MT)が愛車でした。コペンも助手席エアバッグがキャンセルできればチャイルドシートが付けられるのですが、確かキャンセルはできなかったと思います。(ヒューズを抜いたりすればできるかも)仮にキャンセルできたとしても子供を乗せたり下ろしたりが大変そうですし、このタイミングで買い替えることになったのですね。そしてMTで安い車ということで中古のスイフトとなったのです。

購入は4年前。2006年3月が初年度登録の車で、走行距離は28000kmでした。これをタイヤ4本新品のコミコミ53万円で購入。現在は47000kmです。

ZC11S(5MT)のカタログスペックは全長×全幅×全高が3755×1690×1535mm、車重1070kg、エンジンは1328ccの直4NAで、91psと12.0kgmというもの。燃費は16.8km/Lとなっており、ここだけは現行スイフトが23km/Lくらいあるのでかなり劣りますが、パワー的にはあまり変わらないですね。車重は現行スイフトが非常に軽いので、元々重くはない車をよく軽量化したものだと感心します。実燃費については12km/Lくらいだそう。

このスイフトのエンジン、たまに乗ると非常に静かで振動が少ないのに驚きます。音については外で聞いても室内でも静かですし、アイドリングから回していっても静かなんですよ。振動も同様で、ボーッとしていると4速で走っているつもりが3速で走っていたり。タコメーターがやたら高い数値を指していて、「あ、3速だった」となるのです。現代の直噴ターボエンジンって多少コロコロという音が聞こえますが、一昔前のエンジンの方が音と振動については静かで滑らかなのかもしれません。

サスペンスは流石に新しい車の方が良いですね。ウチのスイフトの場合は古いせいでダンパーがへたっている影響も大きそうですが、かなり柔らかく、段差を超えた後も一発で揺れが収まらず少しフワッとするんですよ。なのでちょっと高めのスピードでカーブを曲がるとグラっと傾き、車体が踏ん張っている感覚が薄く怖いのです。乗り心地という面では突き上げがソフトなので、飛ばさず乗るならこれはこれでアリかとも思えますが、やっぱりダンパーだけは弱いかな。

スポンサーリンク

2代目スイフトは世界各国で売るよう設計された車で、かなり古い車ですがISOFIXチャイルドシートが装着できるというのが大きなメリットでした。また前席のシートベルトの高さ調整ができるという珍しいコンパクトカーで、こういった部分は非常に親切ですね。

細かい部分ではウインカーのカチカチという作動音が非常に小さく、うっかりすると出したまま走っていることもありますw グレードが廉価版(たぶんXG)ということでステアリングはウレタン。コペンはレザーステアリングだったのでここは嫁も不満みたいでしたが、大丈夫、今度のデミオはサラサラしたレザーだし、シートヒーターも付いていますぜ!

内装はいかにもプラスチックという感じですが、変に高級に見せようとしないシンプルなデザインで好感が持てるものでした。メーターも見やすいですね。クラッチが独特の感触で、踏む時は軽いのに、リリースする時、ちょうど半クラッチが始まるあたりから反発力が強くなって跳ね返ってくるような気がするんですよ。なので油断しているとエンストしそうになります。嫁は慣れているのか上手くスタートするのに・・・シフトは軽くスコッと入るタイプで、その感触はかなかな良いです。たまに1速に入らない時があるので、その場合はクラッチを踏み直せばだいたいOK。その他にキーレスの電波が弱いのか、反応が悪いのは購入時からでした。

さてそんなスイフトもあと3日でお別れです。下取りはマツダディーラーだと8万円と言われたので、一応買取店でも査定してもらいましたが、こちらも最初は8万円。ちょっと粘って10万円になったのでそれでハンコを押してきました。中古車相場が30万円くらいなので、それ以上だと買取店も利益が出ないのでしょう。

スイフトは良い車だと思うのですが流石に11年落ちとなると足回りはへたるし、内装からもパキパキガタガタと音がします。そして廉価版グレードなので装備も簡素でしたが、デミオはテーラードブランなので上級グレード。嫁も試乗はしていますが、あの装備充実でガッチリした足回りの車が自分のものになり、自由に走れるようになるとどんな反応をするのか?楽しみですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す