ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ベスパ初の給油 加減が分からずガソリンが吹き出す

calendar

車でもバイクでも、納車されたらまずやること。それは給油ではないでしょうか。ベスパも燃料が少なかったので給油せねばなりません。給油口はシートを開いた後ろの方にあります。

キャップがプラスチックだけど強度は大丈夫?と疑いたくなる。ま、車もプラスチックだし、普段はシートの下だから紫外線による劣化も無いし大丈夫か。

このキャップを開けると燃料タンクです。入り口からタンクまでのパイプは10cmくらいでしょうか。車体を揺らすとガソリン面がユラユラ見える・・・が、どのくらい入っているのか初めてだと分かりません。ちなみにLX125の燃料タンク容量は8.2Lらしい。6Lくらいかと勝手に思っていたけど意外に大きいタンクなんですね。エンプティーランプが付くのは残り1Lか1.5Lくらいかな?

それからネットを見ているとベスパの給油は難しいらしく、上手くやらないと燃料が噴きこぼれることがあるそうな。実物を見てみれば納得です。口が小さすぎて給油ノズルをつっこんだら何も見えないんだもん。しかもシート下のトランクに給油口が近いのが怖いじゃないですか。ミスるとトランクがガソリンまみれになるかも。

油種はイタリア車ということでハイオクにしました。初めは慎重にやってみるか、ということでノズルをしっかりつっこみ、トリガーの引き具合は半分くらいでいこう。どうなるか記録する為に左手でアクションカムで動画を撮りつつ給油開始。

4秒くらいでストップしました。ノズルを抜き、中を見るとまだ入りそうに見えたので、ノズルを半分つっこみくらいの位置で再度給油。ここからは動画のキャプチャー画像です。(アイキャッチ画像もキャプチャー画像)

すると1秒くらいで・・・

スポンサーリンク

ドバッと噴き出したーっ!!!

が、幸いトランクの中には入らず、ボディーの左側が濡れただけでした。

やっちまったなーと眺めていると、みるみるうちに濡れた黒い樹脂部分が乾いていきます。ガソリンの揮発性すげぇ。ガソリンのかかった場所は見たところ完全に揮発しているっぽいし、マフラーは右側でガソリンには触れていないはず、ということでそのまま帰宅。もちろん帰宅後は濡れタオルでガソリンのかかった場所は拭きました。

 

噴き出したから給油はやめたけど、何リットル入ったんだ?と思いレシートを見ると、給油量は4.6Lになっています。給油前の燃料計は写真に撮っていないけど残り1/4くらいの位置で、燃料計が正確なら残り約2L、満タンにするには6.2L必要という計算なのに、実際の給油量は4.6L。随分少ない。これはつまり、燃料計が適当で燃料はまだ半分近く残っていた可能性と、給油の勢いで吹き出したけど実際には満タンになっていなかった可能性があるのではないか。給油後の燃料計は一応MAX付近を指していたけど、その後50kmくらい走らせたら燃料計は3/4くらいまで下がったので、後者の可能性が高そうだと考えました。

燃費が知りたいなら燃料は常に同じ量まで入れる必要があるので、次はノズルをしっかりつっこみある程度入れて、ストップがかかった後はチョロチョロ入れては中を見る、という方法でやってみよう。タンクが小さいので給油量が0.8L狂えば燃費も10%変わります。30km/Lが33になるのか27になるのか、あんまり変わらない気もするけど、こうしてネットにデータを残すからにはなるべく正確な数字を載せたいものです。何より噴きこぼれるのはもう嫌だw

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す