ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

生活に彩りを!街乗り快適仕様 スズキ クロスビーMZ 試乗

calendar

reload

生活に彩りを!街乗り快適仕様 スズキ クロスビーMZ 試乗

前回は外装と内装を画像で見てきましたが、今回は試乗してみてどうだったか?です。

まずドアの開閉音ですが、けっこう気密性が高そうなバムッという音で良し。後部のドアも悪くなく期待が高まります。地面からシート座面までの高さが少し腰を下ろしたくらいの位置で、乗り込むのは非常に楽です。シートは標準的な柔らかさで座り心地は良し。角度の立ったAピラーで見える景色は独特ですが、見切りは良く運転しやすいですね。

私の前に1人試乗した方がいたみたいで、アイドリング回転数は普通でした。まずは1リッター3気筒ターボエンジンの感触なのですが、大人しく運転していると音は静か、嫌な振動も無し。6速ATもショックなど一切無くスイスイシフトアップしてくれて至極快適。スズキ車得意の停止前(13km/L)アイドリンストップがさっそく作動しますが、この方式だと停止する瞬間の揺れが体感しづらく、燃費にも効きます。マツダのブレーキの踏み加減でアイドリンストップさせるかさせないか調整できるのもいいのですが、両方はできないのでどちらが良いかは難しいところ。ドライバーの意思を車に反映させられるマツダ方式と、燃費良し、揺れを感じづらいスズキ方式ですね。再始動も素早く揺れが少ないのでアイドリンストップに関しては完璧なデキかと思います。

交差点を左折し前が開けたので半分くらいアクセルを踏み込んでみますが、この時の加速はけっこう強力です。150Nmのエンジントルクで車重960kg、ATもアクセル開度に応じてシフトアップを遅らせてくれるのでイメージ通りの加速をしてくれました。モーターも50Nmあるので合計すると200Nmになるのですが、液晶ディスプレイをモーターアシスト表示にしていなかったのでアシストされていたかどうかは分からずです・・・イグニスに乗った時も思いましたがスズキのマイルドハイブリッドはアシストが自然で、どれくらいモーターが仕事しているのか?が体感できないんですよ。回転が上がるとエンジン音はけっこう聞こえ、その時の音質があまり気持ちいいものではないのがスイフトRStと同様で惜しいのですが、それは贅沢というものでしょうか。

スポンサーリンク

速度が上がってくると風切音が大きくなってきます。これはフロントガラスが立っているのとガラスの遮音性が低いのが原因だと思われ、高速道路になるとさらに大きくなるでしょうから、頻繁に高速道路を使う方はどれくらいの音になるか、おまわりさんに怒られない範囲でスピードを出してみてチェックすべき部分かと思います。

乗り心地&ハンドリングについて。サスペンションは少し柔らかめ。アスファルトの継ぎ目くらいは消してしまい、路面のうねりもわずかに感じるものの上手く吸収してくれ、車体の揺れも少なめです。また、サスペンションの動き出しは柔らかいのですが一定量沈むと張りが出てくるみたいで、低速からタウンスピードまでのソフトな乗り心地と、100km/hくらいの安定性を確保しているセティングだと思います。とは言っても基本は柔らかめのサスペンションなので高速道路のキツめのカーブでスピードが出ていると怖そう。長距離ツアラーとして使うことを想定するならサスペンションはもう少し固くても良いかと思いますが、それは普段クラブマンというサスペンションの固い車に乗っている私の感想で、一般的にはこれくらいが好まれるのかもしれませんね。

そんな乗り心地なのでコーナーリングも穏やかなものです。ハンドルを切る、ロールする、車が曲がり始めるという一連の動きはゆったりしており、ロールもそれなりにしますから、ロールと車が曲がるリズムに合わせてあげるのが気持ちよく走らせるコツですね。当たり前のことですが。無理に右へ左へとハンドルを切ると車体の上の方がグラングランし、「車に逆らってます!」という動きになって気持ちいいものではなりません。幸い動きは素直なので乗ればすぐにリズムは掴めそうで、ハンドルに伝わるタイヤの感触がちゃんとあるのもいいですね。パワステのアシスト量も適切。

コンパクトなボディで見切りも良く、パワー的に加速力は十分。アイドリンストップのデキが停止も再始動も良く、常時ONでもまったく気にならない。乗り心地もソフトで快適。ステアリングの感触もいいし、ブレーキも違和感無く自然にコントロールできる「街乗り快適仕様」というのがクロスビーの印象でした。ボディのカラーバリエーションも豊富だしインテリアデザインも楽しく、自分の個性を出す「選ぶ楽しさは」はかなりのものです。今後カスタムも盛んに行われるでしょうし、リセールも期待できそう。室内も広いので家族で使うにもいいですね。気になる点は風切音。高速道路を滅多に使わないのであれば問題ありませんが、頻繁に使う、しかも友人や家族と出かけることが多い場合には会話するボリュームを上げる必要があるかもしれないのでチェックポイントかと思います。細かいことを言えば室内のプラスチック感や加速時のエンジン音なども多少気になりますが、この楽しいデザインの車を生活に加えられることを想像すれば、それは些細なことです。毎日を楽しいものにしてくれそうなクロスビーでした。

関連記事 普通車になりデザインの自由度が増した!画像で見るスズキ クロスビー MZ

クロスビーを残クレで買うとしたら? 3年で残価37%、頭金50万で毎月約4万円

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す