ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

スズキ スイフト1.0RSt 試乗

calendar

reload

スズキのNEWスイフトに試乗してきたので、そのレポートです。
地元のスズキのお店は写真や動画をネットにアップするのはやめてくださいとのことなので、画像や動画は無し。私の経験では1/3くらいこういうお店がありますが、会社の方針なので仕方ありませんし、お店の厚意でやらせてもらっているので、文句を言える立場でもないことは承知しております。試乗だけでもさせてもらってありがとうという気持ちです。

さて、スイフトは2016年12月にフルモデルチェンジしています。試乗したのはターボの1.0RSt。ボディサイズとエンジンスペックは
全長×全高×全高 3840×1695×1500mm ホイールベース 2450mm 重量 930kg
1000cc直列3気筒ターボ(レギュラー仕様)102ps/5500rpm 15.3kg-m/4500rpm トルコン6速AT JC08燃費 20.0km/Lとなっています。

軽量化に力を入れたそうで、ターボは先代に無かったモデルなので正確に比較できませんが、平均して50kgくらい軽くなったのかな?そしてミッションが6速ATというのもいいですね。やはりCVTは好きにはなれません。
乗る前に1つ外観で触れたいのは、後ろのドアノブがピラーに隠してあるタイプだということです。個人的には実用性を求められるコンパクトカーは、普通の位置の方が良いと思います。C-HRくらい全体のデザインが派手なものは隠しドアノブもアリだと思いますけどね。

乗り込んでみると、メーターのデザインがいいですね。コントラストも高く見やすいです。エアコンの操作パネルもデザインされており、操作性も良いです。内装全体の質感としては並でしょうか。この辺はコンパクトカーというコスト制約のキツイクラスなので、上げようがないのかもしれません。しかしガッカリするほど悪くはないのでご安心を。
ドアの開閉音だけはどうにもならないのか、バン!という感じです。
あとシートが良いと営業の方が言っていましたが、これは悪くないけど普通かな、というのが正直な感想です。硬さはちょうどいいけど、フィット感はもっとほしいです。

スポンサーリンク

さて走らせてみると、豊なトルクでシフトアップもスムース。なので自然に加速し、巡航に入れます。この段階では静粛性も満足のゆくものでした。
15分程度の試乗でハンドリングについては多くは語れませんが、車重が軽いので、それを曲がり始めから感じます。動きが軽やか。乗り心地と巡航中の快適度というのは、軽い車は不利だと私は思っていますが、けっこうビターっと走ってくれますし、段差を乗り越えた時の動きもしなかやで、満足度は高いと思います。
1つ気になったのは、加速時のエンジン音。アクセルは半分程度踏んだつもりですが、それまで静かだったのに、ブオーッという音が室内を満たします。音質が良くないのでうるさく感じました。3気筒だからか、遮音が甘いのか、部品の精度なのか、ここは改善できるものならしてほしいものですが、巡航中が静かなだけ良しとしなければならないかもしれませんね。
急加速時に耳障りな音がけっこうするのは、友人のヴィッツに乗っても思うので、コンパクトカークラスではキビシイのかな?でも私の嫁のスイフト(2006年式)の1.2L MTはけっこう静かなんだよなー・・・
加速自体は軽い車重に100馬力ですから、けっこう速いです。

最後に価格について。1.0RStは170万円。セーフティパッケージとナビを付けると190万円くらいになり、登録費用などを含めたコミコミ価格になると210~220万円くらいになると思います。パワー、乗り心地、装備などから総合的なコストパフォーマンスを考えると、けっこう良いと思います。
特にパワー面で、軽ターボのスライドドア車と比較すると、あれって軽自動車でも940kgくらいあるんですね。それでエンジンが64psと9.5kg-mくらいで160万円すると思うと、このスイフトはメチャ走るし値段も同じくらいですからね。そりゃコストパフォーマンス高いですよ。スライドドア車と比較するのはナンセンスかもしれませんが、まぁ参考程度に。

というワケで、コンパクトカーという枠を超えた質感!とは言えませんが、十分納得できる走りと高いコストパフォーマンスで、良い車だと感じました。