ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

F54 クラブマン クーパーSD 1ヶ月乗った感想のまとめ

calendar

そろそろF54ミニ クラブマン クーパーSDが納車されて1ヶ月になります。走行距離は1150km。ここらで1ヶ月乗ってみた雑感をまとめてみましょう。

まず、乗ること自体が非常に楽しいです。私は車で通勤しており、クラブマンの主な用途も通勤ということになるのですが、基本的に仕事に行くのは嫌なもの。これがクラブマンだとウキウキになる!とまでいかないものの、けっこう楽しく行くことができて驚いています。帰りは夜ですが、室内のイルミネーションが楽しくエロい雰囲気もあり、これまた楽しい。

何がそんなに楽しいのかと言われると、まずエクステリアもインテリアもデザインが楽しい。乗り心地は固いけどハンドリングが俊敏。エンジンもパワフル。この3つですね。乗り心地は固いです。友人を乗せても「乗り心地固いね」と皆んな言うので、やはり固いのでしょう。ショックの角は丸く、体の芯までズドンとくるような下品な突き上げは無いので私には十分許容範囲ですが、ソフトな乗り心地を求める人にはオススメできません。

ついついスピードを出したくなるのもクラブマンの特徴で、15年以上ゴールド免許、温厚慎重派の私ですがV60の時より自制心を持って運転しないとスピードが出ていることがあります。要は少し飛ばした方がキモチイイのです。ガッチリした車体と足回り、パワフルなエンジンのせいでしょう。ディーゼルエンジンの音と振動はけっこう大きく、たまにBMW 330eをエンジンで走らせると「なんて滑らかで静かなエンジンなんだ!」と思えます。ミニのエンジンは言わずと知れたBMW製ですが、ディーゼルの振動をなるべく消そうという考えは無いみたいで、その振動も楽しめ、と言われているような気がしますね。無茶苦茶五月蝿い、振動するということは無く、ディーゼルの車に乗っていることを実感する程度ですから慣れてきますし、これはこれでアリだな、という感覚です。アイドリング時の振動だけはもっと軽減してほしいものですが。

燃費は通勤に使っていると車の表示で15.8km/Lといったところですが、一度給油したところ満タン法と車の表示の差が非常に大きく、満タン法だと12%も低い14km/Lとなりました。今後もこの差はについては調べていきますが、今回は満タン法の14km/Lということで話を進めていきます。V60の時は燃費が10.2km/Lくらいでした。つまり燃費は約37%良くなり、しかも燃料はハイオクから軽油になっています。100km走行時の燃料費は、単価がハイオク144円、軽油113円(最近やたら高い)の場合、V60だと1412円、クラブマンは807円と4割以上安く上がることに。適当にアクセルを踏んだり加速を楽しんでも燃料費が安いこと分かっているので、これがついついスピードを出してしまう原因の1つでもあります。

スポンサーリンク

タイヤは現在スタッドレス。納車直後の15kmくらいはサマータイヤ(BSのトランザだった)で走行しましたが、その感覚は覚えていません。スタッドレスはV60で使っていたミシュラン X-ice3をハメ替えて使っていますが、X-ice3はドライ路面での快適性の高さが気に入っているので、トランザになってもハンドルが重くなる以外、大人しく乗っていれば静粛性や乗り心地にそこまで大きな変化は無いのでは?と思います。しかしグリップは感触も実際の力も良くなるでしょうから、春になるのが楽しみですね。

家族5人で京都へも行き、この時高速道路を往復200kmくらい走ったのですが、高速道路でのラクさというのはV60が上。V60の方がぼーっとしていても真っ直ぐ走り、どちらかに寄っても修正が一発で決まるのに対して、クラブマンはハンドリングが過敏で微妙に右へ左へ修正している時間が長いような気がしました。乗り心地もクラブマンが跳ねるワケではありませんがV60の方がフラットでロードノイズも静かと、楽な車の条件を完全に満たしていますね。タイヤがスタッドレスなので、サマータイヤになったら再度走らせ、ちゃんとした評価をしたいところです。これについても大きく変わらない気もしますが・・・それからすぐ痛くなる私のお尻は片道1時間半、観光を少し挟んでトータル3時間くらいの運転ならOKだったので、シートの固さ(ミニのシートはかなり固め)というのはお尻の痛さには直結しないんだなーと実感しました。

ボディカラーのピュアバーガンディー×ブラックルーフについては非常に気にっています。前にも書きましたがバーガンディーにはシルバールーフの組み合わせが多いそうで、実際にバーガンディ×シルバーのクラブマンを見かけることはあります。しかしブラックルーフを見かけることはなく、ネット上にも画像が少ないですね。当たり前ですが私はブラックルーフの方がカッコイイと思っており、ついでに人と被らないのですから最高です。

手短にまとめましたが、クラブマンを選んで良かったか?と聞かれれば、答えは勿論YES!見ても乗ってもデザインと走りは楽しく、少々乗り心地が固いのは承知の上ですし、私には許容範囲内。高速道路でのハンドルの修正が多い点は慣れが解消するのか、片道4時間とか運転すると疲労として蓄積してくるのか、もう少し観察してみることにします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す