ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

F60 クロスオーバー JCW の外装をチェック

calendar

今回はF60 クロスオーバー ジョンクーパーワークスをエクステリア中心に見ていこうと思います。試乗車のボディカラーは専用色のレベルグリーンソリッド。レッドルーフはJCWのみ選べるのでこちらも専用なワケですが、気持ち悪い車になりそうな緑×赤という組み合わせも似合ってしまうのがミニの恐ろしいところですな。

正面からだとバンパー形状、グリルの赤いライン、エンブレムが通常モデルと異なるものになり差別化されています。ボディサイズは完全に同じなのでフェンダーなどは変更無しみたい。

クーパーSD ALL4と並べてみましたが、バンパーとホイールの違いからJCWはゴツく見えます。ボンネットとサイドのストライプも効いているかも。尚ホイールはオプションの19インチ(146000円)になっています。ノーマルホイールは18インチ。

次は真横。

フェンダーのエンブレム、ホイール、ストライプ、ドア下のモールがグロスブラック(クーパーSDは半光沢のシルバー)が異なるだけですが、不思議とJCWの車高が低く見えます。モールがブラック化したのと、ゴツいデザインのホイールのせいでしょう。赤いブレーキキャリパーは専用品でフロントは対向4ポッド!ただしディスクはツルっとしたままなので、ここはドリルタイプが欲しいところですね。

真後ろ。

スポンサーリンク

派手な音を轟かせるノーマルマフラーですが、見た目は普通と言えば普通。レベルグリーンソリッドはけっこう濃い緑といった色ですが、往年の英国製レーシングカーをイメージしたもので、BMWグループになったとは言えミニには似合います。

少し手ブレしましたが、ペダルは標準でこれなのかな?と思ったら、アクセサリーでした。3点セットで35000円くらい。下は私のクラブマンがパチモンのペダルカバー(9000円くらい)を付けたもの。ほぼ同じですね。

内装はあまり撮っている時間が無かったのですが、珍しいオプション(アクセサリー)が付いていたので触れておきます。上の画像の装飾パネルには縞模様が入っていますが、その縞ではない部分が1mmくらいの幅で光るのです。夜には光の縞模様ができるワケですね。画像の状態でも光っていますが、ボンヤリした光り方なので見ることができません。しかし手で囲って目を近づけると確認できました。イルミネーションリングやアンビエントランプと同期しており、好きな色(10色くらい?)にすることが可能。別々の色にすることはたぶん不可。夜には良い雰囲気になりそうです。価格は載っていなかったのですが、20万くらいはするんでしょうね・・・でもいいなー・・・

クロスオーバー ジョンクーパーワークスの主に外装を見てきましたが、他モデルと比べて大きな違いは少ないように私は感じます。その分エンジンパワーや足回りの強化にコストが回されているみたいですね。ブレーキ強化もその一環。ちょっとオプションを足すと600万円になってしまう価格ですが、カッ飛びSUVというのは他にライバルが存在せず、独自の魅力を持った車であり、ならば600万円もアリなのかもしれません。いや、でもちょっと高いかな・・・それはミニ全般に言えることですがw

関連記事 こいつはSUVのカタチをしたマジスポーツカーだ!F60 JCW 試乗

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す