ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

カジュアルだけど安っぽさ皆無!XC40 T5 Rデザインを画像で紹介

calendar

T4モメンタムの見積もりT5 AWD Rデザイン ファーストエディションの試乗に続き、写真でXC40を見ていきましょう。

XC40は基本的に直線で構成されるシンプルなデザイン。キャビン部分はXC60よりもギュっと圧縮さたように見えますがボンネットは水平基調で長いので他の車とは違ったバランスに見え、そこが面白く独特の雰囲気を出しています。フロント部分は逆傾斜のように見えるグリルと、そこから出っ張るバンパーによりちょっとしたゴツさも見て取れます。このフロントのゴツさとリヤガラスの後方がカクっと上がって終わる視覚効果でカジュアルさ、道具っぽいギヤ感が生まれると思うのですが、それらの要素のバランスが取れているように思えます。カジュアルすぎると安っぽく見えることもありますし、ゴツすぎるのはボルボの目指すところではない。洗練されたデザインもいいけど小型SUVとしてのアクティブさは欲しい。そういった要素をバランスさせ、さらに何にも似ていない「これぞボルボXC40」というデザインが具現化された素晴らしいデザインだと思います。

XC60には正統派のイケメンデザイン。共通点は強いプレスラインは入れず、シンプルなのに美しく見えるデザインという点ですね。前後のバンパーとフェンダーがボディ同色なのでスマートに見え、これが黒い樹脂になると一気にカジュアルに見えます。

ドア下部にある「凹み」は実物を見ると想像以上に深いです。BMWやVWのように強いプレスラインを前から後ろまで入れる手法とは違った思想で面白く、ギヤ感の演出に一役買っています。また全長4425mmに20インチホイールは非常に大きく見えますね。これも独特な雰囲気を醸し出す要因の1つだと思われ、モメンタムを買って18インチホイールになると「んー、なんか違うな・・・」となってしまうかも?

キャビン後方が絞られ、その分フェンダーが出っ張っているので車全体が安定して見えます。そのフェンダーも直線的で、線の少ないシンプルな斜め後ろからのルックスにちょっとしたゴツさのスパイスを効かせます。私はこの斜め後ろからの眺めが好きで、XC40が一番カッコ良く見える角度だと思いました。そうそう、XC40のリヤドアの一番長い部分はかなり高い位置にあり、ドアを開けると顔に近い位置をドアが通過するのでちょっとビビりますw

真後ろから見るとさらにキャビンの絞りの強さ、フェンダーの出っ張りがよく分かりますね。ボルボの定番である縦長テールランプも上手くデザインに馴染んでいます。個人的にテールゲート部分にテールランプがかからないXC40のデザインが好きで、XC60もこういうテールデザインだったら良かったと思うのですが、どうでしょう?

上はXC60を斜め後ろから見たところ。

斜め後ろからボンネットを見るとレンジローバー スポーツっぽく見える?

特徴的なT字のデイライト。町中ではマイナーチェンジ後のV40をよく見かけますが、ボルボだと一発で分かるし、カッコイイ、良いデザインを選んだなーと思います。このデイライトは全体的になだらかで綺麗な線のV40よりもXC40はさらに似合うと思います。

続いてインテリア。

Rデザインなので黒基調に白いステッチが映えます。モニターはサイズや中身が他のボルボと共通なので、車体の小さな(それでも全幅は1875mmもある)XC40の場合は大きく感じ、XC90やX60よりも「いい感じ」のサイズ感だと思います。この感覚に慣れるとXC90でこのモニターサイズは小さく感じてしまうので、解像度はそのままでいいからサイズだけは大型化して差別化されるといいなーと思う反面、同じ部品を使っているからコストダウンできるワケで、難しいところです。尚XC40ではエンジンスタートスイッチが他の新世代ボルボとは異なり、モニター右下のプッシュボタン式となりました。シフトレバー付近にあった捻るダイプは面白かったので、なんとかそっちを採用してほしかったところですね。

シフトレバー周辺。エンジンスタートスイッチを付けるには、パーキング関係のスイッチをどこかに動かす必要がありそう。シフトレバーは電気信号を送るタイプになり、短くコンパクトなものになりました。インスクリプションだとクリスタル風のノブになるのがシャレてます。

シャレていると言えば電子キーですよ。(ピンボケですみません)新世代ボルボ共通のデザインで、シートと同じレザーが貼ってあるのはRデザインだから?ファーストエディションだから?ハッキリは分かりませんが、レザー貼りになったこのキーのセンスは普通の高級車の中でブッ飛んで良し!これを超えるのは実物見たことないけどベントレークラスになってしまうので、そこまでいくと「キーまでカッコ良くて当然」なのです。

上はV90インスクリプション、下はXC90モメンタムのキー。クラスは上のXC90でもモメンタムはプラスチックが標準なんですね。

Rデザインのカッティングエッジ アルミニウムパネルは「良いのか悪いのはよく分からない」というのが正直な感想です。黒とシルバーなので室内の雰囲気には合っているんですけどね。私の好みでいくと、この装飾パネル部分は凹ませず他の面とほぼフラットな方がすっきり見えると思います。装飾パネルの上にはアンビエントライトが仕込まれており、夜見ると印象が変わるかもしれません。しかしライトの色は白のみということで選べないのが光モノ好きには残念な部分。エアコンの風の向きを調整すると、シルバーのフレーム全体が動くのは面白いですし、ツマミは上級クラスと共通なので質感高し!

下はXC60。エアコンの風の向きを調整するノブの形状は同じですが、ルーバーのデザインが変わりました。XC40の四角いシルバーフレームのような調整部分はセンスが良いですな。

次はXC90モメンタム。モニター付近のデザインがかなり違うことが分かります。そう言えばXC90とXC60はアクセルペダルがオルガン式ですが、XC40は吊り下げ式でした。ということは時期V60がオルガン式、V40は吊り下げ式になるんでしょう。

スポンサーリンク

ではXC40に話を戻します。

シルクメタルと呼ばれる半光沢のシルバーパーツは質感し。恐らくプラスチックにコーティング?塗装?したものだと思いますが、金属を磨いたような質感でブラックレザー、ホワイトステッチとの組み合わせは純粋にカッコイイものでした。

後部座席ドアのドアを支える部品は鋳物のブロック。当然前席ドアも鋳物ブロック。この画像は運転席のドアを開き撮影したものですが、ブロックの頭のネジがむき出しなのはなぜ・・・?ここはボルトで締めてあるのでは・・・?

オーディオのボリューム調整ダイヤルが鎮座するモニター下。物理スイッチはこれだけで、あとはエアコンの温度や風量なども全てモニター内で行う、というのは新世代ボルボの共通点。先進的ではありますが、一番よく操作するのはオーディオボリュームではなくエアコン関係だと私は思っています。なのでエアコンの温度と風量調節を物理スイッチにしてほしいのですが、どうでしょうね。

収納や使い勝手にも拘ったXC40はグローブボックスの蓋の端に収納式のコンビニフックが付いています。グローブボックスを開き、フックを折りたためばスッキリ収納可能。

運転席に隠された小物入れ。容量は少ないですが、緊急用に小銭入れとか入れておくといいのかも。

センターコンソールのアムレスト部分前方にはダストボックスが。

スプリング式の蓋付き。蓋の周りを取り外すこともでき、ビニール袋を被せることもできますし・・・

ボックスごと取り外すことも可能。

こちらは後部座席のシートですが、座面の外側に三角形の小物入れがありますね。

後部座席の足元はかなり広くて驚きました。アップライトに座るSUVタイプが有利な部分でしょうか。バックレストはやや立ち気味で良い姿勢で座らせるタイプ。

運転席のドア。スピーカーが無いので大容量。ウーファーがダッシュボードの中にあるそうで音がこもらないか心配になりますが、特にそういう感じはせず、むしろクリアな良い音に感じたくらいです。低音はどこで鳴っているか分かりづらいのでダッシュボードの中でも振動対策さえすれば可能な気がしますが、中音域はどこから出しているのか不明。オレンジの内装はRデザインにオプションのLavaオレンジ。

最後にトランク。全長がコンパクトに見える割には意外に奥行きアリ。床下にはトノカバーをすっぽり収納することが可能です。

ボディーサイズ的にはティグアンが近いので画像を並べてみましょう。ティグアンのグレードはRライン。

こうして見るとティグアンは正統派と言うか、奇をてらわないデザインなのに対して、XC40はフロントもサイドガラス後方の処理もかなり冒険しているなーと思います。

ホイールサイズがティグアン18インチ、XC40は20インチと2インチ差あるので足元のゴツさはかなり差があると思います。また、15mmづつですが全幅が広く全高の低いXC40が視覚的にそこまでワイドに見えないのはテールランプが縦長だからでしょうか。それとも黒いバンパーの幅が狭いからかな。ティグアンも上手く安定感のあるルックスに仕立ててあるのが分かり、改めて画像を並べて(角度が違うのは残念ですが)考えてみるのは面白いものだと実感しました。

というワケでXC40のデザインはなかなかに挑戦的ですが大成功だと思います。カジュアルなデザインなんだけど安っぽさは皆無。高級すぎず、適度な道具感もある。だから海や山へ出かけてちょっとした悪路を走らせ、泥で汚れてもサマになるように思うんですよ。XC60が泥で汚れているのは似合わない気がします。それでいて都会の町並みにもしっくり来るように思え、カジュアルさと高級さのバランスが上手く取れたデザインだ、というのが私の考えなのです。これで価格までカジュアルなら言うこと無しなのですが、T4 モメンタム AWDでも500万円くらいしちゃうんですよね・・・上級クラス譲りのハンドルまで制御するクルーズコントロールが付いているのは魅力なんですけどねー。500万かぁ・・・

この記事をシェアする

コメント

  • コンビニフックとか小物入れとかこんな装備がついてるとは意外で好感が持てますね。
    どうも寸詰まり感があるので個人的にはXC60がいいかなとは思いますが、
    よくよく考えたらどっちも買える値段じゃなかったか!
    わはは!!!!!

    by のん 2018年5月27日 1:58 PM

    • こんにちは!
      コンビニフックや小物入れが少ないのが輸入車の特徴でもあったのですが、XC40は数が多いし使い勝手も良さそうです。
      さらに「ここにあります!」ということが無く、普段は格納されているのでスッキリしているのもいいですね。
      寸詰まり感は確かにあります。そこを面白いと捉えるかどうかでXC40の評価は変わってくるところですなぁ。
      XC40とXC60は納車が進んでいないので中古車も少ないと思われ、もしかすると2、3年後も高値維持かもしれませんねぇ。なんだかんだ言って新車は高いので300万前後の中古車がわんさか出てくると嬉しいなー!

      by mumu 2018年5月29日 8:54 AM

down コメントを残す