ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

BMW 330eのキーにはエアコンの遠隔操作をする機能があった!

calendar

reload

BMW 330eのキーにはエアコンの遠隔操作をする機能があった!

BMW 330eのエアコンタイマーで設定時間を過ぎても車に乗らなかった場合、何分でキャンセルされるのか、というのを知りたくて説明書を読んでいたら、驚愕の事実を知りました。それは、リモコンキーでエアコンをONにできるということです!全然知らなかったわ!この機能があれば、昔書いた「エアコンをかけて車を降りるとシステムがOFFになる問題を解決」というのはほぼ無意味になりますね。ちなみにBMWやMINIの説明書はスマホでアプリをインストールし、車体番号を入れるとその車の説明書が読める、というもの。購入した車両の機能がだいたい反映されるので、例えばクルーズコントロール機能が無し、一定速度のみ、アダプティブクルーズコントロールの3種類あるとして、無しの車には他の2つの説明は不要ですよね。これが紙の説明書だと3種類共記載することになるけど、スマホアプリで車種別の説明書なら必要ない項目はカットできるのです。当然アダプティブクルーズコントロール付きの車両にはそれ用のページが追加されますし、語句検索もできるし(ちょっと精度が悪いけど)、良いことが多いと思います。

まずは330eのキーを見てみましょう。トランクオープンボタンの下にダイヤマークのボタンがありますね。今まで何のボタンか気にしたことがありませんでしたが、このボタンこそパーキング エアコンディショナーのスイッチです。説明書によるとバッテリーが十分にあれば30分エアコンを作動させることが可能とのこと。前回、エアコンタイマーで真夏の夕方6時車に24℃になるよう設定したら20%のバッテリーを使ったと書きましたが、炎天下で30分使うと40%くらい使うかもしれません。暖房は試していませんが強烈に電気を使うので50%くらい覚悟した方がいいかも。ま、それは30分フルに使ったらの話なので、10分なら10〜20%くらいで済むかと思います。

使い方は、ダイヤマークのボタンを1秒長押しするだけ。これでバッテリーによりエアコンがかかります。温度は車を降りた時の設定温度でしょうね。当然ですが使える範囲はキーの電波が届く範囲内のみ。スマートフォンとネットを使ったコネクティッドドライブとは違うので、使える範囲は狭く遮蔽物も大いに関係するのは仕方ないところ。要はリモコンキーでドアロックができる距離です。それから作動してもキーがバイブレーションしたり車のハザードが点灯するというアクションはないので、遠くから「エアコンついたかな?」というのを確認する術は無し。これは残念で、やはりハザードで確認できたら良かった。近くならファンの音で動いたのが確認できますが、ボタンを押してからファンが動くまでには5秒くらいのタイムラグがありました。消費するバッテリー量は設定温度とその時の暑さ次第なところがありますが、10分間作動させれば冷房はけっこう効き、その時のバッテリー使用量は10~15%くらいではないかと思います。また、このボタンによりエアコンONはできますがOFFにはできないので、一旦ONにした場合は車に乗り込みシステムを起動するか、30分放置するまでエアコンは動き続けることになります。

余談ですがリモコンキーの電波到達距離は頭の上で両手でマルを作り、その状態でボタンを押すと伸びる、というのはご存知でしょうか。右手でキーを持ち、左手で右手首を握る。その状態でボタンを押すと、体がアンテナの役割をして電波の到達距離が伸びるというものです。330eのキーで実験してみました。エアコンは遠くから確認できないのでドアの施錠と解錠にてハザードが点灯するかを目視する方法で。驚いたことに車にキーを向けてボタンを押すだけで100mくらい(目測ですが)離れても反応します。では腕でマルをを作るとどうかと言うと、20mくらい伸びたかな?という感じでした。それからもう1つ発見したのは、キーには電波を飛ばす方向があるということ。下の画像の様にキーホルダーを付ける穴を車に向けることで100mが達成でき、反対(キーの絵柄が正しく見える向き)にすると50mくらいまで到達距離が落ちるのでした。というか最初は絵柄が正しく見える向きで徐々に離れながら実験していたのですが、思ったよりも早く反応しなくなったので、試しに向きを変えたらメチャ遠くまで反応したのだったw

スポンサーリンク

そういうワケで、車がちょっと遠いな、という時にはキーホルダーホールを向けてボタンを押しましょう。

330eは基本的にアイドリングは一切しない車なので、例えばショッピングモールで買い物をして車に戻り、室内が超暑い時にエアコンをかけ、車を降りて待つ、ということができません。それをやると運転席のドアを開けた時点で走行スタンバイ状態が解除されエアコンが止まります。対策としてはパーキングポジションでアクセルを踏むことで強制的にエンジンがかかりアイドリングできるので、その状態ならドアを開けてもエンジンもエアコンもかかったままとなるのですが、このアイドリング、5分くらいしていることもあれば、1分くらいで停止することもあるという不思議な仕様。そんな問題をパーキングエアコンは「いちいち乗り込まなくて良い、無駄なアイドリングをしない、未来的でカッコイイ」と見事なまでに解決してくれました!バンザーイ!

メチャクチャ暑い日で、しばらく運転して車内が冷えたけど30分車を離れる必要がある、なんていう時には、ドアロックした後いきなりパーキングエアコンを作動させ、車から離れている間エアコンをかけっぱなしすることも可能です。暑くなった室内を再度冷やすよりも、温度をキープしておく方が電力を節約できるかも理論。(追記:コメントにて教えてもらったのですが、キーによるリモートエアコンを使わなくても車を降りる際、電源ボタンを1回押すとメインモニターにgood-byeの画面が出るのですが、ここでパーキングエアコン起動にチェックを入れることでドアロックしてもエアコンをかけっぱなしにすることが可能でした)パーキングエアコンとエアコンタイマーを使いこなせばリモートサービス無しでも様々な場面で快適空間を作れるのではないでしょうか。無論リモートサービスが非常に便利なのは言うまでもないですが、車が見えていて確実に電波が届く範囲ならキーで起動した方が手っ取り早いこともあると思いますし、加入していない場合には非常に有用な機能です。大型バッテリーを積んでいるPHVならではの機能なのでどんどん使っていこうと思います。530eや225xeアクティブツアラーも同じように使えるはず。MINIクロスオーバーPHVも使えるかもしれませんね。いやー、たまには説明書も読んでみるものですなぁ。

関連記事 BMW330e エアコンタイマーの活用法

この記事をシェアする

コメント

  • クルマを降りるときにエアコンをそのまま付けっぱなしにしたい、という場合にはシステム電源を落としてドアロック後にリモコンでエアコン起動、としなくても、電源ボタンを1回押したときにiDriveモニタに表示されている「Good Bye」の画面の「エアコンオン」というチェックボックスにチェックを入れてやると、即座にエアコンが再起動してくれますよ(^^) ワタシの330eはiDriveがひとつ旧式のNBTなので、最新のiDriveの画面とは少し違うかも、ですけど。
    チェックボックスをチェックしてからもう一度電源ボタンを押し、システム電源を完全OFFにしてからドアを開けて降車、というわけです(^^)

    by ろくむし 2018年7月31日 10:08 AM

    • 車を降りる際、電源ボタンを1回押した時の画面ですか。どんなだったか覚えていない・・・w
      何かメッセージは出ていた気がするんですけど、エアコン関係の言葉は無かった気がします。確認しなきゃダメですね。
      でもそれでエアコンONのまま車を離れることができるなら便利ですなぁ。

      by mumu 2018年8月1日 9:25 AM

    • 確認したら、エアコン起動にチェックを入れる画面が出ていました。今までまったく気にしていなかったですねw
      ろくむしさんには色々教えてもらえて助かります。記事も追記で付け足しておきました。

      by mumu 2018年8月8日 9:47 AM

down コメントを残す