ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

クラブマン ちょっとだけ事故りそうになる

calendar

reload

クラブマン ちょっとだけ事故りそうになる

タイトルが大げさですが、危うく接触事故を起こしそうになりました。今日は嫁さんのデミオの1年点検で、その点検には1時間ちょっと時間がかかるのでデミオとクラブマンの2台でディーラーへ行き、クラブマンで2人で帰る、点検が終わったら嫁さんをディーラーに送る、という流れでの帰り道の出来事です。ディーラーから道路に出た直後なので私の速度は30~35km/hくらいだったと思います。今回の画像はドライブレコーダーの動画を静止画として取り出したもの。

信号が黄色なのは点滅信号だからで私が強引に交差点に進入しているワケではありません。この位置からは映っていませんが横方向は赤の点滅となっています。

左からシルバーのコンパクトカーが出てこよう(たぶん右折)としています。ドライバーはこちらを見ていた気がしますが、画像からは確認できませんでした。そしてそのままノロノロと前進してくるので私はアクセルから足を離し・・・

フルブレーキ。

スポンサーリンク

ABSでペダルがガクガクし、軽くタイヤを鳴らして完全に停止。相手もこの段階ではブレーキを踏んで停止しています。30km/hでも制動距離は車1台半くらい(6m)となり、久しぶりに思いっきりブレーキを踏みましたが思ったより最後が止まらないなぁと感じました。スタッドレスタイヤを履いているのでサマータイヤならもう少しギュっと止まったかも。

静止画では点滅信号かどうかは分かりませんが横の信号が赤なのは分かりますね。この後私は少し右にハンドルを切りつつ前進して通過しましたが、「もしかして俺の方が信号無視だったか?」と右の信号を確認すると赤だったので私の見落としではなかった!今回は速度が遅かったので確実にぶつかる前に止まれるとブレーキを踏みましたが、これが50km/hくらい出ていたら私はどうしただろうか?と考えると・・・どうだろう?止まれるかどうかはブレーキを踏むポイント次第ですが、たぶん止まれないのでハンドルを右に切って回避したかなーと思います。まぁそれ以前に出てきそうな気配があれば少し速度を落としつつ交差点に接近していたかと思いますが。

みなさんも年末年始の運転にはご注意ください。慣れない場所を走っている他県ナンバーの車も、運転そのものに慣れていないドライバーも増えますから、怪しい動きをする車には注意して事故の無いドライブをしてくださいね。

追記:コメントをいただき、ドラレコの映像を見つつ相手のドライバーの心理を推理してみました。ディーラーから出る時、車が2台(青い車が2台目)通過してから私は車道に出てきているんですね。対向車はずーっと無し。画像を見れば分かりますが、相手のコンパクトカー(以後Aさんと呼びます)からの見通しは良い。実はこの見通しの良さが仇となっているのでは?と考えました。Aさんは右から車が2台来ている、左はクリアというのを確認し、「あの2台が通過したら右折しよう」と考えた。しかし3台目となる私がディーラーから出てきて、Aさんは2台通過した後、右側を確認せず出てきた、という推理です。当たっている気もするし、画像を見ると青い車が通過してすぐにAさんが出てこないので左右を確認しているようにも見え、単純に確認不足かぼーっとしているだけにも思えます。ま、当たっているかどうかは問題ではなく、相手の心理を推測して今後の予防安全の糧にするのが大切なのだからいいか。

この記事をシェアする

コメント

  • いや〜無事で何より。 事故はたとえ相手が100%悪くても自分の車もキズモノになりますし、最悪の場合、自分に過失が無くても自分がケガしたり、同乗者にケガをさせてしまったりすることもありますからね。事故して何もいいことなんてありません(たとえ相手から慰謝料をふんだくることができたとしても、基本的には割に合わないことだと思いますし)
    年末年始、ホントに普段以上に怪しい運転スキルのドライバーが路上に出てきますし、いつも以上に用心しないと、ですよね。
    ところで今回のこのフラフラと左右確認せずに出てきたクルマ、ひょっとしたら何らかの「理由」があったのかもしれません。
    というのも、ワタシもよく似たシチュエーションに出くわしてフルブレーキで事故を回避した経験があるからなんです。この場面に遭遇したときには「左右確認もせずにフラフラと出てきやがって! なんてヘボなドライバーじゃ!」と心底ハラが立ったのですが、あとからドラレコを見直してみると、相手がフラフラと出てきた明確な「理由」が分析できたんです。なるほど、そういうことか、と。
    このときのドラレコの動画とワタシなりの分析内容はこちらから。
    https://minkara.carview.co.jp/userid/158636/blog/25185753/
    この動画に限らないですが、ほかにもワタシの嫁さんのクルマに取り付けられたドラレコが捉えた追突事故の動画なんかでも、なぜ相手が嫁さんのクルマに追突してきたのかが、あとからじっくりと観察してみるとその理由が分かったりするので興味深いです。
    あとからドラレコの映像をつぶさに見直すことで、いろんなことが見えてきて、今後の予防運転に活かすことができるの、そういう意味でもドラレコってとても有効なアイテムだと思います。
    それから、こういう分析のときにもとても有効なので、ドラレコはフロントとリア、2台取り付けるとベストだと思います(^^)

    by ろくむし 2018年12月28日 7:29 PM

    • ありがとうございます。事故を起こして良いことなんてなにもないですから、回避できて幸いでした。

      ろくむしさんのドラレコ動画、何度か見させてもらいましたが、まず、「ナイスブレーキ」だと思いました。瞬時に躊躇なくフルブレーキする、これがやっぱり大切ですよね。そして事前に危険な交差点であり、横から車が出てくるかもしれないという心構えができているからこその反応速度だと思います。
      しかしあの交差点は怖いですね。ろくむしさんが走る方向の信号で流れが止まれば横からも出てこれそうですが、そうでないと非常に出づらいし、もう中央分離帯つなげて右折禁止にした方が諦められる気がします。

      出てきた軽バンが止まらず右折してきたら横っ腹に当てられていた訳で、相手も「車が来るかも」という気持ちがあったのでしっかりブレーキが踏めたのでしょうね。

      おっしゃる通り、ドラレコの映像を見直して相手の動きと心理を推測するのは予防安全に有効だと私も実感しました。リヤにも付けたいところなのですが、それよりも嫁さんのデミオのフロントに1台付けるのが先かなぁ。

      by mumu 2018年12月29日 1:36 PM

down コメントを残す