ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

PSVR ビートセイバーが超絶面白い

calendar

reload

PSVR ビートセイバーが超絶面白い

今回はPSVRのゲーム、Beat Saberの話。メチャクチャ面白いです。グランツーリスモのVRモードは酔うし、テトリス エフェクトも綺麗だけどそこまで満足できるものではなかったのですが、「これは面白い!」と心底思えるゲームに出会えた感じです。

何がいいかって、まずルールた単純なこと。向かってくブロックを指定された色と方向に切るだけですから、特に説明を受けたり複雑なボタン操作を覚える必要は一切無し。そして酔わない。ブロックが時々離れた場所に飛んでくるので、半歩くらい左右に動くこともありますが、この程度なら酔いません。

両手に持ったモーションコントローラーがレーザーブレードとなり、飛んでくるブロックをぶった斬る。体の動きとブレードの動きは見事にリンクし、例えば腕を振りつつ手首を返すとような動きにもキッチリ反応するので本当にレーザーブレードを振り回している気分になります。ブレードを振った時の残像エフェクトも綺麗ですし、ブロックを斬ればコントローラーが振動するのも気分を盛り上げます。コントローラーが振動するだけなんてチャチなものかと思いますが、実際にヘッドセットを付けて音楽にノッてブロックを斬っていると、斬った時の効果音も相まって気分が高まるのです。

ノリノリな外国人のプレイ動画を1つ載せておきます。大げさにプレイしているように見えますが、これが楽しいし高得点が出るのです。

この動画はPSVRではなくPC版。このようにプレーヤーとゲーム空間を視聴者に見えるよう編集するには、現実の背景を緑のスクリーンにして、撮影カメラとゲームを同期させるのだと思うのですが臨場感があって良し。ライトセイバーの残像がカッチョイイのもよく分かります。

難易度が選べるのも良いですよ。簡単すぎるとかったるいので、そこそこの難易度でやった方が気持ちいいです。私的には中間のハードがギリギリついていける範囲なので、いつもハードでやっていますが、その上のエキスパートはついていけずクリアするのが不可能。練習しなければ無理です。2本のブレードを使わず1本(ブロックが1色になる)でプレイしたり、斬る方向は無しで色のみ指定のモードもあります。上の画像で難易度の上に剣を2本持った人のアイコンとサイコロの1の目みたいなアイコンがそれ。この曲は通常モード以外に方向無しモードが遊べる、ということ。1本モードは剣を1本持った人のアイコンが出ます。これが簡単になるかと言えばそうではありません。1本だとブロックが左右にエゲツない数出てきたり、方向指定無しだと腕をクロスさせて斬るパターンが増えたりと、ある意味普通のゲームモードより難しいくらいで、このゲームモードに慣れていく必要があったりします。

スポンサーリンク

難易度選択は他にもミスし続けても曲が最後までプレイできるもの、迫ってくる壁無しなどが選べますが、これにチェックを入れるとスコアが下がっていきます。

ブロックの数が増えれば増えるだけ難しくなるのですが、やってみると少ないブロックでも混乱するパターンというのがあるんですよ。基本的なパターンは右に青いブロック、左に赤いブロックが飛んでくる。赤と青を交互に斬る。上から下に斬った後は下から上に斬る。この3パターンが多いので、そうではないパターンが来ると混乱するんですね。左に青いブロックが来るので右手で斬るとか、赤赤青赤みたいな順番になるとか、上上上下上というパターンになるとか。これが来ると途端に調子が狂うのは私の頭が硬いからだろうか・・・右手で四角、左手で三角を描き、それを逆回転させたり左右を入れ替えたり、というのが私はまったくできず、こういうのが得意な人はスイスイできてしまうのかも。

迫ってくる壁は曲によって多かったり少なかったり。平面で見てもどうってことありませんがVRで見ると「避けなきゃ!」という意識が高まる。ある意味この壁こそがVRでビートセイバーをやる価値を高めているのかも。壁が多いと足腰を使う動きが増えるのと、ブロックが見づらくなるので見えたらすぐ斬る反射神経が重要になってきます。そういえば上の画像は左に青、右に赤なので手をクロスして同時に斬るパターンですね。見えているのは2個でも少し慣れるまでミスりやすい。こんなのが連続して出てきたら混乱しますわ。

ビートセイバーの素晴らしい点は、剣を振る速度でスコアが変わるところです。少ない動きで軽く斬ってもミス扱いにはなりませんが、大きく素早く斬った方が高得点なのです。思いっきりプレイして高得点を狙え、ということ。公式ではブロックを斬ったスコアの算出は斬り込む角度で70点、斬り捨てる角度で30点、ブロックの中央かどうかで10点の計110点ですが、難易度イージーで1個1個のブロックを斬ったスコアを観察していると、素早く斬った方がスコアが高いんですよね。赤青を同時に上から下に斬った時、利き手である右手で斬った方は97点、左手は78点とかになるのはスイングの力だと思うのです。それから下から上に斬るのも力が入れづらくスコアが下がります。なのでハイスコアを狙うとオーバーアクション気味となり、それならノリノリでプレイした方が楽しいぜ!という気分になるのです。そうなると時間が経つのも早く、気づくと1時間くらいはすぐ経ってしまい、腕を振ることに関してはけっこうな運動量。肌寒い春の夜中でも体が温まるし夏は冷房を強めないと汗だくになりそう。エクササイズとして使っても楽しいと思います。昔流行ったダンスダンスレボリューションが足腰に効くゲームなら、ビートセイバーは上半身に効くゲーム。ということは、両方を合わせると最高のエクササイズゲームができるのかもw

嫁さんもビートセイバーは面白かったらしく、私がいない時にも遊んでいるみたいです。こういうのはゲーム好きでなくても楽しいもので、老人福祉施設に何台か設置して遊んでもらえばボケ防止、運動不足解消に良いのでは?とマジで思います。ブロックが複数連なって来る時は色と斬る方向を記憶し、次のブロックを見つつ覚えておいた順番に斬るなんてボケ防止に最高でしょ。壁よけのしゃがむ動作は腰をやってしまう可能性もあるので無理はいけませんがw

いやー、ビートセイバーはマジで面白いです。私もノリノリでプレイしているので腕が少し痛いw 剣を振る動きは腕を伸ばす筋肉、上腕三頭筋というのを使うのですが、ここが筋肉痛になる。引く時に使う筋肉が上腕二頭筋。エクササイズマシーンだと思って買うのもアリなので、PS4さえあれば嫁さんを説得する材料になるかもしれません。いや、PS4を含めても高価なエクササイズマシーンより安いかw

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す