ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

PSVRのトラッキングカメラ 最適な位置はゲームによって違う

calendar

相変わらずビートセイバーで遊んでおります。エキスパートはクリアできる気がしないのでハードでハイスコアを狙いつつプレイしているのですが、どうやら私は嫁さんより下手らしい。ミスも多いし1つのブロックを斬ったスコアも少し低いんですよ。特に下から上に斬る時は50〜60点が多いのが痛いです。上から下に斬れば普通に100点前後となるので、下から上はよっぽど斬り方が下手なのかコツがあるのか模索中。

それからビートセイバーをやるにあたり、トラッキングカメラ位置はどこが最適なのかもいろいろ試しています。調べてみるとPSVRのカメラ位置はやるゲームの内容によって変わるらしい。座った状態でプレイするゲームと立ってプレイするゲーム、頭の位置だけトラッキングできればいいのか、両手のモーションコントローラーもトラッキングする必要があるのか、その動く範囲は、といった条件で最適な位置が変わるのです。面倒ですが最高の状態でプレイするならこれらの条件でカメラ位置を移動する必要があるみたい。部屋さえそこそこの広さならテレビの上にカメラを設置し、カメラと自分の間に机が無く、2mくらいの距離が取れればだいたいどんなゲームもできそうではありますが、部屋のつくりや置いてある家具、動ける範囲などはプレイ環境によって違うので、みんな知恵を絞って位置や角度を考えるんでしょうね。

私はPCモニターでゲームをしていたので、最初PSVRのカメラはこのモニターの上に設置。しかしここは後ろの空間が狭いのでカメラからプレーヤーまでの距離が120cmくらいしか取れず、しゃがんで手を広げるとコントローラーの位置がトラッキングできないことがありました。画角的に苦しいのか、机が邪魔だったかのどちらかですね。

スポンサーリンク

PCモニターに使っているLG43UD79-B。写真には写っていませんが、この上にカメラを設置すると立った私の首くらいの高さ。

 

次に、モニター後ろのカーテンレール(高さ2mくらい)に見下すようにカメラを設置。これなら机が邪魔になることは無いし、カメラとの距離も2mくらいになります。テストでビートセイバーをプレイするといい感じだったのでこの場所に決まりか?と思ったのですが、翌日プレイするとモーションコントローラーを手に持っているのにVR空間では1mくらい後ろに落ちている、という状態になっていました。VRヘッドセットの位置は正しいんですけど、このコントローラーの位置ズレはPSメニューの設定からも、ゲーム内のオプションボタン長押しでも直らず諦めることに。

PCモニター周辺を諦め、落ち着いたのは本棚です。高さは目線くらいで、プレーヤーからの距離は2mくらい。邪魔になるものもなく、ビートセイバーをやるならここがベスト!なのですが、座ってプレイするゲームの場合は椅子を動かすのが面倒なのでモニター上にカメラを移動させることに。カメラ移動と設置にかかる時間は30秒だし、重い椅子を動かすよりPSVRのカメラを動かした方が楽でいいのです。私の部屋だとこれがベストっぽいですね。

PSVRのトラッキングは複眼カメラ1つなので設置も移動も楽な反面、カメラから近すぎると画角的に外れる、離れすぎるとトラッキング精度が落ちるという問題があるみたい。ヘッドセットにトラッキングカメラを複数内蔵させる機器もありますが、価格を上げすぎる訳にもいかないでしょうから、より高度なトラッキングを求めるユーザーの為にトラッキングカメラをもう1つ設置して斜め前方から2台体制でトラッキングするようなアップデートはできないものかなーと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す