ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

中古 ベスパLX125ieの見積もり ieと3Vとi-GETの違い

calendar

reload

中古 ベスパLX125ieの見積もり ieと3Vとi-GETの違い

ベスパのLX125ですが、買う方向で取り寄せてもらうことにしました。プリマベーラは東京で輸送費が12500円くらいでしたがLX125はもう少し近場にあったらしく約8500円なので安く済みます。あ、もう買う方向なのでお店のことも書きますが、買うのはレッドバロンです。レッドバロンってネットでの評価は賛否ありますが、店によるんだろうなーと思います。私の行くお店は店舗が古いので綺麗ではありませんが、スタッフの方は非常に親切丁寧。整備については詳しく分かりませんが、今まで6台買っておかしな事はなかったので良いお店だと思います。なので今回も迷わず最初にこの店に行きました。

では見積もりの話を。車体価格 178000円、諸費用33480円。どちらも税込です。それプラス自賠責保険2年分と盗難保険1年で11550円、オイルリザーブ15Lが6000円。すべての合計は229030円。諸費用の内訳は登録手数料6480円、納車整備7560円、他店からの運送費8640円、レッドバロンの補助ロックが10800円。補助ロックは買うかどうか悩み中です。登録手数料と納車点検が約14000円というのは安いですね。でもこれバッテリー代入れ忘れてないかな?w

車体は初年度登録が2012年のLX125ie。色はホワイトで走行距離は3800kmか3900kmだったと思います。二人乗りする時に後ろの人が足を乗せるあたり(右側)に15cmくらいの割れがあるとのことですが目立たないので気にしません。

オイルリザーブはあってもなくてもいいけど、あれば気軽に交換に行けるので私はアリだと思っています。払い戻しもありますし。

スポンサーリンク

実物を見て「やっぱ買わない」というのは無いと思います。今までもバンディット250やスーパーシェルパは実物を見ないで取り寄せで買っていますが、まったく不安や不満はありませんでした。中古のバイクの状態はこんなもん、というのが私の中にあって、ピカピカに綺麗な状態は期待していないんですね。あまり期待するとガッカリするのが嫌だから、というもの心の奥にあるのかもしれませし、それを望むなら新車を買うべきだと思っています。中古車の良いところは何と言っても安いことなので、少々ボロくてもいい。でもそういう気持ちでいると、取り寄せたバイクは想像より綺麗で満足できるものだった、というのが今までのパターンです。もし想像よりよりボロかったら、その時は自分で綺麗にしていく楽しみがあって良し。

そうそう、今回はベスパLX125を探してほしいと伝え、出てきた2012年の個体を買おうとしているのですが、LX125って色々あることを後で知りました。私が買おうとしているのはLX125ieというモデル。自分の為にまとめてみましたが、同じようにLX125を買おうかな?と考えた人が私のblogに辿り着くこともあるかと思うので表にして載せておきます。

ネットで調べたデータなので違っている部分もあるかもしれませんが、3Vは発売日はっきり書いてあったので間違いないと思われます。ieはキャブからインジェクションになった時に付いた名前っぽい。2006年前後はキャブ車も併売されていたかもしれませんね。そして2012年12月に3バルブ化した3Vとなり、その後I-GETで排気ガスがクリーンになった感じでしょうか。デザインは基本的によく似ていますが、目につくのはフロントシールド部分のダクトカバー。これがieは丸だけど3Vやi-GETは五角形っぽい形になっています。あとはウインカーの形が少し違う程度。i-GTEになると多少洗練された感もあるけど、あまり拘りが無いので安いのがイチバン!

そろそろ店に現車が届く頃なので見るのが楽しみですね。そしてどうカスタムしようか考えるのも楽しいです。ま、パーツは少ないしお金はかけたくないのでステッカー貼るくらいでしょうけど。スクーターはステッカーを貼る面積が大きいので、どんなステッカーをどんなバランスで貼るかがセンスの見せ所だと思う。今の所イタリアントリコロールのラインをサイドに入れようかと考えています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す