ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

NDロードスター購入記 その1 ネイビートップの見積もり ネットでも見積もりはできるが値引きはあるのか?

calendar

reload

NDロードスター購入記 その1 ネイビートップの見積もり ネットでも見積もりはできるが値引きはあるのか?

NDロードスター購入記の第一弾となります。前回は隣の市にしかロードスターの試乗車が無かったのでそこまで行って試乗したという試乗記事を書きましたが、見積もりも出してもらったので掲載させてもらいます。ディーラーに着いてけっこうすぐに「購入をお考えですか?」と聞かれたので、正直に自分は隣の市から来ており、ここまで何度も通うのが面倒なので買うなら地元で買うつもりです。親会社が同じ系列店ですから条件は同じですよね?と答えました。すると営業さんは「ああ・・・そうですね・・・」と少し残念そうな感じ。そりゃーそうですわね。でもここで軽く「地元の店舗と条件が変わるなら考えますよ」とここで買ってもいい匂いを出しておきます。まぁ世界中探しても珍しい小型のオープン2シーターという車を普通に買える価格で提供しているのですから値引きなんて期待できず、普通にいって5万~10万くらいかなと思うけど。

グレードはネイビートップ、ボディカラーはホワイトと決まっています。メーカーオプションのBOSEオーディオとブレンボキャリパーは不要、残すはディーラーオプションですね。ここは少し悩むところだけど必須はバックカメラとETCで、あとはなんとなく欲しいという程度ですがフロントバンパーに埋め込むデイライト、足元のイルミネーションを選択し、フロアマットどうしますか?と聞かれたので非純正マットで十分だと思いつつ入れておきます。納期は今(2022年4月下旬)の注文だと7月末~8月上旬とのことで、見積もりは今受注して最短の7月納車で作成してもらいました。納期は約3ヶ月らしい。月によって自動車税の金額も変わりますが、F54クラブマンの残クレ支払いが続いているので下取り価格の計算にも関わってきます。色々計算が面倒なのか1時間くらいかけて出てきた見積もり書がこちら。

まず目がいく支払い総額は3,533,779円、値引きは予想通りの5万円です。次に気になるクラブマンの下取り価格は黄緑で色を付けたマスで2,212,000円となっているのですが・・・先程書いたようにクラブマンは残クレ車。残価を引いた金額がロードスター購入時の足しになる訳で、その金額は青色の下取車使用済車充当合計という項目の163,940円らしい。車体価格2,235,000円-残価2,090,000円=145,000円。これにリサイクル料が帰ってくる18,940円をプラスして163,940円か。では中央マスの2,212,000円はなんなのか?とりあえず単純に手放すだけより約16万円の足しになるし、8月から12月までの月々の支払いである約15万円も払わなくていいのは大きいですね。

その後私と嫁さんはこの近くにあるラーメン屋で昼飯を食べるつもりでした。11時に来店し、試乗して見積もり作成を待って説明を受けていたら時間はすでに1時半です。ラーメン屋は2時までですから、すみませんけど一度持ち帰らせてもらいますと伝えると、店長が出てきてGWフェア(店はがっつり連休だが)でに決めてもらえればあと5万円は値引きします、と言っていました。それからドラレコ、ETC、SDカードナビ、ボディコーティングの4つの中から3つ付けると10万円サービスキャンペンがあるそうな。その場で軽く計算してみたところ、ETC、ナビ、ボディーコーティングの3つで15万円くらいになるので、これが5万円で付けられるのはオイシイですね。てか最初に言ってくれよと思ったらCX-5用サービスで、それをロードスターに適用させてくれるということらしい。

スポンサーリンク

翌日MINIの担当さんに電話し次の車はロードスターを考えていますと伝えると、MINIとして買い取ることもできるので、一度査定しますよと言ってくれたのでその日の空き時間にお店へ。この担当さん、丁寧さとカジュアルさをちょうどいいところでバランスさせる方で話していて非常に心地いいんですよ。車の話以外の雑談でいかにもビジネスライクに「休日は何をなさるのですか?」と聞かれるもの嫌ですけど、この人の場合は全然嫌じゃないし(そもそもアレコレ質問してこないけど)、友達みたいな感覚に陥ってくるんですよね。恐るべしw

そして15分くらいで査定してもらった結果は210万円でした。担当さん曰く、ウチより10万円以上高いのだからマツダさんとしてはかなり頑張ってくれた価格だと思います。マツダさんは輸入車からの乗り換えに力を入れているところがあるので、そういったところで良い査定になっているのもあると思います、とのこと。そしてMINIとして何も良いことがないのに自分の知り合いに個人で中古車販売をしている人がいるので、一度掛け合ってみますと連絡してくれ、名刺をもらいました。最後にまたMINIに乗りたくなった時やご友人で購入を考えている方がいらっしゃる時は是非、といって別れたけど、こういった言葉も自然に入ってくるし、私としてもこの人から買いたい、友達にも勧めたいと素直に思えちゃうんですよね。

もらった名刺の人にも電話してみます。流石にMINIの担当さんが勧めてくれるだけあって話し方のやわらかい方で一安心。MINIの担当さんから非常に綺麗で丁寧に乗られていると伺っております。車体に225万円は出せますと、車を見ることなく言ってくれました。それから自動車税の話も少し。4月いっぱい車を保有していると自動車税を支払う必要があるけど、4月中に手放せば通知が来ても無視していいし、買い取った店の手続きも楽らしい。で、5月に入ると自動車税は一旦支払うことになるけど月割で上乗せしてお返しします、とのこと。そっかー、自動車税のこと忘れてたなぁ。損得勘定だけならすぐに手放せば自動車税は払わなくて良いし、月々の支払いもストップする、車も高く売れると良いことづくめになるのですが、クラブマンには愛着もあるしこんなすぐにお別れするのは名残惜しいので、少し考えてからまた連絡しますと伝え電話を切りました。

ここまでが第一段階のお話です。第二段階はもう少しディーラーオプションについて考えてみる、MINIの営業さんに紹介された方のお店に実際に行ってみて査定してもらう、地元のマツダで見積もりをもらう、といったところでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す