ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ベスパLX125 燃費報告2回目

calendar

ベスパLX125(2012年型)の燃費報告2回目です。今回はエンプティーランプが点くまで走り、その後すぐに給油しました。ベスパの燃料計は適当なのか、走っていて「けっこう減ったなー」などと思いつつ帰宅してガレージに入れると1目盛くらい増えるんですよね。坂道を走っている時に燃料計を見たり、我が家のガレージに傾斜がある訳ではありません。エンプティーランプも残り燃料が一定値を切ったら点きっぱなしになるのではなく、接触不良の豆電球みたいにチカチカ不規則に点滅し、ガソリンスタンドに着いた時には消えているし、なかなか癖があって面白いのです。

さて3回目の給油ということで、今回の目標は「絶対に吹きこぼさないこと」。1回目は勢いよく吹き出し、2回目はチョロチョロ給油だったのにオートストップがかからず給油機を見ている間に溢れていたという経験をしましたからね。3回目はメチャクチャ慎重にやってやる。

 

(初給油の様子)

まず3Lまではトリガー半分くらいで給油し、そこから超スローペースで給油していきます。ノズルをつっこむと中がまったく見えないので、ノズルを斜めにして給油口ギリギリの位置で給油していく。すると、トリガーの微妙な引き具合でキレイにチョロチョロ出る時と、捻れたように燃料が出る時があることを知りました。この捻れたように出るパターンの方が少し給油ペースが早いのですが、勢いよく出るのでそのせいでガソリンが跳ねるんですよ。さらにトリガーを引けばジャーっと捻れず出そうだけど、溢れるのが怖くてできないので超スローペースで給油を続けていると・・・今度はポンプの音が止まり給油できなくなりました。

給油機の画面を見ると・・・4分経過したので給油を終了しますというメッセージが出ており、レシートが出てきました。え?セルフのスタンドって給油に制限時間があるの?初めて知った。そりゃ4分以上給油したことなんてないけどさ・・・

気を取直して再度給油をスタートさせ、少し入れては中を覗くという作業を繰り返します。水面は徐々に上がってきますがやはり加減が分からず、超低速給油が続き、最後は泡が給油口から溢れそうになったのですかさずトリガーを戻す!その結果がこちら。

スポンサーリンク

超ギリギリだぜ!ゆーっくり給油してたから止められたけど、そうでなければ今回も溢れていたでしょう。

で、燃費ですがトリップメーターの無い私の旧型LX125はオドメーターから逆算するしかないんですね。なので毎回写真を撮るのです。前回のオドメーターは4132.5kmで、今回は4329.7km。走行距離は197.2km。

給油量は3.75Lと1.98L合わせて5.73L。よって燃費は34.4km/Lでした。うむ、やはり30は楽に超えてくるみたい。ハイオクなので燃料代は高いけど、それでも1kmあたりのランニングコストは197.2km走って848円なので4.3円と安いのです。

上は前回の給油前のメーター。この時はエンプティーランプは点いておらず、給油量は5.26L(0.2Lくらい溢れたっぽいけど)でした。今後は針がEを切ったらエンプティーが点き、そこから給油すると5.5L以上入ることが分かったので、たいたい同じタイミングで給油していこう。まず4Lまではトリガー半分くらいで給油し、5Lまでペースを落とし、その後はチョロチョロ給油でフィニッシュするとこぼさず早く給油できそうな気がします。燃費を計らないなら毎回5L給油でやめればいいだけなんだけど、なんとなく燃費は気になるので今後もしっかり満タンにして燃費計測していこうと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す