ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

勝手に200万円以下で面白い中古輸入車を選んでみた

calendar

carviewの横に外部リンクと思われる「パパ・ママ友にドヤれる200万以下の外車4選 4月編」というのが出てきた。○○な車5選とかよく出てくるけどクダラナイセレクトなんだろうなーと思いつつクリックしてみると、そこに出てきたのはBMW 3シリーズセダン(F30型)、VW パサート ヴァリアント、シトロエン グランドC4ピカソ、アルファロメオ ジュリエッタでした。無難な2台と変な車2台というセレクトで悪くない。特にカーマニアにとってアルファロメオを入れてくるあたり好感が持てる。そしてカーマニアには無縁の乗り物であるミニバンもC4ピカソになると変態的なデザインに脳が侵されアリなんじゃね?と思えてくる。なかなか良いセレクトだと思うけど、この4台ではヌルい。「ドヤれる」かと聞かれれば普通すぎるだろう。そこで私が200万円以下でドヤれる外車5選をやってみることにしました。選考基準は普通の人が見て高級車っぽいこと、豊かなライフスタイルを想像できそうなことを軸に、下品でない車をチョイスしました。元は高価でも200万円以下まで下がっている車って早い話が古い車なので、それがバレづらい車を選んだつもりです。元サイトについてはリンクを貼っておくので興味のある方は頭にhを入れて御覧ください。ttps://autoc-one.jp/bmw/3_series/special-5007164/

それではまず5位

ポルシェ 初代カイエン。この車についてはポルシェであることがほぼすべてです。正直私の好みとしてはカイエンはいつの世代もカッコイイとは思えないけど、とりあえず誰が見ても大きなポルシェのSUVで高そうなのでここに入れました。ポルシェの中古車って値下がりしづらい傾向にありますが、カイエンはそれなりに下がるんですよね。スポーツカー系は普遍的な魅力があり需要もあるけどSUVは新しくてナンボということか。ちょっと車に詳しい人間にはその価値がバレる恐れもあるけど、あまり詳しくない人は強烈に高級車に見えるはず。そこそこ台数があるのでフルエアロのゴツイのを選ぶかノーマルで普通に乗るか選べるのはメリットですが、下品なフルエアロよりはノーマルが良いと思う。あと故障した時の修理費がそれなりに高そうなので怖い。そのあたりを含めての5位としました。

続いて4位

BMW 5シリーズ ツーリング(F11)。先代5シリーズ。マニアにとっては無難な車ですが、誰が見ても3シリーズより大きくて高い車という認識もあるし、ワゴンなので荷物も積みやすくアクティブな雰囲気が漂います。ポイントは現行のG31型と見分けがつきづらいこと。F11の中でも前期型と後期型の違いがほぼ分からないこと。この2点から9年落ちで新車価格の1/4まで値下がっているのに古臭く見えづらい。そしてタマが豊富で低走行な車がまだまだあるので選びたい放題。以前私の父がE90型3シリーズに10年乗っていましたが故障はインジェクターが1回のみ(部品交換で25000円くらいだった)ということで耐久性もまずまずだと思われ、楽しく充実したカーライフが送れそう。スバラシイ。

第3位。

ジャガー XF。スポーツセダンといえばジャガー。シャキっとした服装でカッコイイ眼鏡でもかけて「ドイツ車はもう乗ったことあるからジャガーにしてみた」的なオーラを出せば完璧ですが、こ汚い服装で乗るとただの変な人になってしまうので注意。この先代XF、前期型は顔がイマイチでしたが後期型になって非常にカッコよくなりましたね。リアフェンダーの膨らみも美しくセクシー。私の見た個体は2015年式の走行距離1.5万kmで価格は199万円(車体のみ)。コミコミにすると230万円くらいかと思うけど、こんなに状態の良さそうな車が199万円ですよ。新車価格は686万円(意外に安い)なので1/3以下で嬉しいけど、売った人は5年で500万円以上値下がったことになり泣いたでしょうね・・・

第2位はこちら。

スポンサーリンク

キャデラック SRXクロスオーバー。アメリカの高級車の代名詞、キャデラック。旧型エスカレードも200万円以下でゴロゴロあるけどゴツすぎて変な人かヤンキーが乗る車に見えてしまいます。その点SRXクロスオーバーはもう少し上品でなんとなくセンスの良さを感じる車。こちらもジャガーと同じく「ドイツ車は乗ったことあるから・・・」という雰囲気を出せれば完璧です。難点は台数が少ない点か。

リンカーン MKXというライバル車もカッコイイですよ。さらに台数が少ないけど、見たこと無い人が多いので新しいのか古いのか判断できず現行の高級車に見られるかも。

そして映えある第1位は

メルセデス・ベンツ SLK。豊かなカーライフの象徴であるオープン2シーターと高級車の王道であるベンツを同時に200万円で手に入れられる。現行型はSLCという名前に変わっていますが、そんなことマニアしか分かりませんし見た目的に全然古臭くない。タマもそれなりに豊富というすべての要素を満たした文句のつけようがない車。実はMT仕様が短期間販売されており、カーマニアとしてはこのMTをオススメしたいところですが中古車検索サイトのMTで絞ると3台しかヒットせず、価格も228~358万円とオーバーでした。しかしSLKがこんな値段で買えるとは、日本は中古車天国ですわ。

番外編として200万円以下では買えないけど究極にドヤれる車を1台紹介しましょう。

ベントレー コンチネンタルGT。300万円以下でギリギリ狙え、ドヤれる度合いMAXだし煽られることもないでしょう。難点は分かりきっていることですが故障が怖いことと自動車税が9万円くらいかかること。壊れたら購入価格の半分くらい簡単に飛んでいきそうですが、そういうリスクを背負ってでも乗ってみたい魅力はあって、「壊れなければ儲けもの」と1、2年限定で所有してみるのもアリかも?

そんな感じで好き勝手に5台+1選んでみました。だいたいどんな車でも古くなれば安くなるので、他にも面白い車は沢山あると思います。ドヤれるという条件でゴツい車を選んできましたが、その条件無しで私が欲しい!と思ったのはルノー メガーヌ スポールでした。2013~2015年式、走行距離3万km前後の個体が150~250万円でそこそこあり、低価格で走る楽しさを満喫できそう。うーん、けっこうマジで欲しいなw

この記事をシェアする

コメント

  • これは面白いですね。

    200万円以下でこれだったらどれも欲しいです。
    どの車を選んでも200万円くらいの車には見えないですね。
    ジャガーが特に魅力的に思えます。

    私も以前E85型のBMW Z4を2009年に1年半落ちで約半額で購入し
    8年ほど乗っていました。
    最後は電装系がいろいろ壊れてしまいましたが下取りは90万円ほどで
    引き取ってもらえたのでなかなかお得だったと思います。

    あの時はリーマンショックの後だったのでそれなりの金額の車が結構お値ごろで買えました。
    今回のコロナも同じようなことが起こるかもしれませんね。

    by えるも 2020年5月18日 6:41 PM

    • この記事が楽しんでもらえたなら嬉しいです。

      Z4が1年半落ちで約半額ですか!それはお買い得ですね!
      個人的意見ですがオープン2シーターは車好きとしては経験しておかなければならないモノだと思っており、
      しかも8年乗って90万で売れたのなら最高の買い物だったのではないでしょうか。私ももう1回くらいオープン2シーター所有したいなぁ。
      新車ディーラーの営業さんのTwitterで中古車のオークション相場が下がっているというのを見たので、
      コロナのせいで中古車相場が下がるというのは十分有り得ますね。収入が減る人も多いので素直に喜ぶことはできませんが・・・

      by mumu 2020年5月22日 8:43 AM

down コメントを残す