ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

Half-Life Alyx プレイ日記4回目 20時間でクリア ボリューム十分で満足感アリ

calendar

reload

Half-Life Alyx プレイ日記4回目 20時間でクリア ボリューム十分で満足感アリ

VR先輩のM君にギフトでいただいたHalf-Life Alyx。無事にクリアとなりました。Steamライブラリで確認するとプレイ時間はちょうど20時間。合成樹脂や弾薬を探す+作り込まれた世界を堪能したいということで隅々まで探し回ったし、謎解きに時間がかかった部分もあるので時間がかかったかなという印象ですが、初回プレイはこれくらいの時間の人が多いみたい。グラフィックが良い上にマップの作り込みも素晴らしいので探索が楽しいと感じる人が多いのかもしれません。今回はクリアまでの日記なのでネタバレになる部分もあるかと思います。

鉄骨の作り込みが細かいです。Alyxって人間が作ったモノ、別次元の生命体であるコンバインが作った黒い鉄の建物&メカ、地球外生物&植物が繁殖したエリアなどジャンルの違う建造物やオブジェクトが入り混じっていますが、どれもよくデザインされているし作り込まれているので見ていて飽きないんですよね。

ここまでVR酔いはなかったのに、倒壊しかけのアパート内で地面が斜めになっている場面は少しフラフラしました。平衡感覚が狂うのです。

3本足の大型メカを固定砲台で倒す場面。奥に見えているのがヴォルトと呼ばれるコンバインの施設で、どうやらゴードン・フリーマン(Half-Life1の主人公)が捉えられているので助け出す、というのがこの時の目的でした。緑色の光の中に入ると吸い上げられて施設内へ入ることができます。

光の中に入ると所持していた武器はすべて消え、なぜかアパートの中へ。空間がねじ曲がっている感じ?死体が浮かぶ無重力空間みたいですが、アリックスには重力が働いていて地面を歩けるみたい。壁や天井が地面となり机や椅子が配置されている場所もちょっと気持ち悪かったけど、地面が斜めになった倒壊アパートよりはマシでした。

スポンサーリンク

進んでいくと周囲が真っ白になりコンバインの施設内部っぽい場所へ。銃無しでの戦闘となり、壁のスピーカーみたいなのにチャージされたエネルギーをグラビティグローブで掴んで手のひらに乗せ、ドラゴンボールの気功弾みたいに押し出して放つのですが・・・これが全然思った方向に飛ばず苦戦w グレネードも配置されているので、私はグレネードで戦っていました。スクショではコンバイン兵の死体が浮かんでいますが生きているうちは地面を歩いており、どうやら生物は普通に歩けるらしい。グレネードは無機物だからか投げると無重力状態で一直線にフワフワ飛んでいきました。

厄介な戦闘を終え、ついに中心部へ。

多面体オブジェクトの中に人影が見えます。これがゴードンが捉えられている牢獄?

ガラスを壊すと、中には紺色のスーツを着たおっさんが。Half-Lifeシリーズに登場する謎の人物でG-MENと呼ばれるそうな。シリーズ未プレイの私にはまったく分かりませんが、コンバインとも違う別次元のナニカみたいな感じ。ここからG-MENがAlyxの精神に語りかけてくるようなシーンとなり、最後にアリックスの父イーライが私(ゴードン)にバールを渡すシーンが流れます。これがHalf-Life2のスタート地点でしょうか。そしてスタッフロールが流れお終い。

一応シリーズのおおまかなストーリーはネットで調べてプレイしたものの、G-MENとの会話は意味が分かりませんでした。でもまぁ面白かったからいいやw

VRのゲームってBeat Saberならブロックを切るゲームだし、ガンシューティング系なら敵を撃つゲームというふうに何か1つのことをやるゲームが多い中、Alyxはストーリーを追いながら探索、謎解き、戦闘という様々な要素が詰め込まれたゲームで、しかもそれを極上のグラフィックで体験できるとんでもないゲームでした。VRゲームってゲームやってる人の中でも一部の人しかやらないジャンルであり、ユーザー数が少ないのですから当然売上は期待できません。そんな中でグラフィック、操作性などを完璧に近いレベルまで作り込んだVALVEには感服です。VRゲームを新たなステージに上げたゲーム、それがHalf-Life Alyx。酔いやホラー耐性などでプレイできるか不安な人もいると思いますが、Steamなら2時間以内は返金してくれるのでお試しプレイは可能であり、とりあえずプレイできる環境の人ならすべての人にプレイしてほしいと思える傑作でした。だからM君も私にギフトでくれたんですね。PS版が出るかも?なんて噂もあり、できるのなら発売してより多くの人にプレイしてほしいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す