ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

スバル XV エクステリア&インテリア レビュー

calendar

reload

スバル XV エクステリア&インテリア レビュー

試乗レポートに続き、今回は外観を内装を画像で見ていきましょう。

グレードは2.0i-S EyeSightという最上級モデルです。ボディーカラーはダークグレーメタリック。

LEDアクセサリー ライナー(35640円)が付いています。フォグランプ付近のシルバーの装飾と、その下部にデイライトが付き、室内からON、OFFできるというもの、

グレードによるデザインの違いは少なく、2.0i-Sはサイドウインドウ下にシルバーのモールが付きます。うーん・・・下だけなら黒いままの方がいいと思うのは私だけでしょうか?ホイールが2.0i-Sのみ18インチで、他グレードは17インチ。デザインも共通で切削光輝タイプなのですが、17インチのデザインの方が私は好きなんですよね。まぁこの辺は好みの問題です。細かい部分ではミラーにウインカーが内蔵されるのは2リッターモデルのみ。

アクセサリーでサイドアンダーパネル(57780円)とリヤバンパーパネル(43740円)というシルバーのプロテクターが付いていました。後で気づきましたがドアに中央に走るモールもアクセサリーのボディサイドモールディング(22680円)でした。これは上手く車のデザインにハマっています。他車からのドアパンチに対する保護能力は・・・微妙というか、運ですけど。ルーフレールは全グレード54000円のオプションで、装着するとアンテナがシャークフィンタイプになります。

面積の大きいダッシュボードの質感が高く、CH-Rやヴェゼルを超えていると思います。ステアリングのレザーが最近多いサラサラのレザーではなく、シボの深いレザーで、これはこれでいい雰囲気だなーと思いました。ナビはオプションで、これはパナソニックの8インチタイプ。ナビ上の小型モニターと連動し、ナビ情報やAV情報が表示できるそうで、これは欲しい装備ですね。お値段は234360円。

スポンサーリンク

2Lモデルの内装でとっても目立つオレンジのステッチは本物で、これにより室内の雰囲気が一気に華やかになります。1.6Lはブラックレザーセレクションを装備するとレザーシートといっしょにオレンジステッチとなりますが、約32万円アップということで高いオプションとなってしまいます。ブラックレザーセレクションにはステアリング連動LEDヘッドライトやパワーシートなども含まれるので、決して高すぎることはないとは思いますが。

ドアの内張りも手抜きは感じず大したものです。ダークシルバーの装飾パネルが硬質でカッコイイです。

後部座席は広さとしては十分。エアコン吹き出し口は流石にこのクラスだと無いみたい。

サラっと全体を見てきましたが、一番目立つダッシュボードの質感が高く、さらにドアの内張りにも手抜き無し。全体的に質の高いインテリアです。エクステリアでは約17万円分オプションが付いており、非装着車とイメージが違うので比べてみてください。

さて自分で買うとなると、まず排気量は2Lモデルを選びます。パワーは上がるし燃費はあまり変わらない。自動車税も1.6Lと同じだし、装備も1.6Lモデルより豪華になり、オレンジステッチが付いてきますからね。次にLにするかSにするかですが、これはちょっと迷います。価格差194400円ということで差は少なく、ステアリング連動LEDヘッドライトがSなら標準、Lならクリアビューパックとセットで86400円。あとはホイールとシートの一部が合皮になるかどうかですが、シートはどっちでもいいです。しかしホイールが17インチのデザインの方が好きなので、LにLEDヘッドランプを付け、パナソニックのナビを付けるのがベストと見ました。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す